ここから本文です

コーチングに関して 1.明確な上下関係をもつコミュニケーションスタイルである ...

cor********さん

2013/7/1621:57:46

コーチングに関して
1.明確な上下関係をもつコミュニケーションスタイルである
2.医療においては、組織のマネジメントにのみ利用されている
3.コーチは相手に対して明確な行動の指示を行わない

4.医療においてのコーチングではは、患者はしばしば不完全で磁力では正解にたどりつけないものとする

正しいものを選べという問題なのですが、教えてください。


調べてみて、3かなと思ったのですが。

閲覧数:
298
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

capecodさん

2013/7/2212:37:48

私も3だと思います。

1は、コーチとクライアントはその立場の役割はあっても対等です。上下ではありませんよね。
2は、組織のマネジメントだけではなく、個人的なことでも利用が可能ですよね。するかどうかは別として。
4は、コーチングは医療であっても、クライアント(患者)が自力で正解を導き出すために行うものです。

3は、4にもつながりますが、本人が答えや方向性を導くために、コーチングを行うので、正解は3だということですね。

違ってたらどうしよう(^_^)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる