ここから本文です

農薬のオルトランっていくつか種類があるようですが違いはありますか?

アバター

ID非公開さん

2013/7/1311:52:12

農薬のオルトランっていくつか種類があるようですが違いはありますか?

ボトルタイプのオルトランDX粒剤と書かれたものと紙袋にはいったオルトラン粒剤と書かれたものがあったのです。
おそらく作ってる会社が違うのだと思いますが、一つは住友ナントカという会社でもう一つは北興科学工業という会社でした。
会社によって違いはあるのでしょうか?

閲覧数:
9,401
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yke********さん

編集あり2013/7/1317:20:30

オルトラン粒剤は有効成分アセフェート5%
質問者さんがみた紙袋の製品は北興科学工業が登録を取得して販売している『ホクコーオルトラン粒剤』です。
他にはアリスタライフサイエンスも登録を取得し販売していますが、『ホクコーオルトラン粒剤』と有効成分は全く同じです。

オルトランDX粒剤は有効成分アセフェート2.5%クロチアニジン0.25%の混合剤。現在住友科学園芸が登録取得し販売しています。
有機リン系のアセフェートに加えネオニコチノイド系のクロチアニジンを混合してある為 有機リン系への抵抗性を持った個体群の多い害虫に対してはDXのほうが有効です。ただ登録されている作物が悲しいくらい限られています。


補足

誤字がありました。

×北興科学工業→○北興化学工業
×住友科学園芸→○住友化学園芸

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bro********さん

編集あり2013/7/1618:34:14

現在農薬登録されている「オルトラン」は10種類あり、

オルトランC(MEP0.17%、トリホリン0.15%、アセフェート0.19%の混合エアゾル剤)
オルトランMP(アセフェート0.1%、イニベンコナゾール0.01%、ベルメトリン0.02%の混合エアゾル剤)
オルトランS(MEP0.17%、アセフェート0.19%の混合エアゾル剤)
オルトランDX(アセフェート2.5%、クロチアニジン0.25%の混合粒剤)
オルトラン粒剤(アセフェート5%の粒剤)
オルトラン・アドマイヤー顆粒水和剤(アセフェート70%、イミダクロプリド10%の混合水和剤)
オルトランカプセル(アセフェート97%のカプセル剤)
オルトラン乳剤(アセフェート10%の乳剤)
オルトラン水和剤(アセフェート50%の水和剤)
オルトラン液剤(アセフェート15%の液剤)

とそれぞれ剤形、有効成分濃度、他成分との混合の有無が異なります。

また水和剤と粒剤は通常の「オルトラン水和剤/粒剤」と「家庭園芸用オルトラン粒剤/水和剤」の2タイプがあり、有効成分濃度は同じですが登録内容が少し異なります。これは法的な農薬の登録制度が成分ごとではなく製品ごとになっているためです。

ton********さん

2013/7/1312:56:26

主薬の成分は変わりませんが、措置方法が違う程度で効果などの内容は違わないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる