ここから本文です

91才になる、私の父のことで質問させてください。 5年半、自宅で在宅介護をして...

pct********さん

2013/6/1604:00:39

91才になる、私の父のことで質問させてください。

5年半、自宅で在宅介護をしてきました。
脳梗塞の後遺症から、半身麻痺、寝たきり。症状は進む一方で、4年半、経管栄養のみです。

話す

ことも筆談も出来ず、尿は膀胱ろう、便は摘便です。

苦しいだけの寝たきりですが、意識ははっきりとあり、私たちの言うことも理解でき、泣くなどの感情もあります。

そんな生活を続けてきましたが、4月に急性胆嚢炎になり、総合病院で奇跡的に回復し自宅に帰る前に、少しだけのつもりで、介護施設の病院に入院しました。

しかし、そこでのあまりにずさんな看護から、誤嚥性肺炎になりました。

熱が1週間続き、呼吸も荒いので院長に言いましたが、採血もレントゲンもなしでした。

強制退院を決めた日に、朝行くと、全身で呼吸するほど息が荒く、総合病院に緊急搬送してもらいました。

CRPは23。血液のバランスまで崩れドロドロになる重症敗血症と、両肺に水がたまり、右肺は全滅という、重症肺炎でした。

そこから3週間。
炎症反応は2まで下がったものの、呼吸数は1分間に32前後。

脈拍数も120前後がずっと続いています。

苦しいだけの父をみて、私も胸が張り裂ける思いで、耐え切れません。

普通なら、こんなにもたないと言われています。

今は自宅に帰って見守っていますが、マラソンを3週間も続けているような父を見るのも辛いです。
こんな状態で3週間も苦しむことなどあるのでしょうか?
酸素マスク8ミリで酸素は98
呼吸数1分に30
脈拍数120〜130
クラブシエラは抗生剤で治りましたが、元々あるMRSAも痰から出ています。
この先、治る可能性は1パーセントでもありますか?
ベッドが揺れるほど全身で呼吸をしている姿は見るに耐えれません。
今でも意識はあり、話しかけると涙を流します。
辛いです。
もうモルヒネしかないのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

補足ありがとうございます。
私の母は82才です。私は39才、夫と小学生の息子と5にんです。
はじめの頃は挨拶も出来ていたし、大好きな食べ物を食べていました。
けれど、それも4年前から出来なくなり、寝返りや痒いとこをかくことすら出来なくなり、私の体も心も壊れてしまい病気になりました。
父の存在を確かめるくらいで、介護から逃げていました。
いざという時のピンチヒッター役でした。
しかし、先月病院に入院して、大事にしてきた父を、ずさんなやり方でこんなにも苦しめられ、私も胸が張り裂けるのです。

かわいそうで、むごたらしくて、話すことも筆談も許されない、ただただ3週間、朝からよるまでマラソンをしている状態です。

こんな最後ってあるのでしょうか?

今までも堪え難い苦しみをこえてきたのに、なぜ、ここまできて苦しみ続けなければいけないのか、神などいないとさえ思います。

私も一緒に死にたいです。

放置した病院を恨む気持ちが更に苦しみとなります。
父が若い頃から、その病院だけはやめてくれと言った病院でのミス。
文句一つ言わない父がそこだけはと言っていたのに、聞かなかった、私への罰かも知れません。
こんなに長い高齢者の肺炎あるんでしょうか?

閲覧数:
944
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ke_********さん

編集あり2013/6/1607:32:43

お父様が今でも涙を流しているというのは、苦しいという涙ではなく、そばに居てくれる質問者様への思いの涙なのかもと感じました。
ご高齢の方ですと正直今の状態からの回復には難しい所があると思います。酸素を続けたまま見守るか、酸素を外して自然な状態にしてあげるか。どちらの選択にも正解はつくと思います。お父様の顔をじっくりと見て長年介護を続けてきた質問者様自身が決めてあげて下さい。他の誰が決めるのではなく、質問者様が決めることが大事です。

私自身の身内が高齢で亡くなる時は、家族皆で自然に逝かせてあげようと酸素マスクを外しました。静かな最期でした。今でもあの時の判断に後悔はありません。

補足見ました。高齢者の方の肺炎は(言い方は悪いですが)発生率は高いです。寝たきりの状態なら尚更です。それだけ抵抗力が弱っている表れです。肺炎を発症した後の期間も人それぞれ、もっと長い期間頑張って生きる人だっています。時間15で酸素をする人、血圧が下がりプレドバ注入して一時的に維持させる人等々。今、目をそらしたら質問者様が後悔するんじゃないかと思って言った発言でした。

質問した人からのコメント

2013/6/21 00:10:03

お二人の方、とてもありがとございました。

父は、あれから旅立ちました。

モルヒネは使わず、最後はてんかん発作のように痙攣が20分も続き、最後まで苦しみました。

何が正しかったのか、私が死ぬまで答えはでないかもしれません。

けれど、何とか生きていかなければと思っています。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

三田朱里さん

2013/6/1604:05:49

経管栄養
というのは
胃ろうのことですかね
胃ろうはいったんするとはずすのが難しい
単なる医者の金儲けではないのかと思います
ここはすべての管をはずして
自然死させるのが
お父さんにとってよいのではないのかなと思います
しかし家族にはまた別の思いもあると思います
ただ経済的にすごくお金がかかると思いますが
あなたはお金持ちなのですか
私なら
そんなにお金はないですね

経管栄養
というのは
胃ろうのことですかね
胃ろうはいったんするとはずすのが難しい...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる