ここから本文です

主人が先月、右脇腹が痛いと言い出し検査結果は肝臓がん。両肺に転移もあるとの事...

hebun6さん

2013/7/2010:50:29

主人が先月、右脇腹が痛いと言い出し検査結果は肝臓がん。両肺に転移もあるとの事で・・・
体力がありそうとの事で、消化器外科の先生のご判断で60%の切除に踏み切りました。
が・・・・

当初内科の先生がおっしゃったことは、10cm程の腫瘍があり両肺転移なので手術は出来ないとの言葉で
突然の事態に、子供と絶望の一夜を過ごしましたが、次の日外科の先生の手術してそれから抗がん剤の治療を
してみましょうとの意見に本人も、快諾を手術をしました。結果は良好で、手術前に血液検査で異常値を示していた
箇所は、肝臓の部署を除きほぼ正常値に戻りました。
食欲も出てきましたが、昨日退院の際栄養士の方に今後の食生活について説明がありましたが、
がんと分かってから、ネットや体験談、書物等で情報集めをしてとにかくお肉、油は避け新鮮な野菜を多めにとり
自己免疫力高めるような生活をしなければとの、思いに達して一生懸命野菜の惣菜とう作りましたが、
先生は、内科の先生が止めても油の無いヒレ肉とかなら食べても大丈夫ですと言うのです。

野菜は元々嫌いな方で、お酒の飲みすぎで病気に至っていると思います。痛風で内科の個人医院へも通院していて
γ-GTPが高いのでお酒を控えるようにと言われた居たのですが、その時もっと私が強く止めればよかったとの
反省があります。

昨日退院でしたが、帰りにタバコの自販へ寄ろうとしていて、もう、落胆・・一言やめてと言ったら、俺にはストレスがあると
そして帰ってきて、昼食も夕食も手を付けず、ご飯だけを目の前でまずそうに掻き込んでいました。

私だって毎日の食事など、ガンと分かった日から喉を通過しずらく何を食べてもおいしくなく体重も3kgほど減りました。
自分に甘い事を言ってくれる人を信じて病気になったんじゃないのか?と問うて見ましたが、気持ちが沈んで
今後の治療を共に乗り越える勇気がわきません。栄養士の先生は、内科の先生のお考えをまげて闘病に影響が
あったら責任とれるのでしょうか?食べたとしても結果が悪いとは限らないけど・・・

サプリメントなどは飲まない方が良いと言うのですが、野菜嫌いで生ジュースなど特に人参など拒否しています。
闘病者を支える心の持ちようを教えてください。

閲覧数:
440,979
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chiiiiiimeさん

編集あり2013/7/2219:26:48

私は34歳、乳癌患者です。
Stage3です。
もともと、お酒、お肉、味の濃いものが好きです。
タバコも辞めようとほとんど吸っていませんが、愛煙家でした。
(思ったよりスパッとは辞められず(^_^;))
こんなこと書いてると、不摂生だから癌になったんだから自業自得くらいに思われそうですが

私は抗がん剤を8クール行った後に手術をする予定で、今は抗がん剤治療中です。抗がん剤は肝臓に負担がかかるので、禁酒しています。
ただ、これまで12年間、お酒が好きで1年で360日以上ビール500×3本くらい飲んでいたので、
なんだか楽しみがなくなった感じがして、〜を楽しみに頑張ろ!!みたいな気持ちが持ちにくくなりました。

お酒以外にも、病気のせいで今後できなくなること、抗がん剤の副作用で髪が全て抜けてしまったことや、
周りに心配かけたり驚かれたりすることの憂鬱さ、金銭的な不安、などで落ち込みます。
心も荒みますし、相当ネガティブになります。

色々なことを家族に制限されたり、心配されたりするのが嫌で、多少の不調はなんでもない大丈夫と嘘をついたり。

あれはダメ、これはダメ。奥様が、旦那様の身体のことを考えてというのはわかりますが、
そのことも今は旦那様のストレスになっていると思います。
お酒やタバコなど、辞めないといけないものや、肉や油物など避けたほうが良いものを、
いっきに制限されたら、そりゃまずそうにご飯かっこむだけにもなると思いますし、
更に奥様が強く言えば、更に逆効果間違いなしです。(胃癌、肝硬変の義父がそうでした)
やけくそで黙って外に飲みにでも行ってしまうんじゃないでしょうか。

QOL(クオリティ オブ ライフ)というのは聞いたことありますか?
患者自身の尊厳をより保ち得る生活の実現を目的とした援助が必要という考え方です。
「病気は(食事制限や辛い治療で)治ったが、患者は(精神的に)死んだ」という状態が問題になり、注目されている考え方です。
内科の先生のお考えを曲げて責任取れるのかって、その意見を取り入れるのは自己責任だと思いますし、
医者の言うとおり(ご主人的には)厳しく制限して、治療して、病気は治っても.....ということもあるわけです。


食事も、奥様は例えばゲルマン療法などに飛びつきたい感じなのかもしれませんが、
ご主人はなるべく以前と変わらない生活で治療受けて治したいと思ってるんだろうと思います。(私がそうなので)
なのでヘルシーメニューにするにしても、ご主人が好んで食べそうなものにする。
いきなり肉、油をやめるのではなく、脂身の少ない鶏むね肉や豚ヒレ肉などを取り入れる。
病院には「肉は絶対ダメなのか。この肉だったらっていうのもないのか」となんとかokもらってあげて欲しいです。

病気、ましてや癌になると、他人事だった死が考えたくなくても近く感じて不安になります。
死までの期間が人より短くなるだろうという不安は、「しっかり治して元気になろう」より、
「それまでにやりたかったこと、行きたかった所、食べたいもの、どれだけできるかな」が強いと思います。
(もしくは絶望)
好きな美味しいものを食べるなど、ちょこちょこ計画して楽しみにしてもらいながら、ヘルシーメニューでがんばってもらうとか、そういう工夫が必要だと思います。
治療中でも楽しみや前向きさを失わないで、きちんと取り組むにはどうしてあげたら良いのかを考えて下さい。

嫌がる旦那様に我慢をさせて...楽しくない、ストレスたまる、気力ない、治癒力落ちて...
いつか悲しいお別れが来た時、我慢ばかりさせないであげなければよかったと、そんな後悔をすることにならないことを願います。

質問した人からのコメント

2013/7/23 11:10:01

ただ不安で、自分の気持ちの整理も出来ず確かに、本人の気持ちなど私には図りしれませんね。もっとゆったり治療に専念できる環境を整えてやりたいと思いました。
ありがとうございました。

「右脇腹の痛み」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tmnbd847さん

2013/7/2011:15:16

私の主人も、肺がんでもう末期の4ステージでした。
持って3か月と
言われましたが、5か月まで頑張りましたが本
人は気の小さい人なので、本人には悟られないように家の者が本当に言葉一つにも気をつけて話したり神経を使いました。
貴方のご主人は、自分で肝臓がんと言う事を知っているのですから生きたかったら、自分で気をつけなければいけないと思います。
話が変わりますが、やはり義理の姪ですが50歳の若さで肝臓がんで亡くなり今年3回忌になりましたが、其れまで体調が変なので他のクリニックに行っていましたが逆流性胃炎だと言われてましたがあまりにも長いので他の病院に行った時には手遅れでした。
暗黙の臓器と言う位、気が付いた時には遅いと言われる病気をしたのですからご主人ももう少し考えを変えなければ、又貴方も少し甘すぎるのではないですか・・・・・
ご主人のお年は何歳かは解りませんが、癌の本でも見せて切羽詰まった現実を思い知らせた方が良いのではないですか。
野菜が嫌いなんて言っているようですが、体の為と思って食べなければと思いますが。
再発なんて事になったら、大変ですから良く話あって其れでも駄目でしたらしかたがないですよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。