ここから本文です

日蓮正宗正統 血脈追記等の件

アバター

ID非公開さん

2013/4/2920:37:52

日蓮正宗正統 血脈追記等の件

「…今、宗門においても仏法の師であられる御法主上人猊下に師敵対する僧俗が出たことは、まことに悲じむベきことである。これは恐ろしき謗法であり、真の日蓮大聖人の仏法を信解していない証左なのである。血脈付法の御法主上人を離れて、正宗の仏法はありえないのである。」

上記は師匠先生のかつての御発言であります まさに「僧職日顕氏血脈」を完全認知されていますね・・その経緯は・・

「正信会は、日顕上人が日達上人から血脈相承されていないとして、唯授一人の血脈相承の断絶を主張している。この主張をいい始めたのは、日顕上人が登座されてより実に一年半を経過した後のことであり、それまで積極的に肯定していた血脈の大事を、なぜ、一年半もたってから否定してきたのか。その理由は明白である。それは彼らの擯斥処分を無効とするための窮余の一策として、日顕上人への血脈を否定することが最も効果的であると考えたからである。」

上記正信会派との軋轢にて創価学会側を大きく擁護された僧職日顕氏を絶賛されたと拝されます 然し上記同様行為を然も創価学会側は「何十年・・」も経過してからであります 規模こそ相違あれ全く「同様穴の狢」であるとしか思えませんが・・ちなみに「血脈伝承」自体は日蓮聖人が滅後永世のために「最大効果」との御考えから設定されておられると思います 従ってその相伝自体が僅か700年、末法万年から比べればほんの僅か・・それにとやかく「どうの・・こうの・・」との疑義自体が日蓮聖人を信じ切っていないと思われますが・・前代戸田氏はそれを信頼されての「大確信・布教」であられたと思いますが諸賢、諸兄の御意見宜しく方々

補足「日顕は「相承を受けた、受けた」と自分で言っているだけで証明するものはなにもない。」であれば上記師匠先生の絶賛発言は虚偽でありそれよりも数十年以後即ち「破門」当時に「急激に降って涌いた難癖」と言うのが全く不自然であるのは小学生でも理解可能であります そのあいだの末端信者のかたは「創価学会側」に「翻弄・欺瞞」されていたのでありましょうか?・・これは別件「本尊空白2年間」にも同様該当されます その間の純真信者は聖教指導を真に受けて「僧職日顕氏署名本尊」を率先して拝受致してた経緯の理路整然の説明は全く皆無であります そんな単純な道理さえ理解不能な昨今の「熱烈師匠先生」信者は気の毒としか言いようがありませんが・・浄円寺本尊の実害と言われても当然でありましょうが・・

閲覧数:
192
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

g7d********さん

2013/4/2922:00:43

嘗て口を極めて悪態の限りを尽くした、正信会のやり口をそっくりそのままにしていられる厚顔無恥さには呆れ果てますね。ご都合主義の権化恥知らずの権化ですね。正信会の攻撃に手を焼いて、片方では宗門に泣きつき、片方では僧侶を吊し上げ、尾行や盗聴等を執拗に繰り返して脅迫や買収をして隠密裏に分断工作や宗門内のスパイの養成をして、将来の宗門支配や、独立の方法を周到に謀っていたのですね。信仰心の欠片も見えませんね。総てが信仰心を逆手に取って利益追及する為の手段なのですね。あまりにあからさまで、呆れるより哀れみが湧きますね。創価学会の正体ですよ。

アバター

質問した人からのコメント

2013/5/1 04:08:46

一安心 かつて「敵対」の正信会派→「同一穴狢・・」哀れでありますね・・「寺院からの郵便物も見ず、実際の僧侶にも会わずに・・」の2784様の御回答も同感であります
有難う存じました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fsf********さん

2013/4/2923:46:23

tibimikomaiさんの言う通りであれば、

今すぐ、創価学会員は日蓮正宗の寺院に行って
「僧侶が何をしているか」をみなければいけません。

平成2年末の問題発生当時から「実際に見ていってください」と創価学会員に言っていますが、
寺院からの郵便物も見ず、実際の僧侶にも会わずに文句を言ってばかりですね。

日蓮正宗の文書にも何度も
「創価学会の変節」と書いてあります。
日蓮正宗の資料の中で、
過去の戸田さんの業績や、この質問に書かれた頃の池田さんを否定したことはありません。

あるとすれば「この池田さんの発言は嘘だったのか?」ということで、
一部の創価学会員は「会員を守るために言葉を選んだ」と
仏法の十悪の一つ「綺語」であったと主張しています。

ただ公式には常に「平成2年以降の変節」であり、「それ以前の創価学会を否定してはいない」ことをまちがってはいけません。

この質問の趣旨もそこにあると思います。

tib********さん

編集あり2013/4/3000:32:03

戸田先生は「折伏もしないで折伏する信者にケチをつける坊主は糞坊主だ」「尊敬される資格もないくせして大聖人のお袖のしたにかくれて尊敬されたがっている坊主はキツネ坊主だ」「お布施ばかりほしがる坊主は乞食坊主だ」とよく言われたそうです。日顕のことも、もっとも嫌い信用せず「坊主根性、坊主根性」と厳しく叱っておられたようです。日淳上人が日達法主に相承された昭和34年11月16日午前、その日の午後、日淳上人は急きょ池田先生を、招き「今度、常在寺(日達法主)にあとをまかせることにしたから、よろしく・・・」とまた「戸田先生のおかげで、創価学会のおかげで大法は清浄に、今日までまいりました。本宗は、戸田先生、創価学会の大恩を永久に忘れてはなりません。こう細井に言っておきました」と言われたそうです。この事実を知っている日達法主がいざ自分の番になって誰にも何も言わないというのはおかしいです。日顕は「相承を受けた、受けた」と自分で言っているだけで証明するものはなにもない。「自分の日記に書いてある」と言うがその日記を見たものは、だれもいない。「出す、出す」と言って、出てきた手帳は後から加えたもので、証拠にならない、ですから日顕には、相承が、ないのです。

追記
私の言っていることは事実です、ほとんどの学会員が知っています。>創価学会も・・・「同様穴の狢」…に対しての質問に、回答したのです。貴方がたが破門したという学会がみにいくのですか?おかしな話です、山崎と結託し日顕がC作戦を行ったのです、話す内容も変わってあたりまえです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる