ここから本文です

石膏ボードの上から漆喰を塗ろうとしているのですが、石膏ボードと石膏ボードの間...

osh********さん

2013/4/2220:39:48

石膏ボードの上から漆喰を塗ろうとしているのですが、石膏ボードと石膏ボードの間をメッシュテープで貼り、その上からパテを塗ろうとしています。そのパテを楽天等で購入しようとしているのです

が、商品名も含めオススメ教えて下さい。楽天にはこだわっていません。

閲覧数:
18,290
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xit********さん

2013/4/2816:12:01

左官では
パテ処理は必要ありません


パテの目的は
下地を平滑にする事ですが

塗料と違い
左官材は厚みがつけられますから

パテ埋めする理由はないのです


あまり凹凸があるときは
事前につけ送りをしますが

ボードのテーパーを埋める位なら


下塗りの時に一緒に埋めてしまいます


その部分だけ水引きが違いますから

多少色違いがあるかもしれませんが


上塗りで
全く分からなくなります


むしろパテで埋めると

その部分だけ剥がれる恐れがあります



メッシュについてですが

これもこの場合は必要ありません


真壁の土塗りでは

中塗りで貫に寒冷紗を伏せ込みますが


これは貫の部分は厚みが無いためです


またモルタル塗りでは

ひび割れの恐れがある部分にメッシュを入れますが


しっかり固定してある石膏ボードの継ぎ目は

ひび割れの原因にはなりません


もしひび割れが入るなら

メッシュを入れただけでは効果はありません


そもそも
メッシュを入れたなら

左官材が継ぎ目部分に入りにくくなります



このような理由から

石膏ボードに左官塗りをするときは

パテもメッシュも必要ないのです




PS

伝統的に室内の左官塗りは

御承知のように
竹小舞に荒壁を塗り

その上に中塗り土を塗り

色土や漆喰で仕上げる工法が行われてきました


東京オリンピックの頃からは
下地を簡略にするために

孔あきラスボードが
木下地の上に張られ

石膏プラスターで下塗りをしてから

漆喰とか繊維壁が塗られていました


その後は
室内壁はビニールクロスにとって変わられましたが

最近になって
多少は左官が見直されるようになると


まっ平らな石膏ボードの上に
石膏プラスターを下塗りしてから

各種の左官材が塗られるようになりました


石膏プラスターを下塗りするのは

下地を平らにするのと

目地の亀裂を防止するためです



DIYでは石膏ボードの上から下塗り無しで左官材を塗りますが


これはDIYでは表面に模様を付けるので

下地を平らにする必要がないのと


接着剤やひび割れ防止の為の
スサや砂が混入されているからです



さてパテというのは

あくまでも
クロスとか塗装で使うものであり


吉野石膏でもヤヨイ化学でも

左官用のパテは製造していません


日本中探しても

パテヘラを持っている左官屋はいないでしょう


ボードの継ぎ目というのは

壁の伸縮を吸収する為に設けられます


RC造の伸縮目地を埋める場合は
必ずシーリング材を使います


パテをしてメッシュなどしたら


間違いなくその部分は割れてしまいます



ウレタン防水でも
伸縮目地の部分はメッシュが被らないようにするのが常識です



また開口部の角のように
ひび割れを抑えたい箇所がある場合


寒冷紗は必ず下塗りと上塗りの間に
伏せ込まなくてはなりません


メッシュをボードに張り付けても

全く何の意味もありません



ですから
普通どこの左官屋も

パテもメッシュも使う事はありえないのです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pat********さん

編集あり2013/4/2922:35:57

石膏ボードのパテ処理は


仕上げが薄いクロスや塗装の場合

割れ防止よりも平滑に痕が浮いてこない意味が強くなりますし

仕上げが厚い場合

下地の目地割れによる仕上げの割れ脱落を防ぐ意味が強くなります


これは左官だから不要だというものではなく

下地がボードの場合
どんなに固定しているつもりでもボードは目地部分で動きますから

やらないと必ずといってよいほど割れます


仕上げが左官の場合は

目地を出来るだけ動かさないように固める意味と

目地には上下左右から動きやひずみが集中するので
均してその力を平均に逃してやるために使用します


ですからビス隠しなどの下地を平滑にするためのパテと

左官のパテでは
求められる性能に違いが有り

左官用のパテは

硬化しても引っ張りに強くやや弾力がある粘り強いパテが好ましいです

テープに関してはファイバー性のもので
目が3mmほどの粗めで
幅は塗装目地用でよく使われる50mmタイプより

幅のある100mmのタイプを使ったほうが目地部分の力の逃げが良く割れにくい

http://www.e-hake.com/pate/subpate02.html


また
使うパテは石膏ボード用であることと

漆喰がアルカリ性が強いので
それに適したパテが望ましいですが

http://greens.st.wakwak.ne.jp/home/shop.cgi?id=903272&cart_id=627&c...

漆喰がメーカー製の場合は推奨があるでしょう

メーカー製のボード向けの薄い改良漆喰ではない本当の漆喰を
石膏ボードに塗るのは

割れて落ちますのでおすすめできません

石膏ボードの固定用の間柱や胴縁は
必ず目地部分にはたても横も入れるのは


いうもでもありません

ですから

「左官では
パテ処理は必要ありません」

というのは


完全に間違った素人さんの回答なのです





PS

「左官では
パテ処理は必要ありません」

そう書いていて恥ずかしかったのか一度消して逃げ出した

xitiao7とかいう完全に間違った素人さんが

再たび指摘を受けるのが怖かったのか
こっそりと回答締め切りの期限切れ間際を狙って

かえってきたようです





石膏プラスターを下塗りするのは

下地を平らにするのと

目地の亀裂を防止するため以外に

漆喰のようにアルカリ性の強い左官材によっては

石膏ボードに直接塗るとボードの劣化を起こすことや

ボード原紙には

多くの左官材では密着性が悪く

DIYで使うような石膏ボードの上から下塗り無しで塗れる

クリーム状の極薄塗りで表面に模様を付けるようなものしか

塗れないからです


接着剤やひび割れ防止の為の
スサや砂が混入されているものでも

厚さがあるものや成分によっては

石膏プラスターやその他の適合した専用下地下塗りが必須です




さてパテというのは

あくまでも
クロスとか塗装で使うものとは限りませんが


吉野石膏でもヤヨイ化学でも

左官用のパテは製造していないのは

石膏ボードの上に左官をすることを推奨していないからです

この場合でも左官パテにパテ材ではない下塗り材の一部商品を流用するようあり

けして左官ではパテがいらないという意味ではないのです




日本中探せば

パテヘラを持っている左官屋はいるでしょうが

腕の良い左官屋仕事はそもそも石膏ボードの上に塗ったりしません



壁の伸縮を吸収する為に設けられることがあり伸縮目地といいます

伸縮目地は必要だからわざと取るのであって
下地の接合を伸縮目地とは

言わないのです

もし伸縮目地と考えるなら

ちゃんとすき間を取って石膏ボードを張り

下地塗りや表面の左官材にも
同じ位置で目地を入れないと考えがおかしいわけなのです





左官の下地は本当は継ぎ目の無い1枚の大きな下地であることが望ましいのですが

石膏ボードなどと言う
本来向かない細切れのボードを使うため

仕方が無く次善の策として



左官の下地に

石膏ボードを使うときには

クロス張りに使うときよりも
下地間柱や胴縁などを入れビスも多くし

留め付けを強くする必要があるのはそのためです


そして目地の部分には

出来るだけ動かないようにするため
たても横も間柱や胴縁を入れるのです



ここまでやっても

1枚のボードで無いと

目地は動くために

力がボードの中心よりも目地の周囲だけに集中し

割れることが多いので

弾力がある粘り強いパテを使い

幅広メッシュを入れるのが良いのは

目地が動いても

目地割れでその部分で一気に壊れることを防ぎ

弾力がある粘りや広い幅で力を分散してやることで

割れに至るまでの力が

一つのか所に集中しないようにするためです




表面が左官より薄く

柔らかく軽い

クロスや塗装の目地処理では

ここまでの考えが不要なので

パテの処理の主な役割が割れ防止よりも平滑に痕が浮いてこない意味が強いわけです





寒冷紗は必ず下塗りと上塗りの間に
伏せ込むのは
左官の仕上げ材の強化であって




ボードの処理のメッシュでボードに張り付けることと

全く何の関係もありません



ですから
普通どこの左官屋も

目地が多くでるボードの場合は

パテもメッシュも使う事は常識で



やらないのは完全に間違った素人さんか

完全に手抜きな悪人さんか



いづれかです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる