ここから本文です

低炭水化物ダイエットについて質問です。 24才女です。 最近低炭水化物ダイエ...

sh_d219さん

2013/6/1618:40:21

低炭水化物ダイエットについて質問です。

24才女です。
最近低炭水化物ダイエットをしています。
今まで検診で血糖値、血圧などで引っかかったことはありませんが、出来れば血糖値を急激に

上げないように気をつけています。

そこで質問なのですが、GI値と炭水化物の量(g)はどちらを重視すれば良いのでしょうか?

コンビニをよく利用するので、おにぎりとパンを例にさせていただきます。
小麦粉を使ったパンやサンドイッチより白米の方がGI値は低い、けれど炭水化物量は白米の方が多い場合をよく見かけます。
この場合、パンとおにぎりではどちらが血糖値を上昇させますか?
またデザートなど、炭水化物(糖質量)が低くても砂糖が使われてる時点で血糖値は急激に上昇するのでしょうか?

怖くて糖質があまり摂れません。。

GI値等について、根本的に捉え方が間違っていたらすみません。
どなたか教えていただけると幸いです。

閲覧数:
725
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tooru7211さん

2013/6/1620:29:40

指摘には、両方です。gi値は、50以下、炭水化物は、なるべく少ないもの、そして野菜から食べ、炭水化物は、一番最後にです。
カロリーは、基本カロリー摂取です。
お腹がすくのは、脳で感じるもの、お腹がすくのは、血糖値が低い状態で脂肪が燃焼している状態

質問した人からのコメント

2013/6/23 19:46:32

ご丁寧なアドバイス、大変参考になりました。
最初に回答いただいた方をBAにさせていただきますが、皆様からの回答に大変感謝しています。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/6/1822:51:29

メタボリックシンドロームの予防という観点であれば、あまり糖質制限やGIを気にする必要はありません。
これらの食事方法は、あくまでも「糖尿病の治療」として提唱されているものなので。(糖質制限の元祖・アトキンズ法は糖尿病患者向けのダイエットとして提唱していますし、そこから追いかけている人たちも、基本的には糖尿病患者向けの療養食として提案しています)

メタボリックシンドローム予防のためには、一日20~30分程度の早歩き、よく噛んで食べる、ジュース・アイスクリーム・ケーキ・ピザなどのビタミン・アミノ酸・食物繊維が少ないわりにカロリーがあるものを食べ過ぎないようにする(一日1種類を少量。ただし、毎日ではなく、ときどき)、たばこを吸わない、ストレスをためないことです。

ストレス、喫煙がかなり強くメタボリックシンドロームと関連性があります。

ちなみに白米、大豆製品をたくさんとっている日本人は世界的に見てメタボリックシンドロームの発症率が低かったのですが、最近は食卓が欧米化しているせいか、発症率が高まっています。
あまり西洋的な食事(バターたくさん、クリームたくさん、砂糖たくさん、塩たくさん)のものを食べないようにするのがいいと思います。

塩分を濃いものを食べるときは、汗をたくさんかいた時だけにする
甘いものを食べるときは、体を動かして疲れているときにする
など、体が求めるものを求めるだけ食べるのがいいと思います(ちなみに、多くの人は「ほしいだけ」以上の量を食べています。なぜなら、「1個」を基準としているため、食べきってしまうからです。残す勇気が病気予防になります)

2013/6/1822:40:23

GI値を気にしすぎると、窮屈極まりない毎日になると思います。実際、私は続きませんでした…。それよりも「糖質」を抑える方が、日常で分かりやすいし、精神的に健康で続けられると思いますので、糖質を優先した方が良いのではないでしょうか?

2013/6/1822:17:52

両方です。
GI値は、
(GI値÷100)×糖質量(g)=GL値
として用います。ここでGL値は血糖負荷値と言います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。