ここから本文です

VX-7 VX-8D DJ-G7どれかまよってます。。。

str********さん

2013/7/1700:03:16

VX-7 VX-8D DJ-G7どれかまよってます。。。

ハンディ機は初めて購入予定なのですがタイトルの通り3機種がどんな面で優れているのか使ってる方や販売してる方からリアルなアドバイスが欲しいです。
カタログだと特長しか書いてないのでいいとこしかわかりません。。。

使用目的はエアバンドを聴くのがメインですが、3バンド対応していて欲しくてこの3機種に絞ったのです。
FT1Dも気になったのですがデジタル同士でないと通信できないと聞いたので除外しました。

まず一つ目の迷った面は144Mhz430Mhzを一番使うのは分かるのですが
50Mhzか1200Mhzがあるとどちらが使うこと(聴くこと)が多いんでしょうか?

二つ目はVX-7 VX-8Dはどちらがどういいんでしょうか?ネットで調べると「VX-8に変えるほどではなかった」などと見るので使ったことのない私からはよく分かりません。電池持ちや、ラジオの感度とか他にも分かる方はメリット、デメリットなど教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
5,931
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2013/7/1814:41:47

DJ-G7には1200MHz帯が含まれていますが、1200MHz帯は利用者が少なく、また平成26年度からは放送事業用の無線局として使用されるようになり、アマチュア無線としては使用し難い周波数帯になります。
50MHzも利用者は少ないですが、春から夏にかけてはEスポによる数百から数千キロの遠くまで交信できる機会もありますのでこちらをお勧めです。
VX-7は発売されてから相当期間が経ており、それだけ基本設計が古いと思います。今後の保守などを考慮するとVX-7よりはVX-8Dの方をお勧めします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sun********さん

2013/7/1703:51:35

いきなり否定的な意見で申し訳ないのですが、エアバンド受信を重視されるならアマチュア無線機を購入することはオススメしません。

最近の無線機の広帯域受信の性能は上がっていますが、それでも広帯域受信機に比較すると感度やスキャンスピードは劣っています、特にUHFは聴けたもんじゃありません。アマチュアバンドでの運用を重視されないなら、無線機はやめて受信機を選択したほうが効率的と言えます。アマチュア無線機は購入後に免許申請(増設申請)も必要です。

ご質問には答えられる範囲でお答えします。50MHzと1200MHzですが、どちらも144/430に比較すると局数が少ないので基本的にガラ空きです、ハンディアンテナで受信を試みても普段は何も聞こえてこないでしょう。どちらかというと50MHzのほうが楽しめると思います、Eスポシーズンになるとハンディ機でも数百キロ先と通信できます。私は都内在住ですが、今年はVX-8Dと付属アンテナの組み合わせで、関西圏や東北北部の複数の局と交信できました。

バッテリーの持続時間やラジオ感度は大差が無いですね。特徴としては、VX-8DはVX-7に比較するとAPRS機能が強化されています、ラジオを聞きながら2波受信ができるAFデュアル機能も特徴的です。DJ-G7はパソコンとの連携機能が豊富です、編集ソフトはメーカーサイトから無償で落とせますので、あとは別売ケーブルを購入するとメモリや設定内容など手軽にカスタマイズ可能です、VXシリーズにもこういう編集ソフトは存在しますが海外製のシェアウェアで有料になっています。それとFT1DやID-51のように、最近発売になったハンディ機はデジタル機が増えていますが、これらの機種はアナログモードも搭載していますから、従来の機種ともFMで通信は可能です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる