ここから本文です

電車の運賃で不思議なことがあります 天王寺→串本が3890円なのに対し 天王寺→...

uni********さん

2013/5/1915:33:05

電車の運賃で不思議なことがあります

天王寺→串本が3890円なのに対し
天王寺→和歌山(830円)、和歌山→串本(2520円)で合計が3350円になります

なぜこのような現象が起きるのでしょうか?

閲覧数:
783
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dfh********さん

2013/5/1916:00:46

JRの運賃体系(運賃の上がり方)は、距離が短い区間では、数キロごとに数十円ずつゆるやかに上がるのですが、距離が長くなるにつれ、20キロごと、ひいては40キロごと、というふうに区分けがざっくりしてきて、境界線を越えると数百円一気に跳ね上がるというシステムになっています。
これを知っていると、運賃のカラクリを解くのに役立つことが多いです。

さらに、既に回答があるように、他社対抗策として特定運賃が敷いてある区間を含んだりすると、一層「通して買うほうが損」という状況が起こりやすくなります。

でも、多くの場合は、「通しで買う方がトク」が当てはまることは変わりません。

質問した人からのコメント

2013/5/19 22:01:18

感謝 ありがとうございます^^

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

osa********さん

2013/5/1917:13:28

私鉄との競合による特定運賃の他には特定都区市内制度もあります。
天王寺→串本の場合、上記制度により【大阪から串本までの距離】で運賃計算を行います。
つまり距離が伸びてしまうのです。

meg********さん

2013/5/1916:40:30

「なぜこのような現象が起きるのか」ということに関しては
これまでにご回答の方々のおっしゃるとおりです。
なお,

http://bunkatsu.info/cpg.cgi

ここのサイトにあるプログラムを使うと,どこかで乗車券を区切れば
安くなる場合があるかどうか,調べることができます。
ちょっとクセのある操作法なので,なかなか使いこなせないかもしれませんが・・・

mam********さん

2013/5/1916:06:49

関西も関東もそうなのですが、平行する大手私鉄がある区間には、「特定区間料金」が発生し、通常のJRの距離設定よりも安くなる特例が発生します。しかし、特例区間をとおり、通常の区間にて下車の場合は乗車駅から「通常区間の距離」で計算されてしまうので、割高になります。そのため、時間があれば一旦、特定区間終了の駅(和歌山)で下車して再度買いなおすと、安くいけるという・・・。

同じ関西在住の私が経験したことですが、JR京都線の大阪→京都→丹波口(山陰線)ですが通しで買うと140円高くなり、京都で買いなおししています。(京都→丹波口は通常区間のため)。

(私も過去に、気になったのでJR西日本、東日本に問い合わせたところ、このような特定区間と、通常区間を跨ぐ場合は別々の購入が「得!」ということがわかりました)

今後も利用される際は「地図」(平行している私鉄がないかどうか)、各社のHPで料金を細かく確認してメモする。
時間に余裕を持って行動。これでちりも積もれば・・・で食事代、コーヒー代がでます。

dob********さん

2013/5/1915:42:18

天王寺~和歌山間は南海電鉄線が競合しているため、特別の安い運賃が設定されているからです。

また、普通運賃は「○○キロ~△△キロが××円」のように距離設定に幅があるため、「△△キロ」に近い区間を組み合わせると、通しで買うより安くなることがあります。

rou********さん

2013/5/1915:41:23

天王寺~和歌山間は南海と競合しているから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる