ここから本文です

例えば憲法9条を改正・加憲するとしたら、どのような改正・加憲草案なら過半数以上...

mga********さん

2013/6/317:50:06

例えば憲法9条を改正・加憲するとしたら、どのような改正・加憲草案なら過半数以上の国民に受け入れられると思いますか?
私は9条1項2項は侵略戦争をしない。またそれらを目的とした威嚇をせず

武力を一切持たないと解釈しています。だから自国防衛のみの自衛隊が存在しているのだと思っています!
私は新たに3項4項と加え、国民の生命と国の主権を守る事を目的とした自衛隊もしくは自衛軍の保持を明記し、活動出来る範囲や個別的・集団的自衛権、文民統制などを法律の様に細かく明記すればいいのでは?と思います。ちなみに徴兵制を実施しないも明記すべきです!現代の兵器はあらゆる教育と訓練を受けたプロでしか扱えないと思うので、徴兵してもプロに育てるのには長い期間とお金がかかり、また民間の労働者が減り経済的にも良くありません。仮に大規模な侵略を受けて国家の存続がかかった時は、抵抗軍として参加してくれる国民に武器を渡せばいいと思います。
話がそれましたが、憲法を拡大解釈出来るのは極めて危険だと思います。100年先にどうなるかとかも考える必要があると思うので、拡大解釈出来ない様に法律の様に明記すべきだと思います。
ちなみに私が9条を改正・加憲すべきと考えるのは、現在の専守防衛にあります。つまり自衛官が重いパンチを何発かくらってから、軽いビンタを一発お返ししましょうってことですよね?今はボタン1つで攻撃出
来る時代なのに、一発でもくらったら反撃なんて出来ませんよ!多数の犠牲者が出てからなんてそんなのおかしいと思います。
戦勝国が作った憲法だからとかそういう問題じゃないと思います。良い物は良いと思います。憲法9条改正に反対してる先生方は、議論すら許されないみたいに言ってますが、議会とは議論する場所ではないんですか?議論に参加して反対の立場を表明した方が説得力あると思います。過去の戦争による反省を踏まえて今の安全保障を考えていかないと、感情論ばかりでは将来の平和はないと思います。最近の多数メディアの報道は改正はけしからんみたいに聞こえますが、日本は言論の自由が保証されているのだから改正すべきと言う考えにももっと耳を傾けるべきです!
タブーなして国民的議論をして欲しいと願います!

補足自衛隊の合憲は統治行為論から出てきたもので、今の憲法9条から一歩踏み込んだ活動が出来る法律はこれ以上不可能だと思います。時の国際情勢の変化に合わせ9条を解釈するのにも限界がありますし、融通がきく状態にしておくのは危険だと思います!自衛の為の戦争が侵略戦争にならない様に、他国で活動出来る範囲と規模を明記し、活動期間や出動の可否は国会の決議で決めればいいと思います。

閲覧数:
576
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

2013/6/319:15:15

現在の憲法9条とは1928年のパリ不戦条約の明文化に過ぎません。
良く勘違いされる人がいますが、今の憲法9条とは「自衛戦争のみを認め、その為に再軍備可能な条文」です。
だから憲法66条の第二項に「文民」が明記された。
ところが朝鮮戦争への出兵を断る為に、憲法9条第二項に書かれた軍の不保持を、拡大解釈して自衛戦争でも軍を保持しないと自民党が自分勝手に解釈したのが問題であり、その時に集団的自衛権も否定するのです。

だから現行憲法下でも「先制的自衛権」の行使は認められていて、明らかに敵に攻撃される場合は、先に相手を攻撃できます。

専守防衛下の敵地攻撃能力をめぐって(防衛省研究所>防衛省)
http://www.nids.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j8_4.pdf
> 1956年の鳩山一郎首相の答弁で明らかにされているように、「他に適当な手段のない場合」においては、「座して死を待つ」のではなく、一定の制限のもとで攻撃的行動を行うことは現行憲法下でも認められていると理解されている。

「予防的先制攻撃」と「自衛的先制攻撃」の違いを理解していない小池百合子元防衛相
http://obiekt.seesaa.net/article/121650284.html

従って、これらの事情から考えれば、自民党が拡大解釈した「軍の不保持」を正せば良く、私は以下の修正なら国民の過半数どころか、国会議員の3分の2以上の賛成を楽勝で得られると思う。

その改正とは、憲法9条の第二項または第三項を追加して、「自衛戦争のみを認め、その為に必要な軍を保持する」と明記するだけの改正ならば、必ず憲法改正は可能だと思う。

しかも国際社会が認めるのも「自衛戦争」だけであり、それは国連憲章51条に明確に書かれている。

先の1928年パリ不戦条約を踏まえて、国連憲章51条は書かれたのであり、『自衛戦争のみ限定で認める』『自衛戦争の為に限定で軍の保持を認める』という条件の改正であれば、憲法9条の改正は必ず成立すると思う。

ただし自民党の様に【公の秩序】を維持する為に【国民に銃を向ける軍隊】であり、しかも【制裁行動として戦争が可能】な自衛権以外で活動できる【国防軍】という考えや、産経新聞の様に憲法9条第一項をないがしろにする(つまり自衛権の範疇を超える)ような軍隊を持つ憲法【改悪】の場合は、如何なる理由があろうとも絶対に反対すると思う。

質問した人からのコメント

2013/6/5 18:15:29

よく勉強されてますね!有意義な御意見ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mat********さん

編集あり2013/6/508:31:58

自分はついこの間まで9条は現状に合っていないのでそこだけ改正したほうがいいと思ってましたが、現実問題、解釈憲法がこれだけ盛んだと、仮に9条に自衛権を入れただけでも米国のように自衛の名目で侵略戦争しそうな気がします。


解釈できないよう細かくすればと言うことですが、憲法はある程度融通が利かないと社会のいろいろな変化についていけない場合もあると思います。自衛権は最高裁で「合憲」となっているのですから、憲法はこのままにして法律で対応したほうがいいのでは?と思います。


ちなみに自民党は民主主義をやめて戦前の大日本帝国憲法のようにしたがっています。

9条改正は自衛のためのように言っていますが実際はアメリカの侵略戦争に加担できるようになるためです。また96条改正は9条改正のためと言っていますが、ゆくゆくは憲法全部を変えるためだと思います。

自民党の改憲草案は本当に酷いです。国民主権(国民の主権がなくなって天皇主権です。政治に宗教も入ってきます)、平和主義(自衛以上の制裁措置もできるので解釈次第では侵略戦争もできますし、警察の代わりに軍隊が治安維持できるようになっています)、基本的人権の尊重(本来もともと持っている人権を、国から与えられる人権にすり替えています。集会、結社、言論の自由、その他基本的人権も政府によって制限されるので法律によって人権剥奪できます)、ぱっと見た感じわかりにくいですが完全に骨抜きです。もはや民主主義ではありません。

自民党憲法改正案の諸問題点のまとめ(小海キリスト教会牧師所感より)
http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20130107/p1
そもそも憲法とはなにか?(小海キリスト教会牧師所感より)
http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20091214/p1
2012年版憲法改正案批判(1~3)
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1096.html
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1095.html
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-910.html
自民党改憲案超口語訳他
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-category-3.html
自民党憲法改正案の本質(森永卓郎)
http://www.magazine9.jp/morinaga/120523/
「自由民主党「日本国憲法改正草案」について」(伊藤真)
http://www.jicl.jp/jimukyoku/images/20130131.pdf
日本国憲法は押しつけなのか?(伊藤真)
http://www.magazine9.jp/juku/043/043.html
その他の記事より
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/69716
http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/002680.php
96条の定める改憲手続きについて(伊藤真)
http://www.magazine9.jp/juku/033/index.html
憲法が憲法であるための96条(小海キリスト教会牧師所感より)
http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20130506/p1
その他96条関連
http://www.jicl.jp/urabe/backnumber/20130509.html


自民党に乗せられて憲法を変えていけば、また戦時中のような酷い社会になりかねません。こんな改憲案を与党で衆院多数派が作っている以上、改憲そのものが大変危険だと思います。

参院選では改憲派以外の政党に入れてほしいです。棄権や白票だとこの前の衆院選みたいに有効投票率の低い中、自民票の割合が増えて改憲発議できてしまいます。


9条96条改正について過去の回答ですがこちらもどうぞ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310770971...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110758860...

sdp********さん

2013/6/318:38:52

反撃ではなく、先制攻撃でもなく、初期の段階では迎撃だけを目指すとしたいです。その後、連続攻撃を続けるなら、発射点のみの反撃を目指したいです。本格的な戦争にならない工夫は常に必要だと思います。この場合で必要な法整備があるのなら、その議論は必要だと思います。米軍との協力については、米軍基地は国内であれば、迎撃で協力する事は現行法でも可能だと思います。

min********さん

2013/6/317:58:12

安倍氏が良く言っていたのは、憲法9条があるのに、自衛隊があるという日本の自己矛盾を解消したいってことですね。

今のところは、自衛するための組織だから、憲法違反には当たらないっていうのが政府の見解だけど、やっぱり反日勢力や中・韓は、昔はよくソコを突いてきていたからね。

大体寝た子を起こすのが中韓なんだよ。

自衛隊はおかしいとか言うから、じゃあ、日本の国防のために、憲法を変えましょうってなる。

だってさ、憲法を死守して命投げ出す馬鹿いないでしょ。

狂人が刃物持って、狂った目ぇして、いくら「お前に身を守る権利はない!」とか言ってもね。

わかりましたっておとなしく殺されるヤツはいないわ。

うさぎだって反撃するわ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる