ここから本文です

ネギの土寄せ

takamayusayayuu_0414さん

2013/4/2019:15:03

ネギの土寄せ

まだ先の話になりますが、現在育苗中の苗が大きくなり、植え替え(定植)たときの対処法について、ご質問があります

昨年まで、市民農園で6月下旬に30~40cmのネギを定植していました(70本くらい)
先生もベテランの方で、11月過ぎにとても良いネギが収穫できました
育て方はオーソドックスだったと思います(割愛させていただきます)

今年は一人で、同じように追肥・土寄せ・管理をしていこうと思いますが、実際に一人でやってみてわからないことが多々あります

市民農園では、収穫後のトウモロコシの木をネギの倒れ防止のため、ネギの根元においていきました
(また、サトイモの感想を防ぐため、株元にも敷き詰めました)

その効果は抜群で、程よい固定感と土中の空気率UPで、立派なネギが育ちました
冬の収穫後は、トウモロコシはカスカスになり土にかえってなじんでいました
このやり方は、ゴミを有効活用して野菜を上手に育てる、昔からの知恵でしょうか

さて、ご質問ですが・・・

今年はトウモロコシを植えていませんが、市民農園のやり方を応用できないかと考えています

①じゃがいもの木を収穫後根元に敷き詰める
②雑草をとったその都度根元に敷き詰める
③会社の駐車場に放置した枯葉を、根元に敷き詰める
④麦わらを購入して根元に敷き詰める
⑤何も敷き詰めないで、土寄せだけする

以上が私の考えた方法ですがいかがでしょうか?

また、これは本などにはあまり書いて無く、私の考えすぎでここまでする必要はなく、土寄せだけして追肥をすればいいのでしょうか?

農家のやり方なども参考に、私の畑でベストだと思われるアドバイスをいただければ幸いです。

特に、トウモロコシ、じゃがいも、雑草、枯葉、etc・・・身近にある物質、これらの物質を使った場合の効果の違いや注意点がありましたら教えていただきたいです

よろしくお願いします。

この質問は、plant_plan_bさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,099
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

plant_plan_bさん

リクエストマッチ

編集あり2013/4/2109:26:42

一度回答させていただいたのですが、
質問者さんの求める答えじゃないような気がするので修正させていただきます。

はじめに、土寄せは特に何かを混ぜ込まなくてもネギはちゃんと育ちます

次に農家のやり方ですが・・・
農家と一言に言っても色々な考え方があります。
良し悪しがあるでしょうが造り手の求めるものができるなら
どんな方法でもいいんじゃないかと私は思っています。

では、最初に土寄せのことを・・・
品質の面から土寄せを考えてみると
ネギの土寄せをする目的は
「軟白」・・・白いところを食べたいからでしたよね。
なので究極的には白くなれば何でもいいんです。

ただ、そこまで考える人もいないでしょうが、
やはり、やり方で軟白の質は変わってきます。

一度にたくさん土をかけるとネギはふわふわと柔らかくなります。
別の言い方をするとスカスカの軽いネギになります。
これは、埋められた部分が急激に伸びるため細胞の密度が低くなるからです。

逆に、少しづつにすると固くなります。この場合の固いとは「締まっている」感じで
大きさの割に思いずっしり感のあるネギになります。

生食で作るなら前者がいいのかもしれませんが
ネギらしい苦みのある味をしっかりと味わえるのは後者だと思いますし
特に太ネギや一本ネギの醍醐味は
煮たときに煮崩れせずにしっかり出汁を吸ったネギの甘さだと思うんです。
ちなみにネギの甘さは苦味成分が過熱によって変質して甘味成分になるので
私は後者の「ズッシリ感のあるネギ」を造りたいです。


くわえて、土寄せの仕方と土の量でネギの根の量が変わってきます。
急激に土寄せをした場合は根は少なくて太くなり
徐々に行った場合根は多くて細くなります。

そして、根と葉の葉脈の数は等しいので
根の数はスジの数と質に影響を与えます。
根が少なければ葉脈も少なくスジっぽいネギ
根が多ければ葉脈の多い柔らかいネギ

・・・逆では?と思われる方もいるでしょうが
筋にはネギの体を支える柱の様な機能もありますので
本数が少なければ、一本一本が太く固くなり体を支えるのでスジが固くなりますし
本数が多ければ、一本一本が細くしなやかに弾力で体を支えます。


作業面から土寄せ
軟白栽培をする上でのネギの課題は「在圃期間が長い」ことでしょう。
4か月~7か月くらいは畑にいるので、その間に四季が移り変わります。

排水対策が必要だったり、乾燥対策が必要だったり・・・

結果論的になりますが土寄せの作業は除草と中耕を同時にすることになるし
排水対策もしていることになります。

シート軟白栽培という方法が一時はやったように、
全くしなくても白くする方法ありますが生産者に定着しなかったということは
土寄せをした方が何か良かったのかもしれません。

あくまでも作る時期と求める品質でやり方は変わるのですが、
私は、重みがあって繊維の細かい弾力のあるネギを造りたいので
基本は一度の量は少なく(2cmくらい)回数を多く(10日に一回くらい合計10回くらい)やっています。

ただし、他の作業もそれに合わせて調整していますし、
効率を考えて専用機械も使っています。


次に、7月定植の場合ですが
土寄せの目的が「根の発育」に影響を受ける品質の向上であることを解っていただいたと思うのですが
乾燥する季節に土寄せをし根を痛めてしまっては本末転倒ですよね。
そのため基本的には7月、8月には土寄せの作業をしません。

一度か二度、植え溝を埋める程度に土をかくくらいです。
おそらくこの時にトウモロコシの残渣を一緒に入れたのかとおもうのですが
植物を混ぜ込むと
メリットは・・・質問者様の意見通り土に隙間ができるし空気や保水に役立ちます。
デメリットは・・・「白絹病」に代表されるカビが原因の病気が圃場に広がることがあります。
昔は藁を漉き込んだり敷いていたのですが、今ではしなくなってきてます。
米ぬかや籾を使う方法もありますが同様にカビの原因になる可能性があります。
市場出荷規模に栽培していると病気は大変危険なので、
そのようなリスクをとらないようにしています。

あと、雑草や落ち葉の植物片を入れると畝が崩れやすくなるんですよね。

また、ネギの後に不作なしといわれるように
収獲後ネギは土中に大量の根を残します。
漢方や薬膳ではこの根すら食べるそうです。
そんな根が残り土を肥沃にしてくれるところにさらに何かを漉き込むよりは
より一層根が増えるようにする方を私は選びます。

最後に
どうしても残渣を漉き込む場合は必ず干しましょう
・・・ガスによる生育不良を防げます。
そして地表面から10センチは埋めましょう
・・・カビの活動を抑えてくれます。

雑草を抜いて、いったん通路に置いて乾しておいてから中耕して土寄せすると
通路に対する草マルチ効果もあって面白いかもですね。

あらかじめ通路にマルチムギを育てておくとなおいいかもしれないです
私はマルチムギとヒマワリを使って夏越ネギとの混作を試そうと思っています。

一度回答させていただいたのですが、
質問者さんの求める答えじゃないような気がするので修正させていただきます。...

質問した人からのコメント

2013/4/21 13:07:15

降参 ご回答ありがとうございました。
①~⑤の短長所よくわかりました。
育て方による出来の違いもよくわかりました。
農家の考え方、やり方も理解できました。
軟白の質(柔と固)にこだわって育ててみたくなりました。
私もずっしり固いタイプを目指していますが、少量ですがためしに柔らかいタイプも育ててみようかと思います。
今回もわかりやすい説明、大感謝です。
ネギの知識が飛躍的にアップしました。

「ネギの植え替え」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/4/2100:27:07

畔シートを両脇に立てて、米のすりぬかを入れると良い長ネギが収穫できます。
終われば鋤き込んで良い堆肥になりますよ。もちろん土でも少量で済むことですし。

txr002_2さん

2013/4/2021:13:12

ネギの根元に入れるのは何がいいのか、と言うことですか。

基本的に何でもいいです。
私もそのときある残渣を入れることが多いですが入れる残渣の違いで生育に大きな違いが出ることはありません(全くでないわけではありませんが)。
イネ科の残渣は割と良好です。落ち葉は腐葉土の材料となるクヌギやナラ、ブナなどは調子がいいですね。すぐに腐って無くなるものほどいまいちな感じです。
雑草はイネ科で種があまり付いていないものをある程度乾燥させてから入れるといいようですが、花が咲いているものだと種が付いている可能性が有り、後で雑草がわんさか生えてくることもありますので注意が必要です。特に宿根草や地下茎を持つ雑草はかなりやっかいなことになります。また、生の生ゴミをそのままはよくありません。かえって病気の発生源になります。

今年はサツマイモのツルの残渣を多く使いましたが、割とよくできました。
ただ、一部成長の悪い部分がありましたが、何を入れたのか覚えてません(^^;

2013/4/2019:40:54

家庭菜園を初めて15年です。ネギは植え始めに藁を置いて土を少し掛けて、白いところが出て来る度に追肥して土寄せしています。
里芋は刈り取った雑草をマルチにし、畝の周りを掘って水が溜まるようにして時々水を10分ぐらい流しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。