ここから本文です

なぜグレゴリオ暦では100で割り切れる年に閏年をやめることになったのですか。

riverhorse6さん

2013/5/2322:24:14

なぜグレゴリオ暦では100で割り切れる年に閏年をやめることになったのですか。

1回帰年は365.2422日なので西暦年が128で割り切れる年に閏年をやめる方がはるかに精度が良いと思いますが。(31/128=0.2421875)
また、128は2の7乗なのでやはりグレゴリオ暦が導入された当時2進法が普及していれば西暦年が128で割り切れる年に閏年をやめるルールにしたと考えられますか。
教えてください。

閲覧数:
267
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

naumanniさん

2013/5/2322:35:02

できるだけ、簡単な計算でできるようにしたと思われます。

また、当時の精度では400年間に3回くらい閏年が多いとしかわかっていないのです。
今の精度で128年に1日というのは、当時としては若干無理があります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

swe700sさん

2013/5/2323:00:48

当時の測定では1回帰年が 365.2425日 と求められていたため,400年に97回のうるう年が入ることとなりました.

100で割り切れる年 / 400で割り切れる年 を基準としたのは計算のしやすさのためでしょうね.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。