ここから本文です

やや長文です。申し訳ありません。 看護師8年目で、総合病院で働いています。 こ...

kus********さん

2013/5/404:14:59

やや長文です。申し訳ありません。
看護師8年目で、総合病院で働いています。
この4月で他病棟へ異動となりました。キャリアアップの一環としての異動と言われました。しかし、その部署は昨年1/3の看護師が辞めた部署

なので、人数補充の面もありました。実際、異動してみるとそれほど悪い部署でもなく、特に不満はありません。
しかし、私自身、看護師を辞めたい気持ちでいっぱいです。何年も前から夜勤がつらく、夜勤明けの時は、時折、発熱か嘔吐かお腹を下すかしていました。以前、前部署の師長に体調が悪くなるため、夜勤がつらいことを伝えましたが、症状が出たら考えると言われたままでした。実際、症状は毎回ではなかったため、自分の体調管理が悪いせい
だ、しんどくてもみんながやっていることだ、自分の甘えだと思いがんばってきましたが、38℃の発熱をするまで至ってしまったため、限界を感じています。
夜勤のない仕事への転職活動を開始しようと考えていますが、人手不足のため異動になった部署の師長に2か月も経過していないのに、退職希望を伝えるのはとても申し訳なくて言えません。また、部署異動に対して、受け入れた自分にも責任を感じます。しかし、辞める時期を明確にしなければ、転職活動も進まないのも現実です。
いったいどうしたらよいのか悩むばかりで、道が開けません。自分がひたすらしんどいのを押し殺して、働けば角も立たないという思いもあります。決断できない自分に腹が立ち、最近は死んでしまおうかと思うほど思い詰めてしまうほどです。夜も眠れず、休日は家から出たくありませんし、何か月もカーテンを開けていない状態が続いています。
どなたかよい案をいただけないでしょうか?

閲覧数:
1,164
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2013/5/1011:05:48

すでに回答された方が共通して言われているのは「(精神的なストレスが強くなり)質問者様の精神の限界を超え、精神的な病気が発病する前に何らかの対処をした方が良いのではないか?」ということでしょうか?
私も同感です。質問者様はこの質問の文を読む限りでは、病棟の師長やスタッフに迷惑をかけるとか、夜勤の無い所に転職するというよりも、仕事を辞めて、しっかりと休養を取り、心身を休めることが最優先課題であると思われます。そうしないと先に回答された方が言われているように精神的な病気を発病すると仕事どころではなくなってしまいます(質問の文でも症状と思われるところが出てきますので、すでに発症している、あるいはしつつあるのかもしれません。これについては後に述べる方法で知ったり、解決してください)。
総合病院でキャリアを積めるくらいの方なので、ご自身の体調の変化についてもある程度理解されていることと思います。
なので、質問者様は現状の仕事をこれ以上続けることの限界を感じ、「38℃の発熱をするまで至ってしまったため、限界を感じています。」「夜勤のない仕事への転職活動を開始しようと考えていますが、人手不足のため異動になった部署の師長に2か月も経過していないのに、退職希望を伝えるのはとても申し訳なくて言えません。」と退職・夜勤の無い所への転職を希望されているようです。
しかし、部署を変わったばかりで、退職するのは部署の師長に申し訳ないと感じ・考え、「自分がひたすらしんどいのを押し殺して、働けば角も立たないという思いもあります。」と質問の文を読む限りでもかなりつらい状態であると考えられるのに、“退職したいという意志を病棟師長に伝えられずにいます”
これに関連して、「決断できない自分に腹が立ち、最近は死んでしまおうかと思うほど思い詰めてしまうほどです。夜も眠れず、休日は家から出たくありませんし、何か月もカーテンを開けていない状態が続いています。」と言われています。普通、健康な人は少々つらいことがあっても、別の事でそのストレスを解消し、活動しています。しかし、健康な人は少々辛いことがあっても「死んでしまおうかと思う」ことは少ないでしょう。
質問の文を読む限り、嘔吐や発熱はストレスが強くなって現れた「心身症」、上記の段落の症状は「うつ状態」と解釈して、対処した方がよいのではないかと私にはこの文を読んでいて感じられます。
私がここで言いたいことは、「○○病」とレッテルを貼りたいのではなく、治療が必要な医学的な症状が出ているので、治療を受けた方が質問者様のつらさを軽減したり、次の転職を早く楽にできる可能性があるということです(まずは休養と保健管理部門や精神保健福祉センターへの相談と医療機関への受診とそこでの治療でしょうか)。
これが最初に述べた「質問者様の精神の限界を超え、精神的な病気が発病する前に何らかの対処をした方が良いのではないか?」と思われる理由です。
「質問者様の精神の限界を超え、精神的な病気が発病する前」の段階で止めるためには、総合病院なので健康管理を担当する部署があったり、そこの専属・兼任の看護師・保健師や医師がいるでしょうから、早めに予約を取って、夜勤明けや休みを利用して、相談しましょう。
まずは一人で抱え込まないで他者の支援を受けること!です。
そして、相談した情報を質問者様が許す範囲で、質問者様が現在いる部署の病棟師長に伝えてもらい、夜勤を外してもらうなどの配慮を受けて、なるべく心身に負担のかからないようにしましょう。
病院が地元だとすると、地元の医療機関に知られることが嫌ならば、病院の健康管理部門や病棟師長などには相談せずに、単身で精神保健福祉センターに相談に行き、そこで医療機関と、職業柄病気のことを職場の人に知られたくない旨を相談すれば、質問者様の現在、そして、未来の職場に伝わらない医療機関を紹介あるいは提示してくれると思うので、早めに予約して、そこを受診して治療を始めましょう。そのかわり職場には完全秘密なので、職場からの配慮は受けれないということになります。身体的な症状があることのみを話して配慮を受けるということも不可能ではないのですが、総合病院の看護師なので、背景に精神的なものがあることはすぐに見抜かれるでしょう。
私が質問の文を読む限りでは、「自分がひたすらしんどいのを押し殺して、働けば角も立たないという思いもあります。」というのは、「自ら相談できない状態」自ら休養する力を失った、あるいは失いつつあると思われるので、他者の支援が必要ではないかと上記で述べたのです。
そして、健康管理を担当する部署から紹介を受けたり、精神保健福祉センターに相談したりして、自分の状態を客観的にみて、精神科や心療内科を受診し、現在の「発熱か嘔吐」「死んでしまおうかと思うほど思い詰めてしまうほどです。夜も眠れず、休日は家から出たくありませんし、何か月もカーテンを開けていない状態が続いています。」について相談し、定期的な通院で短い診察の時間でいいので医師につらい状態を聴いてもらい(支持的精神療法)、薬を飲むなりして、回復を早める手段を取った方が良いでしょう。
ちなみに精神科や心療内科を受診するためには基本的に予約が必要です。通常の内科外来などとは異なり、初診の患者さんには生活歴や成育歴を聞いてから現在の病状を理解しようとするために、日常生活歴や症状などをある程度細かく聞かれます。人気のある精神科や心療内科は初診の予約で数か月~半年待ちということは十分にあり得ます。
そして、質問者様は精神科や心療内科を受診した場合に、そのことを誰に言うかという問題が出てきます。
私がこの文を読む限りでは、どうせ退職し、職場を変わるならば現在の職場で知られる人はできる限り少ない方が良いでしょう。
看護部長、病棟師長、病棟主任(師長補佐)くらいまでにしておいて、勤務上の配慮を最低限受けて、スタッフには症状を告げるとある程度どんな病いか察せられるとは思うのですが、自ら受診したことや病名などは言わない方が良いしょう。もしくは新しい良い部署で「この人は信用できる」という人のみに病名は言わずに精神的な病気の可能性を指摘されたくらいにぼかした言い方にしておいて、配慮してもらえるという状況を作れれば良いと思われます。
あるいはすでに述べたように職場の人には一切言わないという選択肢もあります。自分の能力の限界を正直に告げていないのである意味不誠実と言えるかもしれませんが、質問者様が今後受ける精神的な病気を持っていることでの仕事上の差別などを考えると綺麗ごとは言っていられません。
うつ病・うつ状態や心身症を含め精神的な病は具体的な支援を受けられる人、守秘義務を守れると考えられる人にのみ伝えるべきです。一度告げると「うつ病・うつ状態や心身症=精神障害者」というレッテルを貼られ、質問者様の場合はさらに将来学校現在勤務している総合病院やその系列の職場に就職しようとすると書類選考の段階で落とされる可能性が高いです。さらにハローワークなどに告げると最初から就職先を限定される可能性もあります。
香山リカ医師が自身の著書で自身が診察した患者に「うつ状態のため休養が必要である」旨の診断書を発行したら、中小企業の社長が「病気で業務遂行不能」を理由として実質解雇に仕向けるという例がありました(「私はうつ」と言いたがる人たち、香山リカ、PHP新書、2008、54-56項)。
残念ながら上記の香山医師の例のように質問者様のように一所懸命仕事をして、精神的な病いを持った人を支援するということは日本では重症で精神障がい者手帳を持った人に対しては行われていますが、軽度で通常の就業が可能なレベルになると、ほとんど行われていません。仕事ができない者は去るのみ、そして、受け入れません。
以上、述べてきたように、質問者様は早期に相談し、そこで指摘されたことを病棟師長なりに伝えて、夜勤を無くしてもらうなりの配慮を受けると同時に、医療機関を受診をして、治療を始めるなど、回復の方向へ向かわないとこのままずるずる行くと入院医療が必要なレベルやそれに近いレベルまで病状が悪化したりすると回復は相当時間と手間がかかりますし、何より質問者様自身がつらいはずです。
繰り返しますが、「悪化したりすると回復は相当時間と手間がかかります」ので、つらいのは質問者様です。早めの治療がなされ、回復されることを祈っております。以上で、私の文を終わります。

質問した人からのコメント

2013/5/10 11:48:34

大変、丁寧な回答をありがとうございました。具体的にどう行動したらよいのかの道しるべになりました。取り返しがつかなくなる前に、行動してみようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

par********さん

2013/5/409:04:54

まずは、上司に相談することですね。

夜勤が合わず、熱が出たり不眠の症状が出ている事。このままでは、退職するしかないと悩んでいる事。出来れば日勤にしてもらえないか等。

退職を考えているのなら、まずはやるだけやってみましょう。師長に申し訳ないなんて言っている場合では有りません。精神が壊れる前に手を打つべきです。

hys********さん

2013/5/405:56:52

なんでそんなに我慢してるのでしょうか?
人に気をつかって自分が壊れたら意味ないですよ。
よい案というか、退職をすればいいだけの話です。
もうそれだけの話。
退職するのなら、人間関係こじれたって関係ないですからね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる