ここから本文です

コナカイガラムシ?白紋羽病?

ale********さん

2013/5/1923:00:55

コナカイガラムシ?白紋羽病?

マンネングサの葉が鉢から溢れてきたので、植え替えようと鉢を持ち上げると、鉢穴から出ている根に白いものが纏わりついていました。

ネットで検索した結果、コナカイガラムシや白紋羽病が似ているかなぁと思うのですが、画像でお判りになる方いらしたら教えてください。

南向きのバルコニーの、使っていないプランターに置いていました。

よろしくお願い致します。

コナカイガラムシ,マンネングサ,白紋羽病,お判り,プランター,クロルピクリン,病原菌

閲覧数:
1,449
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pap********さん

2013/5/2111:53:38

>コナカイガラムシ?白紋羽病?

>マンネングサの葉が鉢から溢れてきたので、植え替えようと鉢を持ち上げると、鉢穴から出ている根に白いものが纏わりついていました。

>ネットで検索した結果、コナカイガラムシや白紋羽病が似ているかなぁと思うのですが、画像でお判りになる方いらしたら教えてください。

>南向きのバルコニーの、使っていないプランターに置いていました。


白紋羽病の可能性が高いです。

1.発生生態
病原菌は子のう菌類の一種で、被害根の残渣上で生存する菌糸束が伝染源となる。
感染初期は根部に病原菌が寄生しても外観上は健全であるが、地上部に葉の黄変や萎ちょうなどの樹勢の衰弱が認められるころには、根部の表面には白色の菌糸束がからみつき褐変腐敗している場合が多く、このため防除が手遅れとなり枯死することが多い。
病原菌の寄主範囲はきわめて広く、43科83種で発生が認められている。
花木では、バラ、ツツジ類、ジンチョウゲなど、果樹ではリンゴ、ナシ、モモ、スモモ、ウメ、プドウ、カンキツ、ピワ、イチジク、カキ、クリなどほとんどすべての種類を侵す。
花木、果樹以外でもサクラ、クワ、チャ、ナラ、カシ、ケヤキその他多くの植物に寄生する。

2.防除のねらい
病原菌は植物体のセルロースを炭素源として利用するので、土壌中の粗大有機物は繁殖を助長する。したがって、粗大有機物が敷き込まれた園や開墾後の新植園、果樹、森林、桑なとの跡地に発生し易い。
病原菌の発育は土壌に空気の流通がよい場合、温度20~25℃、土壌酸度は弱酸から中性くらい、土壌湿度は容水量の70~80%くらいが好適である。なお、樹勢が弱った場合は多発しやすく、病勢が急激に進むので樹木、花木等は強健に育てる。

3.防除法
・耕種的防除
(1)新植の場合には無病地を選ぷ。
病原菌の有無を調査するためには検知植物となるタイズなどを植えたり、せん定枝を束 に
して地中に挿枝して確認する。
(2)罹病苗を持ち込まない。
いったん病原菌が持ち込まれると防除が困難である。
(3)乾燥、寒害を防ぎ、又、強せん定を避けて樹の保健に努める。
・薬剤防除
(1)植付前の処理
苗木消毒の場合は、45℃の温湯に60分間浸漬するか、トップシンM水和剤500倍液に
10分間根部を浸漬する。あらかじめ病株、病根等を除去した後、その樹の根圏範囲を
約60cmの深さに耕起、整地し、クロルピクリンを注入する。全面処理の場合は、30cmX
30cmごとに深さ約30cmの穴をあけ、クロルピクリンを1穴当たり5~10ml注入し、直ち
に覆土し、ポリエチレン、ビニル等で被覆する。処理後20日以上経過してから植え付ける。
(2)立木処理
罹病樹の根部を掘り出し、患部を削り取ったのち、トップジンM水和剤500~600倍液
を㎡当たり10リットル程度潅注しながら土壌に埋め戻すか、フジワン粒剤を1樹(5年生以上の成木で直径15cm以上)当たり3~5kg土と混和しながら埋め戻します。

>コナカイガラムシ?白紋羽病?...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる