ここから本文です

短歌の句切れについて

qch********さん

2013/5/2623:20:43

短歌の句切れについて

なにとなく 君に待たるる ここちして 出でし花野の 夕月夜かな という与謝野晶子の短歌がありますが、この歌の句切れは、3句切れなのはなぜですか。4句目の途中「出でし」のところで区切れるのではないかと思うのですが、納得できる回答をどなたかお願いします。

閲覧数:
10,649
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lad********さん

編集あり2013/5/2923:57:04

「句切れ」は「区切れ」とは違います。
和歌であれば、5・7・5・7・7・の「句」のまとまりで構成されています。
その句と句の間で切って、意味を前半後半に分けることができるものを「句切れ」と呼びます。
4句目の途中で意味を切ってしまったら、「句切れ」とは言えません。
もし意味は絶対にここで別れると思うなら、「句切れなし」となります。

さて3句切れといわれる理由ですが
文法で解説したいと思います。
ここでは3句目に「ここちして」とあります。
これを品詞分解すると「心地(名詞)+する(動詞)+て(接続助詞)」となります。
そして「て」の用法は継続をあらわしています。
文意が接続助詞の後ろで区切れるわけです。

意味でみると最後の2句は倒置です。
いつ、どこで、誰がの順に直すと
「夕月夜の花野に(私が)出でし」となるかと思います。
たぶん現代語訳にするとこの方が意味をとりやすくなるでしょう。
そしてこの順にすれば、3句切れの意味も納得ではないでしょうか?

なんとなく 君が待っているような気がして
夕月が出ている夜に花の咲く野原に出てきてしまったことだ

ちなみに「花野」は秋の季語ですがこの歌に関しては、
春を表しています。

■■■□□□■■■□□□■■■□□□■■■

>hototogizさん
本来なら他の回答に他の短歌の回答はなしだと思いますが
同じ与謝野晶子の歌で接続詞の補足となりそうなので愚答ですが
させていただきます。
ご質問の

金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に(四句切れ)

こちらの短歌は、確かに「して」の句がありますが
同時に「なり」で終わる句があります。
この「なり」は断定の助動詞の終止形です。
終止形を取る助動詞の後ろも切ることが出来ます。
文章で考えると、接続詞の後ろは「、」
終止形の後ろは「。」です。
そう考えると意味を分ける優先順位として「、」より「。」が優先されるので
この短歌は四句切れとみるわけです。

ただし回答の一番初めにも書きましたが
「歌はここで絶対に区切れる」と思うなら
やはりそこで区切って読むのがその人の「鑑賞」なのだと思います。

教科書的に歌を前半後半に分けるのであれば
文法上区切れること、意味上区切っても問題ないことなどがあげられます。
それ以上は「文学的鑑賞」になりますから
教科書的な基礎基本を理解した上で
自分が区切れる部分を決めるのであればそれはそういう解釈で良いのだと思います。

今回の質問に回答したのは
「句切れ」についての基本的なアドバイスが可能だと思ったからです。
句の途中で意味を前半後半に分けることは短歌ではありません。
「出でし」で区切れると思う質問者さまは
「なにとなく 君に待たるる ここちして」が「出でし」の修飾部分と考えていらっしゃるのではないかと愚考します。
ですが「出でし」は
【出で】ダ行下二段活用動詞「いづ」の連用形
【し】過去・回想を表す助動詞「き」の連体形
【花野】名詞
なので【し】が【花野】にかかっています。
文法的にはここで区切ることは難しいかと思います。

さて最後に日本語の意味をくみ取るためにあえて英訳をみるという方法があります。
ネットで拾ったものですが、参考までに付けておきます。
もし自分で訳すならどうなるだろうと考えてみると句切れもわかるかも知れません。

Feeling you are waiting for me, I came to the cherry blossom fields and saw the beautiful evening moon.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hot********さん

編集あり2013/6/119:07:20

横入りすみません。
>ladybugsshoesさん
私はこの短歌が「句切れなし」だと思っており、「え?三句切れ?」と思ってこの質問に注目しました。貴回答を読んで「三句切れ」と判断される理由はわかりましたが、それでもなお釈然としない部分が残っています。
「継続の接続助詞『て』で意味が切れているから句切れが発生している」とのことですが、だとすると例えば同じ与謝野晶子の短歌
金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に(四句切れ)
は「かたちして」で切って三句切れとみなしてもよい、ということにはなりませんか。

便乗質問で済みませんが、この「『て』で句切れさせてもよい」という点について、もう少し詳しく知りたく存じます。
すみません、お答えに因縁をつけているつもりは決してございませんので悪しからず(笑)。

【追記】
>ladybugsshoesさん
丁寧な御回答、いたみいります。
おかげさまでよく分かりました。ありがとうございました。
私が質問者なら文句なしにベストアンサーです(笑)。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる