結婚を諦めた39歳未婚恋人なしです。一回も結婚したことがないです。 私は何べんも婚活したり、よく悩んで悩み相談に電話をしました。

学校の悩み2,316閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

年齢が近い人、同じ境遇の人とあり、考えに共感出来ました。 この経験はやった人じゃないと決して分かりません。無婚活や恋人と結婚相手探しに苦労しなかった人には私達結婚難民の人の気持ちは全く理解出来ないでしょう。

お礼日時:2013/7/10 10:38

その他の回答(5件)

0

未婚だと孤独死になると決めつけていますが、既婚でお子さんがいても様々な事情で最後は孤独死の方も多いですよ。 そもそも、自立死という方もいますし、孤独死自体が悪いとは思いません。 誰かの世話になって、身体中チューブにつながれたまま死を迎えたいのでしょうか。 来るかどうかわからない最後の結果だけを悩んで、途中経過を一生懸命生きないのはもったいと思います。 また、若い年代程、女性より男性の方が人口が多いですから結婚のチャンスはあるのではないでしょうか。

0

え?なんで??? 結婚そのものは諦めなくていいでしょう? 子供を産むのは諦めるにしても、結婚そのものなら、 たとえ80歳で運命の相手と出会って結婚しても、 誰にも迷惑かからないですよ。 結婚だけは、したいならば寿命が尽きて死ぬまで諦めなくていいです。

0

恋人など作っても、お互いの自由な時間を奪い合うだけ。 結婚などしたら、もう余暇を1人で過ごせることはほとんどできなくなるだろう。 恋愛のように他者を利用した幸福は不安定だ。いつ朽ち果てるか分からない。少し揺らげばすぐに滅びる。 勉強のように努力が確実に実になるようなことはなく、努力の分だけその恋愛が実ることが保証される訳でもない。 失恋したときの精神的ダメージは大きい。 そんなリスクを背負ってまで、人生を恋愛につぎ込むなんて、なんと愚かなことか。 「人生を棒に振る」とはまさにこういう事を言う。 子供を作ることも結局は自己満足。 ペットのような癒やしの存在が欲しいだけである。 生きることは辛い、病気や死、様々な欲望とそれが実現しない苦痛。本当に子供のことを思うなら、こんな大変な世の中に生まれさせようなんて思わないはずだ。 子供の人生を犠牲にして快楽を得ている連中をなぜ羨む? 今の人生に誇りを持つべきだ。 子供を作らないという事は、これから生まれてくる未来世代の人間に生きる苦しみを背負わせないという事だ。 貴方は未来世代に対してまだ何の罪も犯していない。そんな自分に対して誇らしいと言う以外なんと言えるのだ? そして、なぜ孤独死を悲観する? 人生は最後が全てなのか? 1人で自由な時間を過ごせることをなぜ喜ばない? 我々は長年の間、学校やメディアから「友情や恋や人との絆が人生を豊かにする」というカルト的固定観念を植え付けられて来た。 人々はそれらに洗脳され、孤独を悲観し、出会いを求め、孤独の中にある利点を何一つとして見いだせなくなってしまった。 しかし、そんなものに洗脳されてはいけない。 そんなものを鵜呑みにしていれば1人でいることがどんどん辛くなってゆく。 孤独の中には自由がある。 迷惑さえかけなければ人間関係はそれでよい。 後は自分の世界だけを見つめ、趣味や今やるべき事に人生を費やせばよい。