ここから本文です

宗教(世界真光文明教団)をやめたいと思うんですがどうすればいいのか悩んでます。 ...

アバター

ID非公開さん

2013/4/2810:19:50

宗教(世界真光文明教団)をやめたいと思うんですがどうすればいいのか悩んでます。
私は今、専門学生(20歳になります)で故郷の長野から出て東京で一人暮らしをしています。 東京に出てきた理由の1つに「真光から逃げたい」というのがありました。
うちの家族は父と母と私と弟の4人家族で全員組手です。
私と弟は前からずっと「やめたいね」って言ってます。
でも母が続けていて、ことあるごとに「神様を信じて」とか言ってくるので、正直嫌です。
私に何かちょっとした事があると「霊界お浄めをして」とか言ってきます。そんなことしてる時間がないというのに。
あと、実家に帰ると道場や月始祭などに連れてかれ、「就職は東京がいい」と話すと上の人に「東京は危ないから長野に帰ってきなさい、きっとお母さんもそれを望んでるから」「○○方面にいるのが大事だよ」と毎回毎回言われます。
私の人生なのになんで赤の他人に指図されないといけないの?と思います。
あと時間とお金がないのに「神様を優先して月始祭に来なさい」とか。
こっちの事情はお構い無し。
そんなこんなで私は神様を信じてないですし、うんざりしてるんです。
今すぐにでも御み霊捨てたいし…
…でも家族の関係が今以上に悪化するのが怖い(きっと母が悲しむだろうし)のと、上級まで取らせてもらっておいてやめるとかお金を稼いでくれた両親に申し訳ないし、なおかつ意志が弱いので「やめたい」とはっきり言えませんし…
本当にどうすれば悩んでます。
何かアドバイスをお願いします。

閲覧数:
11,575
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kag********さん

2013/5/113:03:01

世界真光文明教団は問題の多い宗教ですので、辞めたいという考えは立派な考えだと思います。
東京で一人暮らしをしていて、就職も東京でされたいそうですが、弟さんのことも考えてあげて、ぜひ東京に暮らすようにしてあげたほうが良いかと思います。いろいろとこころが定まらないようですが、弟さんのことをおもって、とりあえず東京に勤めることだけを実現するようにされたほうが良いかもしれません。離れていればそのほかの細かいことも徐々に解決してゆくのではないでしょうか。
真光被害者のことを知ってゆくにしたがって、心も定まってゆくと思います。いろいろ調べてみてはどうでしょうか。
真光被害者 - Yahoo!知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E7%9C%9F%E5%85%89%E...
真光被害者の会
http://jbbs.livedoor.jp/study/3760/#1

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2013/5/420:55:35

宗教は本来各自の自由ですから、それに成人になっているのですから、はっきりと自分の意見を言ってやめたらいいのではないでしょうか。
根気よく説得するしかないですね。

ただ、宗教=悪、と思うのは間違いのような気がします。

日本人くらいらしいですよ、ハッキリした宗教をもっていないのは。世界のどこへ行っても宗教があります。
アメリカの大統領も就任するときは聖書に手を置いて神に誓います。

日本には神道というすばらしい教えがあった。
それが、日本人のすばらしさになっていた。
それがいつの間にか宗教=悪になってしまいました。

いやだと思う信仰はしなくてもいいと思うけれど、心にしっかりとした信仰は持っていたほうがいいように思います。

oka********さん

2013/4/2814:49:16

私は崇教真光の元組み手です。

とっても苦しい時期ですね。


自分は盲信の域に達していたので、教えの矛盾・嘘に気がついた時には『死にたい』とまで思いました。

反旗を翻し教団に乗り込むことも考えましたが、心の中で『まがいなりにも信じることで救われている人がいる』と考えた時に、自分と同じ苦しみを与えることになると思い、悩みました。

『手かざし』よりも『正法実践』を表に出したことです。これにより『手かざしするなら、正法実践』という既成宗教と変わりなくなりました。
今は『組み手の善行は、全て恢弘のため』という「偽善」になのです。
自分は純粋に『人間らしく、普通に人に優しくありたい』と思っていました。


家族一同、盲信状態です。家族に悪いので、隣の県で仕事を見つけて引っ越し「信仰してるフリ」をしています。

貴方も根が優しいのでしょう。是非とも両親から離れた地に就職して教団から離れましょう。

hay********さん

編集あり2013/4/3014:14:15

私は世界真光文明教団に属する一般組み手です。宜しくお願い致します。

こちらでの回答は個人としての考え方を回答させて頂きます。

当教団は人を救って行って欲しいという神様の願いがあり、立教されたものです。

そして私たちは、神様の定め置かれた置き手(掟)、神理、法=宇宙の法則の中で生かされているわけです。神の法(のり)というレールから外れれば、列車が脱線してしまうと同じことがいえるわけです。

人が幸福になるためには、神を敬い、神の法則に則った生き方をすることが大切です。また、神様のみ意どおりに生きていくことも大切なこととなります。

その方法が真光の業であり、神理正法の教えとなります。

確かに当教団の組み手となられた場合、神中心とした生き方や考え方が重要であり、時間などにも拘束されるということもあります。当教団は利他愛実践宗教であり、実践しなければ奇跡やご守護を頂くなどといった現象が起きてこないものです。自己愛を捨て、利他愛に生きていくことが正しい生き方となるわけです。

御み霊は手をかざすためにあるものであり、単なるお守りのペンダントではないわけです。

真光の業の目的は、霊相浄化、霊層昇華し、神性化させていくことになるのです。

「救え、然らば救われん」の言葉どおりに人を救っていけば、自然に自分も救われていくということです。(人救いとは、魂の救いのことをいいます。)

東京は危ないからと言われたそうですが、何を以って危ないと言われるのか、首都圏直下型地震が起きてくるから、犯罪が多いからなどといった理由からなのでしょうか、その辺りの理由が良く分かりませんね。

み教えでは、魂霊に曇りや穢れを包み積み、魂霊が浄まっていなければ、何処に逃げて行っても自然災害などといったミソギハラヒを受けてしまう。だから常に自分の魂霊を浄化させておくことが最も重要なことといわれているわけです。

東京にも道場がありますから、毎月一回の【霊線保持御礼】だけを収めさせて頂くだけでも構わないわけです。

毎月、主座本部で執り行われる月始祭に参拝させて頂ければ一番良いのですが、生業などがあり、どうしても参拝が難しければ無理に参拝されなくとも心の中で簡単なお祈りなどをされても構わないわけです。自分の出来る範囲内でも良いわけです。東京などに在る各道場で執り行われる月並祭に参拝されるだけでも良いわけです。

み祭り参拝せて頂くことの意義は、神様との波長合わせをさせて頂くということです。そうすれば色々なご守護なども頂けるということになってくるわけです。

一度御み霊をお返しされ、一時組み手を止められても良いと思ってもいます。後年になってから、再び初級研修受講され、組み手となられた幹部の方や組み手さんが実際に居られます。

当教団は強い神向き信仰心が求められますから、ご神縁があれば再び、何らかの良いお仕組みが起きてくると思われます。両親としても、無理やりみ教えを子供に実行させるのではなく、優しく見守ってあげるということも大切なことだと思います。

み教えの基本は「三真の義」を行ずること、道場参拝、手かざし実践、み祭り参拝、ご奉仕をさせて頂くことが重要といわれています。そのみ教えをきっちり守って毎日道場参拝さることは良いことなのですが、家庭や家族を省みない、家事もしないということでは本末転倒ということになるわけです。神様の神意とは外れた行為となってくるわけです。このことを「真光馬鹿になるな」という言い方もされます。

困ったときの神頼み、ご利益信仰という信仰姿勢の人には合わないでしょう。

神様は本当に神を信じる人だけを求めておられるわけです。

家族全員が主神に対して神向き信仰していき、愛和の家庭を築き上げていく。全人類が皆仲良く利他愛で一体化していき、天地創造の大元となられた最高神である主神の方を向いた神向き神向(しんこう)をしていくことを神様は望まれておられるわけです。

そして先祖供養を行っていくのは子孫ですから、組み手である子孫の方が正しい先祖供養を行っていくことが望まれるわけです。これはその家の長男としての務めとなります。(質問者様は女性の方かもしれませんね)

子孫が御み霊昇格すれば、ご先祖様の霊層界も同時に上がる。その逆もあるわけです。

『神・幽・現の三大霊界即大千三千世界は、観念界哲学界のものに非ずして、実在界即実相界にして相交流連動し、万生と生命界や空気界が相連動しあると相似なり。深遠・無辺・遍満・無量の主の神の大源霊、光の息吹の界なり。』

神様からは絶対に離れない、物やお金中心といった物主から、目には見えない霊主な生き方をしていくことが重要となってくるわけです。人向きではなく、神向き信仰していくのが当教団の教えです。

後は自分で最も良い方法だということを考えられ、悔いのない、明るい人生を歩んで行って貰いたいと思っております。

d48********さん

2013/4/2812:48:35

一旦距離をとって、手紙で気持ちを送ってみてはいかがでしょうか。手紙は相手に物事を冷静に考えなおさせるのに効果があると思います。何故なら、日本の有名な歴史的な人物達もまた手紙の効果によって歴史を動かしてきました。メールよりも良いと思います。あなたの気持ちと、その教団に対する不審点を書くといいのではないでしょうか。
・岡田光玉氏は「釈尊は主神から遣わされた」と主張していますが、釈尊が説いた八万法蔵といわれる多くの経典をみても、そのようなことは一切述べられていません。むしろ仏教では神は仏・菩薩が、衆生済度のためのかりの姿をとって現れる(垂迹)と説かれています。このように何ら根拠のない岡田光玉氏の教えを拠り所とする教団は、荒唐無稽であります。
・岡田光玉氏は、主神の教えを説く聖人の出現を日蓮大聖人が「直弟子たちに伝えた極秘文書『三澤鈔(さんたくしょう)』の中で述べている」と主張しています。これは「三沢抄(みさわしょう)の文」(御書一二〇四頁)を岡田光玉氏が自分に都合の良いように間違った自己解釈したことによる主張であり、日蓮大聖人は岡田光玉氏の出現など予言されていません。
・教団では、現実世界の背後に先祖霊や怨霊・動物霊などの霊の世界があるという霊魂説を主張し、人間のあらゆる不幸現象は、八〇%が霊障によるとしています。しかし、仏教では死後の生命は法界にあって前世の因果を感じながら、縁によりまた生じると説き、因果を無視した霊界や霊魂の存在を否定しております。岡田光玉氏の教えは明らかに仏教の因果を無視した外道義です。
・憑依霊による障りがあるというのであれば、人生の禍福も全て霊に支配され、現実世界の努力など無意味なものになってしまいます。人生の幸不幸が霊によって決められてしまうという考え方は、因果の法則をまったく無視したものです。むしろ「霊に憑かれている」という心理は一種の強迫観念を人間に与え、客観的な判断力を失わせて精神にぬぐい去り難い傷まで与えかねません。
以上のような疑問点や矛盾点を手紙に書き添えられてみてはいかがでしょうか。これらの、疑問や矛盾を仏教の経文のうえから、きちんと反証を示せなければいけません。例えば国の法律の問題点には六法全書と、それを深く理解した弁護士などの専門家の知識が必要なのと同じで、経文には経文に深く精通した御僧侶等の専門家による知識によって証明できなければいけないということです。もしもあなたが、もっと詳しく知りたいと思われたら近くの日蓮正宗寺院に教えてもらうと良いと思います。安心して相談できる寺院ですし、相談したからと言ってお金はかかりませんし、無理に入信させたり迫られることもありません。それから、本当に人を救うことのできる宗教とは、あなたの人生を阻害するものではなく、あなたが進みたいと思う人生を後押しする生命力を得られるということです。生きていれば、思うようにならないことが沢山あり、苦悩しますが、それに負けない強さを身につけることができるのです。どうか、ご家族の目を覚ましてあげられてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる