ここから本文です

311から2年以上経過した今にあえて問う今更質問

zero3vryu1pさん

2013/5/411:47:18

311から2年以上経過した今にあえて問う今更質問

超今更ですが
初歩的過ぎる質問をさせてください。

東北太平洋側は、全ての市町村に津波が来たのですか?

動画に良く出るのは、
・北海道
・千葉 旭
・茨城 大洗
・青森 八戸
・岩手 山田 岩泉 陸前高田
・宮城 南三陸 石巻 大槌 気仙沼 松島
・福島 いわき

といったあたりですが、
逆に言えば、
これらの市町村は太平洋側にありながらも
(人が死ぬ規模の)津波は来てないのでしょうか?

岩泉駅は海から離れたところにあるけど
岩泉町はハズレのほうは海沿いなんだね。
「岩泉は内陸、海沿いが山田」ってイメージがあったわ。

311から1年後くらいまでは、
「津波は、例えば中央線で言うと何駅くらいまで行ったの?」
みたいに、土地勘のない人が置き換えを求める質問も多数あったから、
その頃に俺も質問しておけばよかったww
「3月なのに、それも太平洋側なのに、雪なんて降るの?」とかもあったな。

補足致命的な打ち間違え
×逆に言えば、 これらの市町村は太平洋側にありながらも
○逆に言えば、 これら「以外」の市町村は太平洋側にありながらも

津波が来たけどあまり話題になってない所は、人が死ぬほどでなかったのか、それとも、千葉県や茨城県のように惨事ではあったが大惨事の前に霞んでしまったのでしょうかね?
「陸前高田ほぼ壊滅」も、陸前高田市って232.29平方kmもあるのに市全体が壊滅したんですか?

閲覧数:
448
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rumoicitizenさん

編集あり2013/5/423:07:41

直接太平洋に面している東北地方の海岸線全てに津波はきています。

陸前高田市でいうと、中心市街地の高田はほぼ壊滅状態でしたね。
無人に近い山間部は無傷でしたが。

質問した人からのコメント

2013/5/10 20:42:59

皆様ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syppqqさん

2013/5/600:32:34

こんばんは。

26歳男性です。

気仙沼もかなり内陸まで津波が進入してきました。

陸前高田市もかなり奥地まで津波が進入したので、壊滅状態になりました。

地形上、海岸から津波が来たら、一部高い丘などがあっても進入は防げなかったと思います。

津波は驚くほどの奥へ奥へと流れてきました。

しかし、堤防がないからだとか、土地が低いからだなんて言ったって仕方ありません。

この土地に生まれた以上この土地の自然なままでは津波を防ぐことはできなかったのです。

だからと言って人工的に土を盛るだとか、堤防をつくるだとか言っても、昔から住んでいる人たちが、自然の元々ある綺麗な外観が崩れると言う意見もあります。

海に近いところで、地形が低いところは進入されやすかった為、津波がきました。

海からある程度距離があり離れていて、高いところは津波被害を直接的には免れましたが、間接的に津波により流通がストップしたり、地震により家屋が倒壊したりといった被害を受けました。
津波で家屋の倒壊は結構奥(内陸)まできました。

市町村全部が壊滅というところもあるかもしれません。
一部(一部落)壊滅というところはあります。

ちなみに内陸や山沿いよりは積雪量は少ないと思いますが、太平洋側でも海沿いでも普通に雪は降ります。

tukkidneyさん

2013/5/507:03:43

岩手の沿岸津波被災地出身です。

津波が市町村を選ぶなんてことはありませんので、全ての市町村、全ての沿岸地域に津波は押し寄せました。
宮古市も例外ではなく、沿岸地域はほぼ壊滅状態です。
宮古市で有名なのは田老地区ですが、それ以外だってしっかり来ていますし、中には30mを越すものも。
しかも大半は町単位で壊滅しています。
もちろん人名も多数失われています。
ちなみに実家の周辺は10mの津波で、隣接するほんとに近所だけでも11名の方が亡くなりました。

話題になるならないってのは、テレビ、マスコミ、映像資料が有るや無しやの違いだけでしょう。
どこも大惨事であることは変わりません。
東京のマスコミさんにすれば、お金になる被災地が一番ですから。
あとは女子アナさんやキャスターさんが来て、数分しゃべるのに映像的にいいところだけでしょう。

また陸前高田だって全市が壊滅したわけではありません。沿岸地域(ここが市街中心なので被害がひどかった)だけです。
岩泉だって沿岸はやられています。

どの町村もそうです。沿岸地域は壊滅し、内陸地域はほぼ無傷です。内陸部は地震被害だけになりますので。
なので被災地も二分しています。ようは被災地の中の津波被災地と、そうでないところですね。
だから被災地といっても、津波の来ていないところは地震後の被災地特権を利用されて遊びに行ったりしていた方もいらっしゃいました。逆に被災地を訪れた観光の方(震災から1ヵ月後です)も、宮古市に着くまで新聞や写真誌と見比べていました。
何せ道路が通って、バスや列車が走っているところは全く被害が無い普通の光景でしたから、写真と同じ悲惨な光景を期待していると肩透かしですよね。もちろん駅に着いたら、やっと納得されていましたが、目の前には大型船が道路に取り残され、波が来たところは消毒用の薬剤が大量に散布されていましたので。
さらに本当に報道なのか、報道って腕章してカメラ、ビデオをまわしている方々も沢山みました。
まだ瓦礫撤去どころか、混乱しているさなかなので処理もままならずいろいろなものがそのままでしたが、それを拾ったりあさったりされていましたし。もちろんこの方々も自衛隊も警察も昼間だけです。夜は電灯もほとんど無い状態なので、皆さん盛岡までお帰りになっていました。彼らも危険ですから。夜は残された住民の自警団や消防団だけです。泥棒対策のため見回りされていました。といっても残された方が少ないし、武器も無いので大変そうでした。
ただ瓦礫の撤去には自衛隊の方には本当にお世話になりましたが。

この時私は内陸部の親戚の家に泊まりましたが、被災した実家のあたりは音も光も無い世界ですが、内陸は普通にスーパーは開いているし、家は電気も水道も問題なしです。変な感じでしたよ。あるところから突然暗黒の世界になっているのですあから。だから内陸部の地域の方はフラストレーションですよね。沿岸部のために我慢を強いられるのですから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。