離婚理由になりますか? 法律や離婚問題に詳しい方に相談です。 息子が3日の夜から熱を出して、昨夜まで毎晩39度5分、その度座薬を入れて下げています。 もう6日間になります。 その間病院も

離婚理由になりますか? 法律や離婚問題に詳しい方に相談です。 息子が3日の夜から熱を出して、昨夜まで毎晩39度5分、その度座薬を入れて下げています。 もう6日間になります。 その間病院も 3箇所行きましたが、原因は分からず、どの先生にも今日まででしょうと言われて、ちょっとホッとして帰ってもまた夜39度5分。 心配で可哀想で、私も看病でほとんど眠れず、この6日間旦那は毎晩飲んで帰ったり、一度も息子の顔すら見ていません。 心配だから、まっすぐ帰ってねと言った次の日も、12時に帰宅。 座薬暴れて刺せないから早く帰ってとメールしても、「がんば」と他人事みたいなメールしかしてきません。 金曜日12時に旦那が帰宅してから、息子を無理矢理起こして座薬を入れて、座薬も刺せないなんて情けない、俺に甘えるな!自分で看病くらいできないの?と言われました。 私は頭にきて、二人の子でしょう?心配じゃないの?と言いました。 心配だから、「がんば」ってメールもしたし、座薬も入れてあげたと。 その時、言うタイミングを掴めず、黙っていた300万旦那の口座に勝手に送金されていた事も聞いてみました。 私が管理している息子の学費や繰り上げ返済の為に貯めていた口座から旦那の口座に3月から5月にかけて100万円づつ3回送金されていた事を聞いてみました。 併せて、以前帰省する為の旅費を安くしようとANAの株を買う予定で150万預けていたお金ももうないと。 合計450万、一体どうしたのか聞いても、俺が稼いだ金をどう使おうが、言う筋合いはないと居直る。 私の父が旦那の仕事に関係している為、父に言うよ?と言うと態度を変えて、次の日スキミングされたとメールしてきました。 スキミングされた額も何度聞いてもうやむやにされ、450万全額スキミングされたって事?と聞くと、株を私名義で買った分もあると。 私はいつどの銘柄の株を私名義で買っていたのか全く知りませんでした。 家族のお金を妻に相談もなしに、勝手に300万も旦那の口座に送金するのは、腹立たしいですが合法だとは思いますが、いくら妻とは言え、私に何も伝えず勝手に名義を使用して株を買うというのは違法行為じゃないの?と言っても合法に決まってるだろと悪びれる様子もありません。 旦那は度々消費者金融で借り入れしており、利用明細書も度々目にしていました。 私は本当にそういうのは嫌いだからやめてね、ちゃんと返したの?と聞くと返したと言うので、一応信じていましたが、450万は一部本当にスキミングがあったとしても、借り入れが雪だるま式に膨らんだと思っています。 旦那は、今回の事以外にも酒乱で、結婚前に障害で逮捕されていたり、お酒の不祥事は数えきれない程あり、念書も何枚も書いてもらいました。 キャバクラの名刺が何枚も見つかり、使用済みの精力剤も見つけた事もあります。(数年夫婦生活は皆無) 長く心療内科にかかっており、薬を複数服用しており、薬が切れて暴力を受けた事もあります。 家事育児協力は一切なし。 こんな人ですが、有名な証券会社で働いています。 だから私に何も言わずに株を買うなんて事ができたのだと思います。 以上の理由は離婚理由として認めてもらえるのでしょうか? 3歳の子供がいるので思い留まっていましたが、私が泣いてばかりいてまともに育児が出来なくなってきたので、踏み切ろうと思っています。 また現在専業主婦ですが、親権はとれるのでしょうか。 子供と離れるくらいなら、この生活を耐えるつもりでいます。 乱文失礼致しました。 知恵を貸して下さい。 よろしくお願いします。

補足

皆様温かくいろいろ教えていただき、本当にありがとうございます。 旦那の気持ちについて触れさせてもらいますと、旦那は離婚するつもりは更紗ないと言って全く取り合ってもくれません。 離婚するなら、子供は置いていけと言います。 言葉や行動には全く出ませんが、子供の事は相当愛していると思います。 私と離婚しないのも、自分みたいな人間に着いてこれるのは私くらいだと思っているようです。 でも私はもうこれ以上関わってボロボロになりたくありません。 上記の内容で相手に合意がなくても離婚できるのか知りたいです。 今週中に相談できる機関に行くつもりでいます。

家族関係の悩み2,094閲覧

ベストアンサー

0

生活に支障があるほどの借金を抱えたりしていては、離婚理由としても認められる可能性が高くなりますけどね。そうでなくても、貯金が無いなど、あなた自身の将来の生活が不安視されることや、暴力等々も挙げると良いでしょう。嘘もそうですし、念書も使えるでしょう。 要は、細かい事の積み重ねですよ。一つ一つは弱いけど、それが100や1000もあれば、立派な理由にもなるのです。日記を付けていますか? 被害状況をまとめた資料は必要ですよ。日記は裁判で証拠にもなるんです。今からでも、日記をきちんと付けてください。それと、ある程度のお金はあなたの管理下に置いた方が良いです。お子様の教育資金等も必要ですよね。無くなる恐れもあるというのも離婚理由の一つになるでしょう。 離婚は、原則は当事者同士の合意により成立させます。9割以上の夫婦はそうやって離婚しています。裁判なんてかなり少数派なんですよ。 あなたの場合、御実家を頼ることは可能ですか? 可能であるなら、もう疲れたとでも言って、御実家にお子様を連れて帰ることをお薦め致します。一応、念のために別居の合意書を交わすとか、せめて別居することをメールでやり取りするなどして、合意があったことを証明できるようにしておいた方が良いですよ。理由等はうまくこじつければ良いです。ボイスレコーダーも買っておいた方が良いと思います。会話を録音しておくだけでも一応別居の話は合意があったと見なせるものがあれば、無いよりマシです。相手が合意無く出て行ったと主張しても、それを覆せるものがあれば違いますよね。 で、なぜ別居かというと、親権を確保するのに一番有効な手段だからです。別居している場合の親権は、9割方、99%くらいの確率で、子供の面倒を見ている親に認められるのです。これほど手堅く親権を得る方法は他には無いと思いますよ。まあ、御主人が親権は要らないと言えばそれまでなんですけどね。念のために別居して親権を確保した方がいいんじゃありませんか? 別居したら、婚姻費用(生活費+養育費)を請求できます。家賃や光熱費、食費等の生活費に、学費等も含めた全ての費用となりますが、当事者間で合意できればその金額、合意できないなら裁判所の算定表に基づく金額ですね。 婚姻費用の裁判所算定表に基づく計算(税・ボーナス込み年収で計算する) http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2wfspcal.html 婚姻費用分担請求調停 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_03/ 上記にて、いくらもらえるか計算してみてください。ほぼ手堅く認められますよ。ただ、請求する前の分までは認められないので、別居したらすぐに請求して、金額に納得が行かないor払ってくれないなら、すぐに上記の調停を申し立ててください。調停費用は総額でも3000円程度で済みます。 離婚後は養育費のみになるので、金額が減りますが、別居から離婚成立までの間は、婚姻費用としてあなたの生活費も含めた金額をもらえます。法的義務です。 なお、別居前に、御主人の口座情報や会社情報等は押さえておいてください。年収を証明できる源泉徴収票や、通帳等のコピーも取っておくと良いです。デジカメで撮影するだけでも良いですよ。通帳は表紙と中身の両方を確保してください。勤務先も、将来も含めた給与の差し押さえをするには必要ですので、何か証明できるものなどあれば、コピーするなり写真に撮るなりしてください。勤務先がわからないと、給与の差し押さえはできません。 お金も確保した上で出て行った方が良いですね。 まずは別居と婚姻費用を確定させ、その次に離婚調停でしょうか。婚姻費用の調停を起こした時点で、離婚調停も並行して起こしても構いません。どちらも本籍地の役所から戸籍謄本全部事項証明書を取り寄せる必要がありますので、1回で2通取っておくと良いでしょう。 相手が離婚に素直に合意してくれるなら、調停などしなくても離婚できますけど、ダメなら離婚調停を起こしてください。調停とは、裁判所の調停員を介した夫婦の話し合いに過ぎないので、法的拘束力は無いです。原則として、調停室に夫婦が交代で入り、調停員とのみ会話をします。主張は調停員が相手に伝えます。そうやって夫婦間の調整をしながら、お互いが合意に達したら、調停調書という法的拘束力のある書類に合意事項をまとめて離婚成立です。その中で養育費や財産分与を記載することにより、調停調書の正本(調停成立後に裁判所へ別途申請して有償で取得する必要あり)を使うことで、強制執行も容易に出来るようになります。 裁判所に来た夫婦のうち、8割は調停で解決していると言われています。おそらく調停で離婚成立できると思いますので、まずはそこまで進めることを考えてみては如何でしょうか。調停は裁判ではないので、弁護士も無くても平気ですし、離婚理由なんて相手が合意してくれれば何でも良いのです。顔が嫌い→相手が認める→離婚成立なんてこともあり得なくはないのですよ。裁判でなければ、離婚理由なんて何でも良いのです。 「離婚問題 無料相談」といったキーワードで検索すると、離婚問題に関して無料で相談できる弁護士も見つけられます。そういうのも活用してみてください。契約する場合、司法書士・行政書士は避けてください。弁護士以外は裁判所に同行したり、代理出席したりすることが法的に認められておらず、いざという時には弁護士と契約し直さなければならない場合もあります。費用面でもほとんどお得度が無いので、最初から弁護士に絞る方が良いです。司法書士は、離婚内容が全て合意に至っていて、書面化だけ頼みたいなどといった場合くらいしか、離婚問題では出番が無いと思っても差し支えないです。 弁護士もピンキリなので要注意です。離婚問題に詳しくない弁護士もいっぱい居ます。特に法テラスなどでは、そういう弁護士に当たりやすいと思ってください。もちろん詳しい弁護士も居ますが、本当に話にならない弁護士も居るということを覚えておいた方が良いです。離婚問題を得意とする弁護士を見つけ出すのが重要です。割りと女性弁護士の方が得意とする分野なので、女性弁護士で、10年以上のキャリアを持つ人に狙いを絞る方が、当たり外れが少なく済むかも知れませんね。 いずれにしても、御自身でも勉強される方が良いですよ。450万は全部好き勝手に使ったんじゃないかと思いますけどね。離婚した方が良いと思います。ただ、お金に関してはさほど期待しない方が良いので、離婚後はあなたが働く覚悟が必要ですよ。極論、別居して婚姻費用だけで乗り切るのも手なんですけどね。離婚が成立しない限り、夫には婚姻費用を支払う法的義務がありますから。ただ、離婚は実際にしようとするとかなり大変で、苦しい思いをしなければなりません。それを先送りするか、今離婚して、良縁があれば再婚するか・・・私ならいつでも再婚できるように離婚しますね。いつどんな良縁が転がり込むかわかりませんから、いつでも良いようにしておく方が、幸せになれる可能性は高くなりますから。 まあいずれにしても、いろいろ情報収集しながら勉強しつつ、離婚に向けて進めてみてください。 【補足】 相手の合意無く離婚するには裁判で勝つしか方法はありませんよ。 調停開始の段階では片方に離婚の意思が全く無くても、大抵の夫婦は結局折れて離婚するか、離婚原因を解消することに合意しているんです。ですから、調停をしなきゃ前には進めませんよ。そもそも論で、調停をやらずに裁判を起こすことは出来ないのです。裁判をしたければ必ず調停が必要であり、調停は1ヶ月おきに1回2時間程度ですから、半年から長いと2年とかになります。先送りすればするほど無駄に時間を掛けることになりますから、まずは調停に持ち込めるように準備しないといけないんですよ。そこで調停員にも事情を理解してもらって、調停員からも御主人を離婚に向けて説得してもらうんです。そのための調停でもあります。 調停員はまず復縁に向けて話を進めようとしますが、あなたの意思が極めて固いと理解したら、今度は御主人を離婚に向けて説得に掛かります。調停員はとにかくどういう形であれ、結論を求めるのです。一番突けそうなところを突いてきますから、あなたには一切突けるところが無いのだと理解してもらえば、今度は御主人を攻撃対象にして、離婚を迫ります。そうやって、調停で離婚する夫婦が多いんですよ。男が負けることが多いんです。まあ、自業自得な部分があるから負けるんですけどね。 もう協議で失敗している状態ですから、別居に成功したら2つの調停をすぐに起こしてください。

その他の回答(2件)

0

補足についてですが離婚されたくないから子供を盾に取っているだけでお子さんへの愛情は無いと思います。 離婚したくないのもDV対象だからでしょう。 質問者様の「子供と離れるくらいなら耐えるつもりでいる」という気持ちを上手く利用して自分の思い通りにしようとしています。 私の離婚した父親が私の為の母親の貯金に手を付けた事があります。 原因はギャンブルによる借金でした。 ご主人と全く同じような事言ってましたよ。 うちの父はわりと自分達子供の看病等もしてくれていて可愛がってくれていましたがなんというか可愛がり方が子供への愛情というより犬や猫を可愛がるような、うわべだけの愛情でした。 そんなものに子供は騙されないと思います。 質問者様が耐えてもお子さんには悪影響を及ぼす可能性があります。 本当に株かも調べた方がいいと思います。 家族のお金を勝手に使うとなると依存症か借金に追われやったかどちらかあるいは両方になると思います。 まずは勝手に貯金を移された事、暴力の証拠を取り弁護士に相談し必要なら就職活動もした方がいいと思います。 旦那さんが暴力を振るう等親として問題な事が証明されれば親権が行く事はないと思います。 更に母親に収入があれば絶対母親が親権を取れます。 私の知り合いは父親が母親に暴力を振るうのを見て自分もDVになってしまいました。 息子さんなら影響を受ける可能性が高いと思うのでなるべく早く離れた方がいいと思います。

0

【補足】 どっちにしたって、ご主人に意思をはっきり示すことから 離婚争いは始まります。 あくまで向こうが反対するのなら、 家庭裁判所に行って、これまでの経緯をいい、 別れたいって言ったら、たいてい離婚は認められます。 日本ほど離婚しやすい国はありませんから。 ついでに親権も母親の方がもらいやすいです。 母親が親権を認められない理由は、 浮気をして家事をしない、につきます それがない限り、たいていはどんだけ金があろうと、 権力があろうと、裁判官は母親の方に親権を与えやすいです。 要は、パートでも何でもちゃんと仕事見つけて、 そうした収入で子供を養っていきますという「姿勢」を 見せるってことがポイント高いです。 あなたご自身、離婚する気なら今後の生活はご自身で立てられるよう 早めに準備することです。 別に普通に役所に行って、離婚届書いて、 テーブルに置いといたら、向こうは書いてくれるんじゃない? 理由はなんとでも。 性格の不一致、DV、浮気、いろいろあるけど 向こうも黙って書いてくれたら何のもめ事もなく、手続きもなく ただ、市役所に郵送したら離婚終了。 どうせ、育児しない男なんだから親権も放棄してくるでしょ。 慰謝料もらいたい、でっかく養育費を奪ってやりたいって 復讐心があって離婚するなら、いろいろ離婚理由も考えるだろうけど、 普通に別れたかったら、さっさと荷物まとめてその日のうちに 子供連れて出ていきたければ、出ていけば? 誰も止めはしない。 【補足】 ついでに市役所の住所書いた返信用封筒と切手ぐらいは 貼っておいといてあげたら?