ここから本文です

今日突然、巣作り中のツバメが死んでました。

por********さん

2013/4/1810:14:20

今日突然、巣作り中のツバメが死んでました。

毎年我が家にはツバメがやってきて、子育てしてます。

毎年巣はそのまま残してあり
今年も、3月末位にやってきて、先この一週間ぐらい田植えが始まったと同時ぐらいに
巣の補修をし出しました。
我が家も楽しみに毎日観察していたのですが....。

毎日、主人が私より30分ほど早く出勤し、それから私が出勤するのですが
主人が出勤した時は異常はなかったのに
私が出勤する時に、巣の真下で一羽亡くなってました。
ショックでショックで....まだちょっと暖かかったような気もしました。
こんな事ってあるのですか?突然死ぬなんて.....
特に怪我などもなかったように見えました。

今年はもうツバメの子育ては見られないのでしょうか....。
まだ卵は産んでいないと思うので.....
それとも新たなペアを見つけるのでしょうか....
それともこの巣には近寄らなくなりますか?
本当にショックでショックで....
残されたツバメが悲しげに見てるようにも見えました。

あと死んだツバメはどうすればよいでしょうか

補足死んだふりをする事あるのですねぇ...
一応、動かないかツンツンしてみたりはしたのですが、ピクリとも動かなかったので...残念です。
庭の片隅にあまり目立たないように置いて、お昼休みに様子を見に帰ったのですが、
やはりダメでした。が、別のツバメが2匹巣の中ではありませんが、
カラス防止に数本付けてある突っ張り棒にとまってました。
今朝は2匹以上巣の周りを飛んでます。新たな縄張り争いでしょうか?
ツバメが死ぬまでは、夜になると2匹仲良く寄り添っていたのに、
昨日はやはりいませんでした。昼間見かけた2匹も何だかよそよそしいというか...
仲が良さそうには見えません。ほんと一生懸命巣の補修をして仲良さげだったのに残念でなりません。
死んだツバメは関係機関に連絡した所、鳥インフルエンザに該当する鳥ではないと言われたので
自宅に埋葬しました。(-人-)安らかにお眠り下さいです。

閲覧数:
18,154
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2013/4/2508:57:54

せっかくのかわいらしいお客様がそんなことになってしまって
おつらいですね><

カラスよけしていてもとは・・

最近は田んぼや用水路が減ったせいで
巣造り時間が長引き ヒナの巣立ちが遅れ
結果カラスなどの天敵に襲われやすくなっているそうです。
もう少し慰めになるようなことがかけるといいのですが・・。

また質問者様の軒先で営んでくれるようお祈りします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bus********さん

編集あり2013/4/1923:30:14

かわいがっていたツバメが死んだとのことで、
ご心痛お察し申し上げます。
ツバメはかわいそうなことでした。


一応確認しますけど、死んでいたのは間違いないことでしょうか?
ときどき、透明な窓にぶつかって脳震盪を起こすツバメがいます。

また、ツバメは危険を感じると、死んだふりをすることもあります。
http://ameblo.jp/lovesachibaby/entry-10951633523.html

気絶しているところを捕獲→気づいたけど擬死
って可能性も 0 ではないわけですが・・・


本題です。

まだ産卵前ですよね?

残ったのがメスだったら、新しいオスとペアを作ると思います。
巣の場所(縄張り)はオスが決めますので、ご質問者様の巣を使うかどうかはオスしだいです。

残ったのがオスだったら、オスは同じ縄張りでメスを探すと思います。
もし見つからなければ今回はあきらめて、
二度目の繁殖期(二番子)にまたお嫁さんさがしをするでしょう。
その際同じ縄張りを使うかどうかは予測できません。


いずれにせよ、巣が放棄されてしまったとしても、
まだ他のペアがやってくる可能性も残っています。

毎年繁殖成功しているなら、
前の年からご質問者様の家の巣を狙っているオスはいると思いますよ。


もしも産卵開始後だと、

オスが残った場合、
オスだけで抱卵することはありませんので、
今回は残念な結果ということになります。

メスが残った場合、
片親で巣立ちするケースもあるようです。

産卵後で、抱卵しない期間が 1週間つづいたら、
残念ですが卵は破棄していいと思います。


死んだツバメの処理ですが、
このご時世なので、保健所なり自治体なりに
「ツバメが死んでいる」
と連絡して指示を仰いでください。

ツバメが鳥インフルに罹患する可能性は、
限りなく低いと思いますが、まあゼロでもないので。
心配は不要ですが、油断は大敵です。
直接触れた後には手洗いをしましょう。


■補足後

ツバメの事、残念ですね。
自分も一度だけ渡ってきたばかりと思われるツバメのむくろを見たことがあります。
持ってみて、あまりの軽さに驚きました。
成鳥の体重は 18g 十円玉 4 枚分の重さだそうです。
小型ハムスターが 40g ですから、その半分。
それで数千kmの彼方から渡ってくるんですよね。
多くは渡りの途中で命を落します。
御質問者様のツバメの死因は不明ですが、
生まれ故郷である日本で埋葬されたことは、
ある意味本望だったのではないでしょうか。

鳥インフル危険なき事の御確認と御報告ありがとうございます。
ツバメを恐れる必要が無いことが多くの人に周知されるといいなと思います。

御質問者様はカラス対策されているのですか、
やはりツバメに人気ありそうですね。
しばし賑やかになるかもしれませんね。

ツバメを見ていると嬉しいことばかりではありません。
でも、ツバメ達はどんな苦境でも、いつも前向きにひたむきに命の炎を燃やし続けます。
そんなツバメ達に教わることが多いです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる