ここから本文です

「銅のパッキンを使用前に柔らかくするために焼きなましをしろ」とバーナーで銅を...

kou********さん

2013/6/2521:00:54

「銅のパッキンを使用前に柔らかくするために焼きなましをしろ」とバーナーで銅を赤熱させ、その後水の中に放り込んで冷却する方法を教わりました。

しかし「焼きなまし」という言葉がひっかかりました。急冷する方法は「焼き入れ」ではないのですか?

閲覧数:
13,578
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hor********さん

編集あり2013/6/2521:17:14

焼きなましというのは金属を加熱して柔らかくすることです。
金属は一般に十分に加熱すると結晶粒が粗大化して機械的に軟らかくなります。
一方、焼き入れとは加熱した鉄(鋼)を水などに入れて急冷してマルテンサイトという特殊な結晶組織を作り、硬くする操作のことです。
銅の場合は急冷しても焼は入らないので水にいれるのは単に冷やしてるだけでしょうから、焼き入れとは言いません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる