ここから本文です

1978年、京都のクラブ「ベラミ」で、かつて山口組第3代目組長・田岡一雄を狙撃した鳴...

kas********さん

2013/5/522:06:09

1978年、京都のクラブ「ベラミ」で、かつて山口組第3代目組長・田岡一雄を狙撃した鳴海清が六甲山で遺体となり犯人が分かってるのに、 何故「殺人罪」で起訴されなかったのですか?

補足ヤクザでも様々な人種が居るんやな。あと吉田芳幸はどうなったのですか?それと鳴海清に子供はいないのですか?
変な事を訊くようで失礼だけど、頼みます。

閲覧数:
30,623
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

編集あり2013/5/522:45:00

知り合いに理容師が居るんで、其奴が勤め先の店に来る元・警察四課の人から又聞きした話やが、鳴海清は目立ちたがり屋で大人しゅう出来んかったそうや。それで、大日本正義団の吉田芳幸会長と親睦団体だった「忠成会」の輩に惨殺されたという訳や。元刑事は“あのまま大人しく隠れてたら助かったかもな。ワシは鳴海清の愛人を警護したりしてた”と理容師の知人は聞いてたとか。
又、其奴は漫画『山口組第4代組長竹中正久の生涯』を買ってヤクザの知識が多少有る。其の中には鳴海清の物語も掲載され、鳴海清は兵庫県で忠誠会に匿われてたが大阪の愛人に出掛けて山口組に対する挑発状を送ったのが仇となり忠誠会に殺害され、其の惨殺の様子を撮ったビデオが田岡一雄の元に届けられたと云う。
憶測だが、山口組には当時「宅見勝(後に若頭となり暗殺されたが)」と云う政界に通じたパイプ役が居たので、宅見の取り計らいで鳴海清殺害実行犯らを証拠不十分にして「監禁罪」にしたのが鳴海清殺害の謎の筋だろう。
宅見勝は「大阪戦争」後にパクられた若頭・山本健一の保釈を法曹界に強い影響力を持つ国会議員に働きかけたりしてるから、ヤクザにしろ警察,国会議員は連んでる事は大いに有り得るので真実を揉み消すのは容易い。


補足:「大日本正義団」会長の吉田芳幸はその後は逃走先の岡山県で愛人と共に警察に自主して、服役後はヤクザから足を洗いカトリックの牧師をしてるそうだ。
確かかは分からんが、鳴海清の愛人は女子を産んでたと元「4課」の刑事が話していたと理容師の知人からの又聞きで聞いたのを覚えてる。
兎に角、鳴海清の子供は存在するがそれ以上は「プライバシーの権利」の領域になるんで勘弁してくれよ。

質問した人からのコメント

2013/5/5 22:52:37

降参 「Yahoo!知恵袋」で初陣早々から体当たり的な質問投稿して無謀かと後悔しましたが、難問を回答してくれた方がたまたま居てくれて助かりました。ありがとうございます。それにしても、ヤクザにしろ横の繋がりがあらゆる世界に深く関係してて、改めて恐ろしいなと実感しました。鳴海清にも子供はちゃんと居たんですね。

「鳴海清」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる