ここから本文です

療養病棟と一般病棟の違いを教えてください。 病院からは何の説明もありません...

rub********さん

2013/5/2709:01:33

療養病棟と一般病棟の違いを教えてください。

病院からは何の説明もありません。
こちらから尋ねない限り説明はしないものなのでしょうか?

要介護3(パーキンソン病・認知症)の母が大腿骨を骨折をし、救急車で搬送。
その病院で手術・入院となりました。

入院25日目に病院から「病室が変わります」との電話があり、骨折入院25日目に病室が変わりました。
「どうしてですか?」とたずねたら「入院が長くなっているので」との回答のみ。
同室の方はもっと入院が長いのに、どうして母が病室を変わるのだろう?
変わることで認知症の悪化などが心配と電話しましたが、「もう既に移った」と。

看護師・スタッフの対応など全く違います。
25日目まではパーキンソン薬などすべて病院が出してくれましたが、
それ以後は持参薬です。
病院からは何の説明もありませんでしたが、「入院案内」を見ると
“病状が回復期に至り機能回復が主になると療養病棟に転棟していただくことになります”とありました。


一般病棟では(入院25日目まで)・・・
パーキンソン病薬など持参薬は使わず、すべて病院から新しく出された薬(処方は入院前と同じです)。
看護師さんの対応がとても親切で明るかった。
細かく面倒をみてくれたので、認知症も思ったほどは悪化せず安心していた。
同じ病室の患者さんと会話していた。
車いすから徐々に歩行のリハビリも進み、退院は目前に思われた。

療養病棟に移ってからは(入院25日目以後、療養病棟は今日で12日目)・・・
持参薬のみ。
看護師さんはとても忙しいのか、あまり笑顔がなく、一般病棟よりも細かく見てもらえていない。
転棟翌日に脱臼して、車いすにも座れない状況に逆戻り。
細かく見てもらえていないようなので、認知症の悪化が心配で面会を増やしている。
同じ病室の患者さんは寝たきりなので話もできない。
今日で2週間入浴もできない。
汗だくになっていてもエアコンをつけたり、着替えもさせてもらえない状況が続いたので
師長さんにお願いしたら、改善された。

こちらから気が付いたことを要望すれば、そのことに関しては対応してくれますが
そうしない限り、一人ひとりにあった対応はしてもらえないのが病院では当たり前の対応なのでしょうか?

補足面会にはほぼ毎日行っています。私が行けない時には妹のお願いしています。
今日までの入院期間中(37日間)で面会に行っていないのは5日だけです。
2週間入浴していないのは本人が話しているのではありません。事実です。ナースにも確認しました。
(本人は10分前のことすら覚えていない状態ですから。本人に尋ねてもわかる訳ありません。)
入浴についてはまだ許可が下りていないとのことで、要望した日からは清拭してくださっているようです。

入院までは自宅で介護していました。
療養病棟に移る4日前に病院の相談員の方との話し合いがあり、
「退院後もできれば自宅に戻したい希望はありますが、
脱臼を繰り返す恐れがあるとのことで、しばらくは老健でリハビリしていただいて
その後自宅に」と伝えました。

閲覧数:
41,339
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aro********さん

編集あり2013/5/2719:39:07

補足読みました。
要介護者を抱える家庭では、見ているのが自宅であろうと、病院・施設であろうと、気の休まることはありませんよね・・・。
主様も脱臼の予防にと思い入院の延長を希望した結果、逆に転棟直後脱臼されてしまった。
これがそのまま自宅に戻って同じ結果になってしまっても後悔なさっていたかもしれないし、結果論でしかないのが難しい選択だと思います。
しかし、主様を含め、ご家族全員が協力して、お母様のためにより良い環境にしようと努力されている姿は素晴らしく、お母様も嬉しいと思いますよ。
ただ、実際脱臼されてしまったように、病院や施設にいれば安全とか、本人や家族の満足する介護・看護が受けられるかというと、そういうものでもないのが現実です。
主様の話から推測するに、療養病棟への転棟時、もう少しきちんとした説明がなされていれば、気分的にも違ったのかと思います。
しかし、そういった説明も、積極的にしてくれるところと、そうでないところがあるのも事実です。病院の相談員でさえきちんとした知識があるのか疑問に思う場面は多々あります。

私自身自宅で障害者の介護をしておりますが、家族にとってかけがえのない患者でも、病院にとってはその他大勢でしかないという雰囲気はあると思います。
私はわざわざ喧嘩する気は毛頭ありませんが、クレーマーと言われようと言うべきことはきちんというし、納得いかなければ自分でも調べて、説明してもらいます。

一番大変なのは患者本人ですから、私たち家族が、大事な人のために動くのは当然のことです。
またそんな家族に対しクレーマー呼ばわりするような病院ならこちらから願い下げですね。


一般病棟と療養病棟の違いは他者様のおっしゃる通りです。

また各家庭でもその雰囲気や教育方針が違うのと同じで、病院によって、さらには同じ病院内でも病棟によって雰囲気や方針は異なるのも事実で、意思の疎通ができないうえに、必要な処置の多い療養病棟では主様のような感想を持つ方も少なくないと思います。
元気なお年寄りでさえ入院をきっかけに認知症を発症することさえ珍しくはありません。


ちなみに入院前は自宅介護なさっていたのでしょうか?
一時は退院も目前に思われたとのことですが、ゆくゆくは退院を希望されていたのですか?
普通は病院サイドから、一般病棟での治療期間の目安を説明し、自宅に戻るか、療養病棟に移って様子を見るか、また最終的に自宅に帰るのか、施設などに入るのかなどの打診があると思うのですが・・・。

主様から見て退院も視野に入れるほど回復したお母様を、療養病棟に移したのには理由があるんでしょうか?
その辺も一度確認されてみてはいかがですか?

そしてお母様が入浴できていない事実も確認済みなことでしょうか?
確かに認知症もあるお母様の勘違いということもあるかもしれませんが、脱臼されているとのことで、医師の指示により床上での清拭・足浴という処置に限定されているのかもしれませんよ。
要望に関してもきちんと対応してくれてるなら、積極的に要望して改善してもらうしかないですね。

だからと言ってスタッフが「家族ができない排泄処理を安い給料でやってあげている」なんて考えの病院なら、私でしたら早急に転院・退院を検討します^^;

最終的に自宅介護を考えていらっしゃっていて、パーキンソンの進行を心配されているのであれば、主治医に退院について相談された方がいいと思います。

質問した人からのコメント

2013/5/28 10:01:15

気持ちを察してくださり、うれしいです。
病院にクレームを言うつもりは全くありません。
救急で搬送された初めての病院で、わからないことが多く不安でした。
転棟の前に説明をしてほしかっただけなのです。
病院スタッフの方々のご多忙がよくわかるので、直接病院に質問し辛く
こちらに質問いたしました。

今後は疑問があれば率直に病院に尋ねるようにしたいと思います。
回答をしてくださった皆様、ご丁寧にありがとうございました。

「療養病棟とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nap********さん

編集あり2013/5/2715:01:19

補足
清拭は入浴の変わりです。

高齢になればなるほど、介護は難しくなるものですよ。
脱臼もそうですが、骨接などの危険な要素があります。
骨接した場合、寝たきりになる可能性もたかくなりますので注意が必要です。



一般病棟は病気や怪我の治療が目的。入院は1ヶ月前後を目途にされているようです。(医療方針が昔とは違います)
療養病棟は治療が一段落(特別に治療をしなくて良い状態)した方の施設と考えましょう。

療養病棟は主に老人保健施設とも言われていまして、特別養護老人ホームと似たような施設です。
もちろん、両社の違いは歴然とありますが、中味の違いはありません。同じです。

高齢で要介護3ぐらいですと将来の回復の度合いを含め仕方の無いことでもあります。
もっと若ければ違いもでますが・・・現実にはそんな簡単に良くなることはありえません。

2週間もお風呂に入っていないと言う本人の言葉だけを聴いて、そのことをまともに受け取る
あなた自身のレベルの低さも問題です。認知症にはよくあることです。普通ですそんなこと。
入ったことさえ忘れてしまうのが認知症なのです。特に新しい情報ほど記憶に残らないのです。

老健だろうが特養だろうが入浴をさせない施設なんかありません。100%しているはずです。
大昔の老人施設でしたらともかく、現在ではあり得ない事です。

本当にそうでしたら、他の療養者からのクレーム出ているはずですよ。その辺も考えてみることです。

誰だって家族は大切です。でも安い給料で仕事されている介護職は分け隔てなく接しているはずですし
他人の排泄処理までやってあげているのですよ。あなたはそれができますか?
個々人の性格や行動皆すべて違うのです。理解できますか?それを理解しながら仕事をされているのです。

ですので、病棟が変わったばかりではすべてが分るわけないのです。対応も時間が必要なのです。

自分で面倒を見られるというのでしたら自宅で面倒をみたら良いのです。文句を言う前に・・・・
国も自宅療養介護を目指そうとしていますから・・

安っぽいクレーマーにはなってほしくありません。看護士や介護職が絶対的に不足しているのです。
最後に、他の長期入院者などとありますが、これもやむを得ずの事情があるのです。
理由は人それぞれです。移動させたくても出来ない・・・病院側としても困っている部分なのです。

l_o********さん

2013/5/2709:58:26

骨折をされて、搬送されたって事で、急性期の病棟つまり一般病棟で
オペされたのですね。
一般病棟は、入院期間も短期(約1ヶ月前後)で、
手術や全身管理などが必要な状況のため、
濃厚な治療と看護が必要な患者さんのための病棟です。
術後の経過では、今度はリハビリなど必要になるので、
身体的急変等なければ、亜急性(療養病棟)に転棟します。
今の病院は、入院期間すら短くなっていて
常に急性期に必要な患者さんを受け入れる為にですね。
療養病棟は、急性期を過ぎて病状は比較的安定しているものの、
治癒困難な状態が続いており、
まだ治療・加療が必要な状態の患者さんのための病棟です。
療養病棟の場合は、入院期間が長期に及び1年以上になることもあります
つまり、療養病棟は、急性期の治療が終了した患者さまが対象となり、
在宅復帰等へ向けて経過観察やリハビリ・在宅復帰支援等が必要な方の病棟となります。

気づいたことは、師長に言っていいと思います。
ただ、不満があるなら他に転院することもお勧めます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる