ここから本文です

ハイブリット車が国内だけでしか売れないのはなぜですか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2013/4/2622:25:18

ハイブリット車が国内だけでしか売れないのはなぜですか?

日本ではハイブリット車が人気で街の中では非常にたくさん見かけるようになりましたが、欧州、中国、インド、ブラジルなど車がたくさん売れる国ではハイブリット車よりもダウンサイジングエンジンが載った車両のほうが人気があり、ハイブリッド車はこれらの販売ペースには追いつけないのだそうです。なぜ海外では国内ほどハイブリット車は人気がないのでしょうか?

閲覧数:
4,522
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2013/4/2811:54:13

>ハイブリット車が国内だけでしか売れないのはなぜですか?

国内だけではなく北米でも売れています。

>欧州、中国、インド、ブラジルなど

欧州は、排ガス規制が緩いので現時点ではディーゼル乗用車がたくさん売れています。ただ、2014年にEURO6が施行されるとディーゼル車の排ガス対策コストが一気に上昇するので、一気に売れなくなると見られています。

中国、インド、ブラジルは、先進国とは所得水準が全く異なります。一人当たりの所得が最も高いブラジルでも日本のおよそ4分の1、中国だと8分の1、インドに至っては30分の1程度しかありません。日本よりも貧富の格差が大きいことを加味しても、大衆車レベルでハイブリッドのような高価な車両がたくさん売れるような状況ではありません。

ダウンサイジングというのは、エンジンを小排気量化し、不足するパワーを過給で補うというコンセプトです。既存の技術を組み合わせて従来のガソリン車とほぼ同じくらいの価格で作れますので、価格重視の新興国マーケット向けだと言えるでしょう。

ただ、ダウンサイジングエンジンが新興国マーケットで積極的に選択された結果「売れている」のかと言えば、少し実態とは異なるように思います。中国やブラジルに強いVWが、新型モデルのエンジンをダウンサイジングエンジンに切り替え、事実上それ以外の選択ができないという条件の下で「結果として台数が捌けた」というのが実態です。

日本でも、ゴルフの現行モデルのエンジンは全てダウンサイジング化され、そうでないエンジンを選ぶことはできません。中国でもそれは同じで、VWの主力モデルを選べば自動的にダウンサイジングエンジンを選ぶことになります。

日本におけるハイブリッド車の販売台数は、同じようなクラスの非ハイブリッド車をラインナップした上で、積極的にユーザーが選択した結果だと言えます。ガソリンが高価な日本では、多少割高な車両価格でも燃費が良ければペイできるので、多くのユーザーがそのような選択をしたと言うことです。
一方の新興国では、割高な車両価格を負担してまで燃費を節約することに経済的な意味を見いだせないということだと思います。ガソリンに対する課税や、物価水準が日本とは全く異なるのですから当然のことです。

問題は欧州です。緩い規制のお蔭でNOx垂れ流しのディーゼル乗用車のシェアが過半数を占めているマーケットですが、2014年の規制強化でどうなるか、です。
加えて、EUでは2015年にはCO2排出量規制も強化されますが、ダウンサイジングエンジンではお茶を濁す程度では到底対処できない厳しさです。ベンツやBMWが続々とトヨタのHV技術を導入しているのはそのためです。

質問した人からのコメント

2013/5/1 18:22:31

降参 詳しい解説でよく分かりました。ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wan********さん

2013/4/2722:51:07

そもそもハイブリッド車というのは日本だけの見方です。
トヨタがハイブリッド車という言い方で他社との差別化したのが、日本人の意識に根付かせてしまっただけです。
ハイブリッドシステムは、アイドリングストップや回生ブレーキ等と同じ、燃費を改善する施策です。
ガソリン車、ディーゼル車に対して、それらの施策(機能)を付けるかどうかはユーザーの判断です。
欧州車でもメーカーによって考え方が異なります。
BMWは、同じシリーズの最上位モデルに、エンジンの運動性能を向上させるものとして投入しています。(燃費向上もありますけど。)
Audiは、同じシリーズの中位モデルに、エンジンのダウンサイジングで低下する性能を向上させた上で燃費を改善しています。
購入者はその機能が必要かどうかで判断します。
日本は上位モデルに販売が集中しますが、欧州や北米では集中しません。
そのため、クリーンディーゼルを選ぶ人も居れば、ハイブリッド車を選ぶ人も居ますし、ダウンサイジングのガソリン車を選ぶ人も居ます。
ハイブリッド車が日本では燃費向上のみのもので、トヨタが販売量を増やすためにハイブリッド車を広めたのに過ぎません。

(banganbonさんへ)

2013/4/2713:17:19

ガソリンが安くてたくさんあるので外国ではハイブリッドカーはあまり売れません。

dac********さん

2013/4/2701:40:36

保守・維持 管理の技術力の無い所では売れません

技術力の無い国ではキャブレター仕様の車が求められ、電子制御の車(ECU)は敬遠され売れません

goi********さん

編集あり2013/4/2700:19:21

ハイブリッド(プリウス)はアメリカやヨーロッパでも売れてます。

ヨーロッパでは燃費の良さが評価され、タクシーなどでも多く使われています。
http://pika2.livedoor.biz/archives/4017820.html

ドイツの燃費評価では最高点を獲得しました。
http://clicccar.com/2012/08/19/192133/

しかし、やはり値段が高いのでインド、中国では厳しいのかもしれません。

bla********さん

2013/4/2623:06:08

私はMT派、ガソリン車派です。
車両価格、維持費、燃費、トータルでハイブリッド車は高く付くと思っています。
構造の複雑さ、電池は何年交換でしたか、幾ら掛かるのでしょうか。
燃費が良い、経済的だ、環境に優しい。
なんか原発のうたい文句に似てませんか、放射能はばらまかないけど・・・
メーカーや国策に乗せられている様な気がします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる