ここから本文です

いまさら「新幹線の延伸が必要だ」と信じている人々は、ストロー効果という言葉を...

kir********さん

2013/5/308:27:49

いまさら「新幹線の延伸が必要だ」と信じている人々は、ストロー効果という言葉をご存じでしょうか?

国のカネ、税金と財政投融資を使った整備新幹線が来て大都市と便利になった長野市や鹿児島市の現状を知ってますか

補足質問を行ったのは、北海道新幹線(函館~青森)や北陸新幹線について 下記のようなQ.A.がまかり通っているからです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410621794...

前提の甘い予測の基に、採算度外視で建設する理由は他にあるのに「国益」をかざして賛成するのはいかがなものか? 国防上の利点も無い。

長野市は建設前まではそこそこ活況を呈していたが、開通後の中心市街地の衰亡は目を覆うものがある。 良くなったのは軽井沢だけではないか? 大型店が郊外へ移動すると 町の中の購買力がますます大都市や中央へ向かいます。
鹿児島新幹線が開通しても同様で地元のデパートは閉店。その8年後に熊本~博多が開通すると、熊本以南の新幹線利用者が減少する末期症評を呈してしまった。

ストロー効果の意味がお分かりになったと思います。 最初に現象として現れたのは 四国への架橋の完成です。

閲覧数:
2,992
回答数:
9
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ada********さん

編集あり2013/5/406:54:41

そもそも「政治新幹線」というのは、土建利権にあるものであり、環境云々は全く度外視だったり、過疎部落が発生することなども全然無視されていることが現状です。

長野新幹線は元々オリンピック開業のために完成を急いだわけですし、オリンピック後は嘘みたいに周辺都市は衰退が激しいです。
3セクのしなの鉄道は車両更新すらままならない状態です。

九州新幹線も実際に鹿児島の阿久根や熊本の玉名などは特急停車駅だったかつてに比べ嘘みたいに衰退が激しいです。
結局活気づいているのは熊本・鹿児島の主要地域ぐらいですし、活気づいているのも今の内だけでしょう。
人口が減ったら嘘みたいに生活が苦しくなります。

四国はまだ在来線が何とか生き残っていてかつそれなりの割引きっぷがあるため新幹線が開業した地域に比べればまだ利用できる価値は残っていますが、それでも高速道路の現状や高速バスの充実化が図られている現状を見れば、楽観はできません。

(余談)

宿場町のように「廃藩置県」的な頃の政治と今の政治は単純に比較できません。
廃藩置県の頃は一昔にあった学生運動以上に日常茶飯事的に暴動が起こり、日本国内でも地域同士の内乱が激しかったわけであり、直接国に対するものだけではありませんでした。
今の整備新幹線は「ただ出来ればいい」という甘い考えを国がしているわけであり、「税金知らずの建設」を行おうとしているわけであって、それが問題なのです。

質問した人からのコメント

2013/5/10 09:10:39

みなさん、ご意見をありがとうございます。
空洞化を促進するインフラを建設している馬鹿さ加減に気がつかないのでしょうか?
佐久市の駅前再開発は、obamasen125keiさんのご指摘通り税金の投入で優良農地を商業地にすり替えて東信州の購買力をかき集めた近隣窮乏化策です。
産業が高次化すると農業鉱工業地から人口が大都市に流出するのは当然の現象ですが、新幹線を公的資金で誘致して促進するのは、首吊りの足を引っ張る愚行。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zer********さん

編集あり2013/5/612:15:33

鹿児島市に在住ですがストロー効果なんて皆無ですね。
むしろ、県外資本の進出で商業施設も増えたし、駅前のオフィスビルも部屋は埋まって、観光客もうなぎ上りで増加してます。
あなたが例に挙げたデパートも、違うデパートとして生まれ変わり、前のデパートの時よりも順調ですよ?
特に新幹線開業後の中央駅周辺は明らかに発展しました。
ストロー効果されるのは新幹線のせいではなく、新幹線に頼りきりで危機感も持たず、その地域自身が発展させるための努力を怠ったからでしょう。
鹿児島市はストロー効果を警戒し県外資本の呼び込み、観光客の呼び込み、街の整備、観光PRなどかなり努力しました。

ahh********さん

2013/5/401:00:50

かつて汽車の開通により、活況を呈していた多くの宿場町は衰退してきました・・・。
明治時代の話です。質問者様はそこまで思いを馳せてストロー効果は悪だと
おっしゃっているのでしょうか?
まさか、在来線の鉄道ネットワークまで否定なさるおつもりではないでしょうね?

移動手段の高度化により、衰退してしまう街や業種があるのは仕方のないことです。
それに、他の方もおっしゃっていますがストロー効果があるということは、それだけ
その交通機関が活かされているということです。全体でプラスになっているのであれば
その事業は成功です。

そもそも、ストロー効果で吸われてしまうような所は、結局何もしなくても座して
死を待つだけのところばっかりですよ。それを、不便な状況を維持することによって
延命するというのは、少なくとも国という視点から見れば大間違いだと思いますが。

oba********さん

2013/5/318:18:14

佐久平が新幹線で発展したという意見は事実誤認でしょう。
佐久平の乗車人員は駅前に駐車場しかない新青森より少ないです。
あのあたりは駅前に空き地と国道があっただけで、自民党が
アメリカからの圧力で規制緩和した結果、イオンやヤマダ電機とかの
郊外型大型店が進出して佐久の中心商業地になっただけです。
イオンとかは駐車場無料ですからみんなクルマで行き、
鉄道利用で行く人は免許のない高校生くらいです。
一方、佐久旧市街地中心の中込あたりは80年代の活気が失われています。

長野市は新幹線開業後、首都圏から日帰りで楽々観光出来る
ようになりましたから宿泊者が減り、ホテルとかの廃業が多かったです。

kan********さん

編集あり2013/5/319:33:08

ストロー効果という言葉は、「コップの飲み物のように、美味しいところだけを吸われちゃわないように気を付けろよ」という意味だったと思いますが?

新幹線ができるから地方が確実に衰退すると言い切ってるけど、これだと佐久市みたいに新幹線が出来て発展したケースを説明できないんだよ。

要は、戦略をきちんと立てて、対策する事ができるかどうかですね。

長野市の場合は、長野オリンピックに備えて施設の建設や道路整備が行われ、いろいろな企業が進出してきたので、オリンピックが終わったら、建設ラッシュも終わり、それらの企業が撤退しただけです。これは新幹線は関係無いかな。
新幹線がなかったら、もっと勢いよく衰退したはず。在来線特急時代は、所要時間だけを見ると、東京から一番遠い県庁所在地だったんだから。

国防上の利点?
鉄道や道路は、その地域をきちんと実効支配している象徴ですが。

佐久平の場合は、大店法に乗っかった形ではありますが、何もなかった駅周辺が、ショッピングセンターや高層マンションができてます。
旧市街に店を構えていた人も、頭の回転の早いひとは、ショッピングセンターにテナントを出してますよ。または、ショッピングセンターとは差別化した商売を始めてますね。
商売のあり方が変わっただけで、衰退とは言わないと思いますが。

biz********さん

2013/5/309:46:27

ごめんなー。山陽新幹線が開業して、沿線の何もかもを、わが岡山市がストロー効果で吸い取っちゃったー。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる