ここから本文です

扶養範囲内の年収130万を超えてしまった場合について教えてください。

ohisamanoyoniwaratteiyouさん

2013/6/614:20:09

扶養範囲内の年収130万を超えてしまった場合について教えてください。

H24年度の給与所得が150万になってしまいました。

会社から「ひっかかっちゃうね」とだけ言われました。

自分で時間調整してやっていたつもりでしたが ありがたいことに パートでも賞与が2回ありまして・・・その分で超えてしまいました。
現在 雇用保険と所得税はひかれています。
今月から住民税が天引きになるようです。

旦那の住民税もUPしてしまうようです。

昨年12月に旦那に届いた 「健康保険被扶養者□再確認調査票」には 現在も被扶養者に該当するに○をつけました。
もっときっちり 計算して調整すればよかったと後悔していますが・・・

一度オーバーすると扶養には戻れないんでしょうか?
また、後から何か支払うものが発生しますか?(もちろん住民税はしかたないとして・・・)

総務のかたにきいても「わからない、自分でどこかに相談して」と言われて終わりでした。
ネットで調べてみましたが言葉が難しく 理解に苦しみます。
どなたか 詳しい方教えてください。
また このような相談はどこに相談できるんでしょうか?

補足回答ありがとうございます。
旦那の年末調整みると 扶養配偶者はナシ(子供の名前だけ) で特別配偶者控除欄にも金額は載っていません。

閲覧数:
434,888
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/6/615:32:51

「給与所得が150万円」って、扶養には一切該当しませんよ。所得が150万円だろうと130万円だろうと扶養には入れません。「ひっかかっちゃうね」どころではありません。大幅オーバーです。
今すぐ再確認を。収入と所得は違います。
収入であれば、たまたま130万円を越えてしまった場合は、今すぐに扶養をはずす等の手続きはしなくて良いです。
パートで賞与が出ないはずが、出てしまったのであれば、仕方ありません。今後気をつけていただければよいでしょう。
今年もすでに越える見込み(月収108,333円を越える、賞与含む)であれば、本日付でかまいませんので、旦那さんの会社に保険証を返し扶養をはずす手続きをしてもらい、あなたは、会社の社会保険の加入条件に該当するのであれば、社会保険に加入させてもらい、給与より健康保険、厚生年金の天引きをしてもらいましょう。社会保険の加入条件に該当しない場合は個人で、国民健康保険、国民年金に加入することになります。
一度オーバーしたからといって扶養に戻れないものではありません。該当する条件になればいつでも扶養になれます。
4月は11万円の給与、5月は8万の給与、6月は、、、と月々収入が大幅に違っていてもその月々で手続きをするわけでもありません。健康保険、厚生年金については将来に向かって見込み額によって判断します。今後も収入が増えそうであれば手続きをしてください。

ご主人の会社で行ったご主人の年末調整はどのようになっていますか。配偶者特別控除の適用を受けているようであれば、年末調整のやり直し又は確定申告が必要になります。たぶん8月から9月ごろ税務署より旦那さんの会社に連絡が行くはずです。(連絡時期は未定)その場合は、3年分の収入がわかるものを提出しなければいけません。お手元にご主人の源泉徴収票があれば「配偶者特別控除額」欄を確認してください。金額が載っているのであれば修正が必要です(追納)。旦那さんの源泉徴収票とあなたの源泉徴収票、印鑑、通帳をもって税務署にご相談を。確定申告ができます。

<補足より>
源泉徴収票の記載が無いのであれば、特に手続きは必要ないでしょう。
他の方で、所得150万、所得103万などと所得としていますが、これは違います。所得税法上の扶養の範囲は「所得」38万円で判断します。
健康保険、厚生年金では「収入」130万円未満です。
収入と所得とでは大きく違いますので、ご注意ください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「130万 超えたら」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2013/6/616:17:15

雇用保険、所得税、住民税は、あなたの所得に応じて納付するものなので、無視します。

健康保険上の扶養の範囲と、所得税法上の扶養の範囲で異なります。

健康保険上の扶養家族は、あなたの所得が130万円以下です。
今回、130万円を超えていますから、ご主人の扶養から外れて、ご自身で健康保険に加入することになります。
会社で加入できるのであれば会社で加入することになりますが、質問の内容からでは加入できないようなので、国民健康保険に加入しなければばりません。

手続きにいる書類、掛け金は、各自治体によりことなるので、HPで調べるか、役所に問い合わせて下さい。
また、ご主人の健保から脱退の手続きがあるので、必要書類は、ご主人の会社の指示に従って下さい。

次に、所得税上の配偶者控除は、あなたの所得が103万円以下です。
H24年あなたの所得が150万円で、ご主人が年末調整で、配偶者控除を受けている場合、控除がありませんので、ご主人が確定申告しなければなりません。
もし、確定申告していれば、修正申告になります。
納付額は、アバウトですが、所得税と住民税合わせて配偶者控除38円の10%程度になります。

所得税と住民税は、国と自治体とに納付の時期がズレますので、ご注意して下さい。

また、H25年も扶養控除ありで申請している場合は、H25年の年末調整で扶養控除なしで申告することになるかもわかりません。
今、提出している申告書は、配偶者の所得見込みで申告しているので、年間所得が103万円を超えた時点で、調整します。

最後に、健康保険上の扶養からはずれるということは、国民年金にも加入することになります。
扶養に入っている時は、第3号被保険者になり、保険料を支払わなくても、国民年金に加入していることになっています。
国民年金加入の手続きも、市役所で行うことができます。
国民年金の保険料は、月15,040円です。

【補足について】
所得税、住民税は問題ありませんので、国保と国民年金に早く加入して下さい。

koori999さん

編集あり2013/6/615:48:34

社保、年金の扶養も超えているし、配偶者特別控除からも外れています。

至急、保険証をご主人の会社に返してご自身で国保、国民年金に加入することになります。
税金上の扶養からも外れていますので、こちらもご主人の昨年の源泉徴収票とあなたの昨年の源泉徴収票をもって、税務署に言って修正申告をしてください。役所にも住民税の修正をした方がいいでしょう。できるなら差額は直接支払えるよう交渉してみてください。
それらが認められたらおそらく会社にご主人の追徴課税などの連絡はいかないとは思うのですが、このままほっておけばおそらくご主人の会社に修正申告の連絡が行き、社保の扶養からも外れることになります。最悪の場合24年の1月まで扶養を外れることに理国保等もそこまで遡及で支払いが発生してしまいます。

再度扶養になれるかどうか、それがいつからかということは、ご主人の会社(の所属する保険組合)の規定によります。その規定に再度当てはまる状態と証明できた時点から再度扶養という事になります。

補足について:配偶者特別控除無しなのに、社保の扶養になっているという時点でかなり担当としてはいい加減だなぁと想像します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。