ここから本文です

DeNAの育成選手にモスカテルという外国人捕手がいますが、日本のプロ野球で外国人...

mry********さん

2013/6/507:41:20

DeNAの育成選手にモスカテルという外国人捕手がいますが、日本のプロ野球で外国人捕手というのは珍しいのですか?

閲覧数:
396
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mei********さん

2013/6/508:03:44

非常に珍しいです
そもそも日本と外国では配球が違いますので
配球を覚える所からしないといけないので少ないですね
それと投手とのコミニケーションも取りづらい所もありますね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dot********さん

2013/6/911:50:47

コミュニケーションの問題だと思います。

ちなみに、オリックスの「ロッティーノ」が外野手登録で捕手も非常事態ではできるそうです。2009年WBC大会では捕手で出場したそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E...

プロフィール画像

カテゴリマスター

tco********さん

2013/6/510:46:08

言葉、コミュニケーションの問題で大変珍しいです。
これまで成功した外国人捕手は、MVP1回、本塁打王1回獲得したバッキー・ハリス(イーグルス)、ベストナイン2回獲得したチャーリー・ルイス(毎日)の2名位です。

ギャレット(広島)やディアズ(ロッテ)のように捕手経験があり、
実際に数試合捕手で出場した経歴の選手はまだいますが、
捕手専門の選手は殆どいません。

専門で来たのはハリス(名古屋)やレッカ(ユニオンズ)くらい。
本当に”職業野球”とプロ野球草創期に来て以来ですかねぇ。

中日のブルペンにはルイス・フランシスというドミニカ人の捕手がおり、
同じドミニカンの投手の練習相手、ベンチでは通訳としても活躍しています。

他のポジション以上に言語の壁が厚く、コミュニケーションを取るのが難しく
わざわざ日本語を学んでプロ野球でプレーしようという選手はあまりいないので、
絶対数はとても少ないのです。

elf********さん

2013/6/510:05:50

珍しいですね、捕手は特にあらゆる投手とのコミュニケーションが大事なので、言語の壁がある外国人が担うには難しいポジションです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418437119

過去質問に、歴代NPB外国人捕手に関する質問がありましたのでこれも参考にしてみてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる