ここから本文です

アメリカでのインターンシップ(2週間)実施時のビザ取得の必要性について

korea10301031さん

2013/5/2820:12:03

アメリカでのインターンシップ(2週間)実施時のビザ取得の必要性について

今年の8月~9月の2週間で、アメリカに2週間インターンシップに行く予定です。
いま、大学院生です。
特にエージェントは介さず、個人的知り合いの企業に無給でインターンシップに行きます。

この場合、ビザの取得は必要なのでしょうか?
いろいろみていて、J-1ビザが必要なのかな・・とも思いましたが、よくわからないのと、取得する場合、その手続きはどのように行ったらよいのかわからず、質問させていただきました。

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
754
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

shinshujin11さん

編集あり2013/5/2908:17:03

それは、その2週間で実質的に何ををするか?によります。
バリバリ実務参加型の研修なら、短期無給でもJ1が必要です。
他方、、、国務省のビザ運用マニュアルにあるように、、、
------
9 FAM 41.31 N10.4-2 Business or Other Professional or Vocational Activities
(CT:VISA-701; 02-15-2005)
An alien who is coming to the United States merely and exclusively to observe the conduct of business or other professional or vocational activity may be classified B-1, provided the alien pays for his or her own expenses. However, aliens, often students, who seek to gain practical experience through on-the-job training or clerkships must qualify under INA 101(a)(15)(H) or (L), or when an appropriate exchange visitors program exists (J).
-----

実務に参加しない見学タイプの研修であれば、B1ビザで良いと書かれていて、さらに、90日以内であれば、日本国籍の人の場合にはビザ免除つまりESTA入国で良いです。ビザ免除入国の目的はBビザの取得目的に準じます。

J1をとるとなれば、その時間的金銭的コストが2週間の研修に見合うものかどうか?です。民間企業は通常はJ1のスポンサーにはなれないので、スポンサーは国務省認定の第三者機関です。そのスポンサーに研修内容を認定してもらってDS-2019を発行してもらわなければなりません。
J1 Internカテゴリーになると思いますが、専攻と研修職種が深く関連していること、企業のほうは従業員数や規模に応じて監査が入ります。
http://j1visa.state.gov/programs/intern/#program-sponsors

http://j1visa.state.gov/participants/how-to-apply/sponsor-search/?p...
エージェントが介入すれば、エージェントがスポンサー団体を見つけてDS-2019を発行してくれますが、エージェントなしなら、それは自分でやらなければなりません。当該企業での研修のためにDS-2019の発行をしてくれる団体を上のリストから見つけて、研修内容を査定してDS-2019を発行してもらいます。数十万円かかります。場合によっては当該企業の査察が必要なので、その場合を考慮し、その企業の場所に近いところに事務所を持つ団体に依頼すれば査察のための旅費が不用で、少し安くなるかもしれません。
そしたら、そのDS-2019を根拠に、日本のアメリカ大使館あるいは領事館にてJ1ビザ申請を開始し、面接で合格ならビザ発行し、渡米できます。
ただ、DS-2019発行に2ヶ月から半年かかりますので、今からスポンサー選びしていて間に合うか?というと、かなり難しいです。

それと、大使館に問い合わせることも可能ですが、一般論しか答えませんし、無給インターンシップと言えば、J1とってください、詳細はホームページ参照のことって言われるだけですよ、、、、まあ、今は無料なので問い合わせてみても良いと思います。

ですので、正攻法でJ1は、その企業がJ1の受け入れに相当慣れていれば8月までの実現可能性高いですが、そうでない場合には、実務に参加しないタイプの研修にしてビザ免除で渡米されるのが現実的だと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hawaiinavi53さん

2013/5/3117:30:22

こんにちは

実は無給でもアメリカで仕事、研修をする場合はJ1ビザが必要です。

が、ほとんどの場合は3か月以内であれば観光ビザ、ESTAを取得し渡米することが多いです。

短期間の場合J1を取れないかもしれないリスクと金額、将来の事を視野に入れると観光ビザで入国した方がいいという考えの方々もいるのでしょう。

ただし、これはアメリカの法的にはNGです。

ただ無給ですからね。

このあたりはグレーゾーンです。
友人の店に遊びがてら手伝いをしていますとでも答えれば給与がないであれば大丈夫
という方もいるようです。

ご自身で決定されればいいかと思いますが、法に触れるということは覚えておいた方がいいでしょう。

でもそのような方は多くいらっしゃいますし、サポートをする会社も多数ございます。

2013/5/2901:01:20

アメリカのビザのことで分からないことがある場合は、アメリカ大使館に聞くのが一番いいと思います。
ビザは個人個人の状況で変わり、他人の状況や過去の取得実績が当てはまらないことが多いです。

ビザが免除されるビザ免除プログラムは、一定の条件を満たした人だけが対象です。
観光やビジネスが目的で、往復の航空券を持っている人など。
勤務をするとなるとビザが必要かもしれませんが、ただ単に企業の視察をするだけでしたらビザもいらないんじゃないかと思います。
アメリカ大使館のビザ免除プログラムとビザの情報のページを見て、まずはご自身の渡航計画に当てはまるかどうかの確認から開始されるとよいと思います。ビザ取得が必要な場合も、大使館のページで申請方法が書いているので、その通りの書類の準備で可能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。