ここから本文です

緊急です!自筆遺言書作成について

eri********さん

2007/2/1506:18:28

緊急です!自筆遺言書作成について

私には2人(長男・長女)子供がおります。
何かの為にと生命保険を掛けております。
それぞれ5割づつの相続にしており、指定代理請求人は長男(現在11歳)です。
死亡保険金は3500万円ですが、相続税でそれぞれ幾ら引かれますか?
また、一個人に現在150万円をお借りしております。
勿論子供達はこの分も相続しなければいけないと思います。
この場合、長男がその債務を相続し支払う様にしたいと思います。
遺言書にそのまま書いて問題はありませんでしょうか?
長男が成人するまでに私が死亡した場合、誰に指定代理請求人を頼めば良いのでしょうか?
ややこしい質問で御免なさい!宜しくお願い致します。

補足相手からは、きちんと受け取り人が債務を払うと一筆書いて貰う様に言われております。
これは子供に書かせると言う事でしょうか?
債権者様は相続破棄出来ない様に言われているのですね・・・。
どの様に作成すれば一番良いか教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

閲覧数:
925
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

編集あり2007/2/1507:00:08

まず、生命保険金は遺産にはならないので、遺言書では処理できません。あなたの死後の保険金については、保険会社と協議してその協議の結果を保険会社に申告しておく必要があります。明確な意思表示がされていれば、死後その内容に従い、保険会社は保険金を処理します。

150万円の債務については、不利益な相続となりますので、たとえ遺言書に長男が相続する旨記載されていても、長男の意思で相続放棄(遺産全て)されると、その債務を含めた全遺産は、長女に相続されます。勿論長女も放棄すれば、あなたに一番近い親類・・・と巡って行きます。遺言書に記載するのは構いませんが、遺産放棄という手段もあり得るということを覚えておいて下さい。

指定代理請求人は、長男として登録してあれば、長男が未成年である間、あなたの死後、裁判所により選任された新たな親権者が長男に代わって、請求されることとなると思われます。但し、死亡保険金は受取人として登録されている人であれば、指定代理請求人を通す必要はなく、直接請求できます。指定代理請求は、あなたの入院・通院保険やその他特約の保険料等の死亡保険金以外の受け取り手続きを行います。

ちなみに、相続放棄しても生命保険金は受け取れます。

死亡保険金の税金については、保険料の負担者や名義人によって所得税・相続税・贈与税の何れかとなります。http://www.taxanser.nta.go.jp/1750.htmで詳しく説明されていますのでご覧下さい。

補足
 債権者ならもっともな意見ですね。なら、債務者=あなた、債務者が死亡した場合限定の連帯保証人=長男と、指定した新たな契約書を作成した方が良いでしょう。連帯保証人である限り、相続とは別の話なので、相続放棄しても連帯保証で借金を支払う義務は残ります。ただ、若いお子様を150万円の保証人にするのも酷です。できる限り早く完済しておいた方がいいですよ。あなたの死後、債務者は何を言ってくるのか分かりませんから、必ず契約書を取り交わして明確な証拠を確保して下さい。支払期日、利息等明文化して下さい。たとえば無利息で借りてもあなたの死後、利息は年14.5%とか言い出すかも知れません。借金は厄介なトラブルを生みます。失礼な言い方ですが「死人に口なし」です。死後、お子様を守れるのは遺言書などの文書だけです。遺言書は欲を言えば、信頼できる弁護士等に預けたり、公正証書にするのがお薦めです。慎重にやってあげて下さい。

質問した人からのコメント

2007/2/18 18:29:45

成功 詳しく丁寧な御回答ありがとう御座いました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる