ここから本文です

ダイエット。痩せやすい食事のとり方など伝授してください。 メンタルな薬を飲...

jya********さん

2013/5/1900:34:28

ダイエット。痩せやすい食事のとり方など伝授してください。

メンタルな薬を飲んでるので副作用で痩せないと自分に暗示をかけ
デブデブになってしまい、決心し4日前から食事など変えてみました。

婦人科で、食欲抑制剤「サノレックス」が出たのですが
飲んで3日。満腹感は一時的なもので、少し食べると
すごい空腹感に襲われ、私には逆効果だったようで
今日から薬は飲んでません。

食事は、朝昼はきちんと食べています。ご飯も食べます。
夕食を、ご飯抜きにしおかずだけ。
肉類や魚類もしっかり食べますが主に野菜が中心です。

運動も行けない日もあるのですが週3回くらいは行くつもりで
プールにも行き始めました。1時間くらいかけて泳ぐのは苦手なので
ゆっくりウォーキングしています。

4日で今のところマイナス1kg。

夜ある程度時間がたつとお腹すきますが、我慢できないわけではないので
間食も一切してませんし、歯磨きとかで誤魔化してます。

お恥ずかしい話現在87kgあります。とりあえずは目標60kg
最高の目標は元の体重40kg台です。

どのようにすれば効率よくまたリバウンドなしでやせることができるでしょうか?
アドバイスお願いします。

閲覧数:
447
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mcc********さん

編集あり2013/5/1911:45:12

夕食でご飯を食べないということは糖質が悪いことに薄々気づいてるわけですよね。
90kg近いのなら3食を糖質抜きにした方がいいですよ。
スーパー糖質制限を調べてみてください。

そこまで太った人は食べることが大好きなので、お腹が空くのをガマンするような方法は続きません。
痩せられてもリバウンドします。
痩せたあとも続けてこそのダイエットです。
痩せるまでは厳し目、痩せてからは緩めて続けたら楽になりますよ。

ついでに、この糖質制限はダイエットだけじゃなく糖尿病の治療としても絶大な効果があるんです。
だから効果の薄いカロリー制限をずっとすすめてきた糖尿病学会は顔をつぶされた形になったからゴキブリのように糖質制限を嫌って、糖質制限叩きしてます。
しかし批判してる内容は支離滅裂なので全ては糖質制限で有名な江部康二先生に論破されてます。
しかし叩いてるのは門脇さんとか清野さんとか一部の人だけで、糖質制限を積極的に糖尿病治療やダイエット指導に取り入れる糖尿病専門医も出てきてます。

糖質を抜いた量は肉などを食べるからカロリーは増えるんです。
だから空腹を感じずにすみます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

end********さん

2013/5/1907:18:08

>批判してる内容は支離滅裂なので
日本糖尿病学会は
「総エネルギー摂取量を制限せずに、炭水化物のみを極端に制限して
減量を図ることは、その本来の効果みならず、長期的食事療法として
遵守性や安全など重要な点についてこれを担保するエビデンスが不
足しており 現時点では薦められない。」と勧告していますが支離滅裂ですか?
エビデンスが不足しているというのは紛れもない事実ですし、ADAにしても
ローカーボは2年を上限としてという条件付での推奨ですよね?
また
「肥満度の異なる日本人の糖尿病の病態に立脚した適正な
炭水化物摂取量について は、いまだ十分なエビデンスが揃っているとは
言えない。社会的なコンセサスを得る上においても、今後 日本糖尿病学会
として積極的に調査・研究の対象とすべき課題である。」
とも勧告していますから炭水化物の摂取量に着目することの重要性は
認識していますよ。


清野先生(日本糖尿病協会理事長です)は
「ケトン体をエネルギーとして使うことが糖尿病患者にとって望ましいのかという
大規模なスタディはないし、できない」ことを糖質制限が勧められない
ことの根拠としています。実際それについても安全性を担保できる
十分なエビデンスはないでしょう。
結局江部さんにしても「エビデンスは俺自身」としかいえない状態ですよね?
(ケトン体の危険性の一例としては妊婦さんが高ケトン血症になると胎児に
神経障害が出ることがあります。
http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/3222/1/AN001123070331201.p...
そのため山田先生は「妊娠中の糖質制限は控えるべき」としていますし、
子供の場合には成長が阻害される懸念も指摘されているので、先日出演された
朝イチの中で「成長期のお子さんがするのは私は反対です」と明言されていました。

門脇先生(日本糖尿病学会理事長です)にしても
「患者の嗜好性や病態によっては糖質の摂取割合が50%未満となる
食事も許容できる」としていますよ。

現時点で専門医の間では糖質制限については否定派がほとんどですから
反対しているのは一部ではないでしょうね。
私の担当医も糖質制限については勧めない立場です。
(ちなみにカーボカウントは勧めていますよ)

論破とか言っても論文の穴つつきしているだけで、結局「長期的な
安全性を担保する十分なエビデンスが不足している」というのは厳然たる
事実ですから、それを覆すエビデンスを提示できない以上は、エビデンス不足を
根拠として(スーパー何ちゃらみたいな)「極端な糖質制限は勧められない」
のはまっとうなことなんじゃないですか?

私個人の見解ですが、学会が勧める糖質60%のカロリー制限食そのものの
血糖コントロール改善効果の有効性は否定できないでしょう。
実際私も最初に2型と診断されて入院したときは2週間程度でほぼ正常に
近い状態まで改善しましたからね。
(「自分が証拠ですよ」というなら私もカロリー制限食で血糖コントロールが
改善するのを身をもって経験していますからそれを根拠とすれば
カロリー制限食の有効性は否定できないですよね?)
問題なのはそのカロリー制限食を長期継続できない人が少なくないという
ことと、そういった患者さんが血糖コントロールが悪化するのを「医師や
管理栄養士が指導したとおりの食事法を守れない患者のせい」にして
カロリー制限食に代わる食事法を提案することをしないことにあるの
ではないかと考えています。
実際山田先生の場合は
「まずはカロリー制限食で指導して、それが続けられない患者さんには
糖質制限食を勧める」というスタンスですよね。

結局江部さんは「学会が勧めるカロリー制限食なんかじゃ糖尿病はよく
なるはずがない」とか言ってるから学会に快く思われないんじゃないですか?
確かにカロリー制限食のエビデンスレベルは低いですがそれでも
「臨床現場でのコンセンサスに基づく」レベルですから現場では
「カロリー制限で血糖コントロールが改善する」という認識でいる
ことは否定できないでしょう。

それと現在の重要な問題点は糖質制限のガイドラインがないから
勧める先生たちの足並みがそろわないってあたりかも知れないですね。
山田先生は江部さんのスーパー何ちゃらみないなケトン産生食は
糖質制限食の定義から除外すべきとしていますしね。
(バーンスタイン医師へのインタビュー後に
「ケトン産生を伴うような極端な糖質制限食を広く勧めるのは難しいと確信した
数時間であった」
との感想を述べています。)
そういえば山田先生は朝イチのなかで「糖質制限食が減量効果がある一番の
要因はカロリー制限なしといっても結局はカロリー摂取量が低く抑えられることに
あると考えられています」とコメントされていましたね。
こういうシンプルな機序ならば誰でも納得できるのに
「糖質を食べるとインスリンが出るから太るんです」などとややこしい理屈を
こねるからダイエットカテの常連さんの反感を買って、しまいには「インスリンバカ」
とか呼ばれる始末になるんじゃないですかね?
(肉とか大豆製品だってそれに含まれるアミノ酸の一種のロイシンによって
インスリンが分泌されます。同時にグルカゴンも分泌されるので血糖値は
ほとんど変動しないだけです。江部さんのブログにも出てますよ。)
下手すると学会が糖質制限食を認めてもスーパー何ちゃらみたいな江部式は
そこでも異端扱いされちゃうかもですね。

ついでですが私は糖質制限そのものはカルトとは思いませんが
ここのブログに書いてあるみたいに
「肥満の原因はインスリン」とか「糖は毒」などと、あたかもインスリンや
糖質が諸悪の根源のような」ことを言うレベルまで達してしまうと
カルトとか狂信者って言われても仕方がないと思います。
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-category-1.html

hig********さん

2013/5/1907:02:46

体の毒素を抜き、肝・腎臓機能を活発にすればむくみをすぐに解消でき、代謝も向上し太りにくく、脂肪燃焼しやすい体質になります。
デトックスの大きな効果を得るには、添加物、化学調味料、塩分、甘いものを控え、穀物・海藻・根菜・大豆類を取り入れた腹6分目の食事と運動です。これだけで便通や利尿作用も良くなりデトックスできます。
あとは以下のように健康を継続すれば、ダイエット、アンチエイジングに確実に大きな結果をだすことができます。


脂肪燃焼と細胞活性でジョギング
引き締めと代謝アップで筋トレ
味の濃い食事、お菓子を控える
間食・食べ過ぎ防止でpreeダイエット

また体内環境を向上させて太りにくくするためにも睡眠をしっかりとりましょう♪
健康を心掛ければ、体内環境も改善できリバウンド防止できます。

st_********さん

2013/5/1903:26:48

以前は異常なほどの過食をしていました。
とにかく、おなかを十二分に満たさなければ気が済まなくて、それも、食べていたのは肉類とジャンクフードばかり。

当然ながら、その結果は、太ったばかりではなく、抜け毛、肌荒れはひどくなって、すぐに風邪を引いたり、
しょっちゅう体調不良に悩まされていました。一時は、仕事をすることもできなくなるほどでした。

私の場合、過食が止まったきっかけは、体調がひどくなって、かなりやばい、ところまで落ちたからです。

そこで、食生活の改善を図りましたが、まず、肉は一切やめました。
正直タンパク質は、大豆類、納豆に変わりましたが、食物繊維中心の生活に変えたら、不思議と異常なほどの食欲が消えたのです。
そして、1日に2,3回の便が出るようになりました。

むしろ、食欲はどこから来たのかを突き止めると、腸の汚れから来ているものでした。
不思議なことに、肉類、糖分の多いものやジャンクフードを食べると、腸内の悪玉菌が繁殖して、余計に食欲がわいてくるのです。

3食たっぷり食べていて、間食もしていたのに、一日に出る便はたったの1回。

これでは太らないはずかありませんでした。

大切なことは、食べたものは、便秘にさせないで、ほぼ食べた量だけ出す。という事のようです。
私は、食物繊維をよくとる食生活に、効果の高いサプリを併用して20キロ痩せました。
http://stzima3.seesaa.net/article/357554756.html

それ以外に行っていたことは、コーヒーエネマで、効果は高いですが、抵抗がある人も多いので、
人にはあまりお勧めしていません。

pja********さん

2013/5/1901:28:26

噛むと満腹感が得られます。

スルメとかはよく噛めてカロリーも少ないしいいですよ♪

とにかくまずは
①よく噛んで食べる。(一口30回)
②野菜から食べる。
③ゆっくり食べる。最低でも15分以上かけて。


いつも食べるもののカロリーはどれくらいでしょうか?1500キロカロリー前後で運動するなら全然問題ないかと(^-^)v

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる