ここから本文です

シマノ製 フリーハブボディグリスをベアリング箇所に使用してはいけない理由はなん...

アバター

ID非公開さん

2013/7/1122:48:13

シマノ製 フリーハブボディグリスをベアリング箇所に使用してはいけない理由はなんでしょう? 普通のデュラグリス(現名プレミアムグリス)とフリーハブグリスはどう違うんですかね?

ちなみに、最近レーシング1のハブの洗浄&グリス充填をしまして、

てか、昨日しまして。。。

家にデュラグリス(現名プレミアムグリス)しかなかったので粘度高くて、周り悪くなるかもしれないけど気にせずに使用したら
案の定クソ重くなりましたw 手で回しても全然まわらないですw

でもネットでみたら、手で回して回らないけど 走行時、高速域で足を止めて回った時とでは 別段デュラグリスのような粘度の高いものでも回転は気にならないレベル(レースとかでなければ)と書かれているがものが調べたうちいくつかありました


それでも手で回しても回りにくいので、夜遅いですが今から乗ってみて どれぐらい回るか試してみるつもりです。

やっぱ、デュラグリスのような粘度の高いものを ベアリング部分、ラチャット部分 その他ハブの部分に使用するのはあまりオススメじゃないんですかね? これが一点目の質問と

2点目 タイトル通り フリーハブグリスをベアリング部分等に使用してはいけない理由 また、デュラグリスとどう違うのか

最後に三点目 ハブの爆音を大きくするには ラチャット部分にグリスを塗らない、または粘度の軽いものを少量濡れ場 爆音が維持できるのかです。

ハブの爆音につきましては皆さん静かにしたい人がおおくて グリスを大量に塗る みたいな回答が多かったので

反対に爆音を出したければ、ラチャット部分に軽く塗るか、ぬらなければいいのかなとか思った次第です。

以上三点ですが、回答の方よろしくお願い致します。

ラチャット,ラチャット部分,デュラグリス,粘度,ベアリング,せん断力,ラチェット

閲覧数:
8,328
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ya_********さん

2013/7/1216:43:23

1.おそらく粘度の問題が一番なのだと思います。フリーハブにデュラグリスは硬すぎるのだとおもいますよ。それ以外にもせん断力に対する性能とかその辺も違うのかもしれません。
あとはデュラのほうが耐水性を重視していると思うのですが、そのへんでスポイルされる部分がフリーハブグリスにはあるのかもしれません。

2.ベアリング等に使うのに適さないのは、その逆で粘度が低すぎてせん断力に耐えられないのと、耐水性に劣るからじゃないでしょうか。

3.たしかにそうなるとはおもいますけど、損耗で寿命が縮まる上にラチェットが正常に動作しなければ綺麗なラチェット音じゃなくノイズが入る可能性が高いです。おすすめはしません。適正範囲でおさめておくほうがいいかと。

アバター

質問した人からのコメント

2013/7/12 22:31:33

降参 全てにおいて納得できました! 詳しくありがとうございました!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる