ここから本文です

デノン・ヤマハ・マランツ・オンキヨー・パイオニアあたりの上級プリメインと、ア...

mel********さん

2013/7/1909:03:53

デノン・ヤマハ・マランツ・オンキヨー・パイオニアあたりの上級プリメインと、アキュフェーズ・ラックスマンの入門プリメイン…

どちらを選ぶと良いでしょうか。
もちろん気に入った音付けのものが一番ですが、当初、前者グループの安いものにしておき、後でアキュ・ラックスの上位機種に乗り換える方が良いですか?
「セパレートにしろ」は無しでお願いします…

補足point9574さん
>DENONやmarantz他が下位クラスの様に感じます。 バカにしている様にも・・・

ネットで調べていると、このように思わせる書き込みがありますので気になってしまいました。しかし、デノンのアンプ(PMA-2000RE)はコストパフォーマンスに優れていますし、オンキヨーも聴きやすいと思いましたよ。

閲覧数:
15,914
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iBook-2001さん

2013/7/1922:19:00

はじめまして♪

御質問自体は、非常に難しい側面を持っていて、回答の書き込みを控えてしまいました。

どのブランドにも良さは有りますし、それを好む人はファンに成り、好まない人は他の物、あるいは嫌う人はアンチファンと言う事に。。。

補足に書かれていました、point9574様の件、見方を変えれば上記の私の表現と、なんら変わりません。

デノンと言われる以前のDENON(当時はデンオンと発音、元が電音だから、、)のアンプも所有しています。
YAMAHAもMarantzも所有してます。

ONKYO(旧:音響)とか、Pioneerの上位ブランドEXCLUSIVEブランドのアンプも堪能させていただいた事が有ります、アキュのブランッでまだケンソニックだった時代のセパレートやアキュに社名を変更してからの名機と言われるセパレートも堪能させてもらった経験が有ります、アキュのプリに音響のパワーと言う組み合わせとか山水のアンプとか、とにかくオーディオ全盛期にはこれら以外の国外機種も含めて、近所や近所の人に誘われてちょっと遠方のオーディオを聴かせてもらいに同乗させてもらって、いろいろ聴かせてもらいました。

結果的に、プリ/メインと言うセパレートは複雑なのですし、今回は無しの方向ですので、個人的感想などを控えます。

プリメインアンプ、デノンの2000を基準とされるのでしたら、この価格帯はオーディオ全盛期の10万未満(598からはじまり、898まで)と言う、現代の玄人向け激戦価格帯で、各社がしのぎを削っています。(ほんとに、利益出るんかい? 大丈夫?? って言う感じ)

有る意味で、低コスト化、上手な生産手抜きがヘタな、生真面目メーカーは、この価格帯ではブランドイメージ、ステータスを感じる人以外には、C/P比では適わない範囲です。

デノンとマランツはそれぞれの思想と製品を引き継ぐため、経営会社は同じにしてそれぞれのブランドを守った上で独自開発と相互技術交流を進めて来ました。アキュやラックスは高額高給機に特化し、一時はラックスも危うかったのですが生き残りました、量産効果が期待出来ない分野なので、低価格化は苦手。

YAMAHAは音響分野から一時撤退、と言っても楽器とか業務用音響機器分野は世界的にも有名ブランドなので、打開の世代が定年退職後にオーディオ復帰に合わせて、企業力で一部復帰。

ONKYOも時代の流れで高級オーディオから撤退、主力を大衆オーディオとパソコン関連に方向転換し生き残り、やはり国内の団塊の世代が、と云う部分で単品コンポの再生産を行ないました。

PioneerもほぼONKYOと同じ様な状況ですね。

オーディオ全盛期は、CDが登場した頃まで、CDが大衆化してからは、今で言うパソコン、当時は各社の独自仕様と言うマイコンブームが在って、そちらの方がオーディオ専業メーカ以外は皆、なだれ込んで行きました。

YAMAHAもONKYOもPioneerも、大衆向けの比較的安価な製品は昔からの製品を継承し、開発コストを低く押さえているので価格対性能と言うC/P比は結構良い物が多いようです。

デノンやマランツは低価格製品から20万台の中級機に関してはオーディオ全盛期の初期(1970年代後半)あたりから脈々と続いているため、今では量産効果で低価格設定が出来ない分野で、他社が苦戦する分野です。

少量生産でほぼ手作りになる高額製品に関しては、アキュやラックスの得意分野ですね。

機械としての製造やブランド関係は、おおむねこんな物でしょう。

〜〜〜〜〜〜〜

さて、と。
ここからが、オーディオ談義の部分です。
価格とか、機種にも依りますが、メーカーやブランドで、音の理想イメージが違います。
もちろん、私、他の回答者、御質問者様が、全く同じサウンドを目指しているとは考えられません。

人それぞれ、好む曲が違うように、顔や手相が違うように、大まかに分ければ有る程度の傾向として分ける事が出来ますが、最終的には一人一人、個人で違ってくるのが当然です。

同じアンプでも組み合わせるスピーカーが違えば、評価も逆転しますし、同じ機器の海合わせでも部屋が違えば微妙にがウサウンドに鳴ります。

同じ部屋で聴いても個人差があるのですから、単純比較は不可能。

これが、個人の趣味性が高いオーディオの難しい所ですね。

質問した人からのコメント

2013/7/19 23:11:23

とても詳しく、ありがとうございます。
「オーディオ不況」「若者のオーディオ離れ」といいますが、皆さんとても音響機器が好きなんだなぁと感じるレスばかりですね!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

チエさん

2013/7/1920:48:35

melco_buffaloさん

音楽を楽しむことに専念したいならアキュを
お勧めします。低価格のものから高額のものまで
どの製品を選んでも当たり外れはありません。

オーディオを楽しまれるならばデノン・ヤマハ・マランツ・
オンキヨー・パイオニアの低価格を1台づつ、手に入れ
その違いを楽しみ、比較されると面白いですよ。
でもその違いを的確に読み取るならば、ワイドレンジで
低歪のスピーカーシステムが必須です。

poi********さん

2013/7/1912:19:17

オーディオって趣味ですからね・・・

段階を踏む楽しさはありますよ。

まぁ- 懐具合も大切な要因ですが(笑)


気になるところが・・・

あなたの中で Accuphaseやluxmanが絶対的なんですか? DENONやmarantz他が下位クラスの様に感じます。 バカにしている様にも・・・

それは単なる偏見ですよ!! (笑)


いずれはセパレートで・・・ オーディオは止まりませんから。 (^O^)

erd********さん

2013/7/1909:40:29

「セパレートにしろ」は無しでお願いします… 、もちろん趣旨が違いますよね。

もし予算に余裕があるようでしたらアキュを購入されることをお勧めします、このメーカーは国産・海外製品を問わず優等生といいますかいわゆるリファレンスになり得る位置づけのものだと思います。

無駄なようですが、デノン他一山幾らの製品も一度は所有してみないことには斯様な結論に到着することは出来ません。
オーディオマニアというものは多くのものを試聴する体験から結論を導き出す物であって、他人の意見で左右されるようでは心もとないことこの上ありません。

ご承知の通りいくら入門用といってもアキュに限り別格であると言うことは肝に銘じておいてください、この音質は他のメーカーでは無理です。

biw********さん

編集あり2013/7/1909:40:27

アキュフェーズとかラックスマンにはじめからしておけば二度手間を省けます

アキュフェーズ プリメインアンプ Accuphase E-260 標準価格 304,500円
http://joshinweb.jp/audio/9958/2098141431683.html

ラックス プリメインアンプ L-550AX 標準価格 346,500円 会員様web特価 305,800 円
http://joshinweb.jp/audio/5110/4958136000431.html
後者の純A級アンプなんかよさそうですね
http://www.ippinkan.com/luxman_l550ax.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる