言葉の語源

言葉の語源 あまり使われない言葉ですが 「ためつすがめつ」という言葉の語源を ご存知の方はおられますでしょうか。

日本語4,218閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

6

ためつすがめつ 【矯めつ眇めつ】 語源というほどのものはないと思います。 ためる【矯める】は、目をすえて見る。じっと見る。(他にも違う意味があります) すがめる【眇める】は、片方の目を細める。片目を細めて物を見る。 この助動詞の「つ」は、(「…つ…つ」の形で)二つの動作・作用が同時にまたは継起して行われることを表す。…たり…たりする。と言う意味。 つまり、目を据えて見たり目を細めてみたりして、四方八方しっかり良く見るといった意味です。 (-o-)/

6人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答をお寄せ頂きましてありがとうございました。日本語はなかなか面白いですね。勉強になりました。

お礼日時:2007/2/15 13:34

その他の回答(4件)

0

「ためつすがめつ」 語源は特にありません。文語の決まり文句です。 意味は、いろんな角度から良く見ようとする様子、です。 「矯む」:下二動詞。狙い見る。 「眇む」:瞳を片方に寄せて見る。 「~つ~つ」:接続助詞。完了の助動詞「つ」から生じたもの。動詞の連用形について動作の並列・継起することを表します。「~したり~したりする」の意味です。 <田子>

0

古語辞典にありました。 「矯めつ眇めつ」──あちこちからよく見るさま。 用例;浄瑠璃・「女楠」・近松門左衛門「ためつすがめつ、見れば見るほど疑ひもなき我が子」 「矯め見る」─いろいろの角度から注意して見る。 「眇める」─片目を細めてねらい見る。 「つ」接続助詞。「─つ─つ」の形で並列の意味を表す。 強いて語源というものはありません。

0

ためつすがめつ 【矯めつ▼眇めつ】 (連語) 〔動詞「たむ」「すがむ」の連用形に完了の助動詞「つ」が付いたもの〕いろいろな方からよく見るさま。とみこうみ。 「―して見る」 ・・・・・・・・・・・・だそうです。(goo辞書より)