ここから本文です

「E6系 甲種輸送」を検索してたら、「過去にぶつけた」とか「接触事故」とか出てき...

ke2********さん

2013/6/112:44:54

「E6系 甲種輸送」を検索してたら、「過去にぶつけた」とか「接触事故」とか出てきました。そんな事故があったんですか? 甲種輸送を見損なった今、こっちの方が気になってます。

閲覧数:
4,406
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fra********さん

2013/6/116:08:13

11年前に秋田新幹線用のE3系増備車の甲種輸送中に起きたものです。概要は文末に当時の通信社報を引用しておきます。

ミニ新幹線の車両は、JR在来線の車両限界を少しはみ出す部分があり(甲種輸送等の貨物輸送では許容される範囲内)、その部分が甲種輸送中に一部の駅でホームの端と接触したというアクシデントです。

ただ、ほどなく甲種輸送は再開されており、別に今回のE6系輸送で復活したわけではありません。山形・秋田両新幹線の車両数は少ないので、新車納入自体がたまにしかなく、甲種輸送の機会も少ないので目立たないだけですよ。


<事故の報道>

2002/10/10配信 時事通信

「秋田新幹線新型車両に傷=ホームとの幅確認せず搬送-JR西日本 」

秋田新幹線「こまち」の新型車両を神戸から秋田へ貨物列車に連結して搬送する際、通過した北陸線3駅で新型車両がホームに接触したことが10日、明らかになった。JR西日本金沢支社が発表した。新型車両が通常の在来線車両より一回り大きく、ホームとの幅が最小で5ミリしかないことを確認せずに運行したことが原因だった。
同支社によると、新型車両は6日午前、兵庫駅を出発し、7日午後1時前に秋田駅に到着。搬送中、北陸線3駅の通過前後に異音を感じ、秋田駅到着後に車両下部を覆うアルミ製カバー135枚中82枚にこすり傷を確認した。北陸線の南条駅(福井県南条町)、王子保駅(福井県武生市)、水橋駅(富山市)のホームで接触の塗料の跡が見つかった。

質問した人からのコメント

2013/6/1 18:36:25

降参 20年間程「休鉄状態」だったので、こんな事故があったなんて全く知りませんでした。これで息子に自慢出来ます。記事まで添付していただいたのでBAとさせていただきます。ありがとうございました。

あと最初に回答してくれた「なんとか2003」さん、取り敢えず疑ってみるって発想はどうかと思います。『カテゴリーマスター』の肩書が汚れますよ。





ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2013/6/116:07:40

2002年10月、E3系を神戸から秋田へ甲種輸送していた際に、北陸本線の3駅でホームに接触した事故です。

輸送中、北陸本線内で異音を感じ、秋田到着後に車体下部のアルミ製カバーにこすり傷を確認したそうです。
改めて調査したところ北陸本線の南条・王子保・水橋の3駅のホームで、接触した時に付いたと思われる塗料の跡が見つかりました。
その後、JR西日本金沢支社が発表した調査結果によると、E3系が通常の在来線の車両より一回り大きく、ホームとの幅が最小で5mmしかないことを確認せずに運行したことが原因だった(時事通信)とのことです。

ken********さん

2013/6/113:52:14

釣りですか? 暇ですね。

まあ、真面目に応えるとE3系の甲種輸送時の事故について書いてあるのだと思います。

新幹線と在来線のゲージが異なる事と同じぐらい有名な常識だと思いますけど。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる