ここから本文です

『上善は水の如し』って何?

ibaraki0123さん

2007/3/1013:54:04

『上善は水の如し』って何?

『上善は水の如し』ってどういう意味ですか?
お酒の銘柄でなら知っていますが。。。

閲覧数:
17,454
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/3/1013:57:34

”上善は水の如し”は老子の言葉です。
「上善」とは、最も理想的な生き方を指します。
そういう生き方をしたいと願うなら水に学べ、ということです。

http://www.ne.jp/asahi/garyou/talks/Koji/Rousi/Rou02.htm

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

botankireiさん

2007/3/1014:09:44

老子の言葉で理想的な生き方を示したもの。
水はどんな器にも入れられるし、常に低いところへ流れていく。
つまり、どんな相手にも対応できる柔軟性を持ち、
自分を常に低いところに置く謙虚さを持っている。
そして、いざというときになると、岩をも粉砕する破壊力も秘めている。
と書かれたサイトをご紹介いたします。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~L-Fairly/s-20.htm

2007/3/1014:04:36

老子の言葉です。
水は万物に恩恵を与えながら相手に逆らわず、人の嫌がる低い所へ流れていく。低い所に身を置き、淵のように深い心を持っている。わけへだてなく、言うことに偽りはない。政(まつりごと)には破綻を生せず、物事には適切に対処し、タイミングよく行動に移る。 これこそ水のあり方に他ならない。
ということ。

戦国武将の黒田如水の名前は、「上善は水の如し」の言葉が由来になっています。

(-o-)/

2007/3/1013:59:11

中国の宗教「道教」の開祖と言われる人物「老子」の、“道”を説いた言葉です。

『上善は水の如し。水はよく万物をいかして争わず。衆人のにくむ所におる。 故に道にちかし。居はよく地。心はよく淵。与うるはよく仁。言はよく信。政はよく治。事はよく能。動くはよく時。それただあらそわず。故にとがめ無し。』と言います。

「老子」がこの言葉で説いているのは、上善とは最上の善であり、
その最上の善は“水”の姿であると。
水は善く万物(全ての生命)の為になって、そしてなにものとも争わないからであると言っています。
ご存じの通り水が無くては生(利)きていられません。なにものとも争わないと言うのは、
水は四角い器には四角く、丸い器には丸い姿になり、その場その場にすっかりと
和しているのだということです。
しかも水は、常に高い所に止まっている事はせずに、低い所低い所へと
自らを一番低い所に置こうとしているのです。衆人の悪む所とは、人々の嫌がる所、
つまり低い地位ということだそうです。
そうした水の姿は実に“人の道”に近いと言う事を説いています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。