オリンパス、パナソニック、ソニーは、ミラーレス一眼のパンケーキレンズのキットを

オリンパス、パナソニック、ソニーは、ミラーレス一眼のパンケーキレンズのキットを なぜ止めたのですか。 背面の液晶で撮るなら、望遠ズームよりもパンケーキの単焦点が使いやすいと思うのですが、オリンパスの17mmF2.8、パナソニックの14mmF2.5、ソニーの16mmF2.8のキットが、ダブルズームと置き換わってしまいました。 これは、購入者が望遠レンズを求めるということでしょうか。 PenやGF、NEXなどのファインダーのないカメラで、望遠レンズを使うのはかなり難しいと思うのですが。

デジタル一眼レフ1,890閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

zuiko_loverさん ここで、安いとか薄いとかいうだけの理由でパンケーキ買った人の、「どうやってズームするんですか?」とか「ズームできないんですけど…」なんていうボケた質問を何度も見ました。 メーカーにも、そういう「苦情」が殺到したんじゃないでしょうか?

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。オリンパス、パナソニック、ソニーが同時期に止めましたから、消費者の声が届いたんだと思います。良いものより、売れるものを売るしかないですから。

お礼日時:2013/5/30 0:17

その他の回答(4件)

0

そうなんですか。多分ズーム出来ないからじゃないですか。初心者にはパンケーキレンズ(単焦点)よりズーム出来るレンズの方が便利な分人気なんじゃないでしょうかね。因みに、45-200程度ならファインダー無しで問題無く使えたりします。 望遠レンズなら、その「質」は兎も角、ボケも簡単に作れます。

0

ここ半年ほどのアベノミクスさんのおかげで、ズームもできない薄っぺらいレンズは売れなくなったのです。 もともと女子カメラとして売り出したミラーレスですが購買層の幅が拡がり、最初に買うキットとして望遠側のあるズームを望む声が大きくなりました。コンデジ買うならケータイで十分、それで飽き足らないからミラーレスへと移行しているにわざわざ単焦点は買いません。単焦点の良さをわかって買う人より素人には200ミリズームの方が受けが良いのです。

0

恐らく、考えていらっしゃる理由は同じだと思います。 スマホの普及で、デジカメ全体の業績が落ち込んでいるメーカーとしては、少しでも新規ユーザーを開拓する事が大前提です。 初心者にとっては、一眼はやはりズームのイメージが強いので、パンケーキの魅力が分かりにくく、パンケーキよりも、ダブルズームキットの方が売り易いからだと思います。 多くの人にダブルズームキットを購入してもらう事で、パンケーキや超望遠、アクセサリー等の販路が開けるという図式は見えてきます。 一部メーカーでは、画像エンジンを全モデルに共通化させ、機能を省略する事で価格を抑え、○○画質と謳っている所もあります。

0

カメラ初心者の視点で考えるとズームレンズはあれば便利かな…と一緒に購入しますが、パンケーキレンズのような単焦点レンズは初心者にとってはあまり魅力を感じない場合もあります。 私もズームのキットレンズのみで背景のボカシも自由に撮れるようになるのかなぁと甘く考えていましたが、色々と勉強してみてからパンケーキレンズや17mmF1.8や45mmF1.8や75mmF1.8のような単焦点レンズも追加していき、まんまとメーカーの差し金にはまっています。 でも、単焦点レンズを使いだしてからはカメラが楽しくて仕方ないです。 望遠の出番がかなり減っています。 多分、望遠ズームでの撮影だとファインダーのように確認出来ていないとしっかり撮れていない場合もあると思いますが、明るい単焦点レンズだとシャッター速度も早めやすいので、ファインダー無しでも綺麗に撮影しやすいと思いますよ。