ここから本文です

インドや中国の影響を受けた日本の仏像についてどのような作品があるかお教え願え...

ent********さん

2013/7/2405:09:10

インドや中国の影響を受けた日本の仏像についてどのような作品があるかお教え願えませんか?

日本の仏像でインドから中国の影響(シルクロード)の影響を強く受けた仏像をさがしています。その仏像の名前と何処に収蔵もうしくは奉納されているかの情報をいただけませんでしょうか? また インドもしくは中国のどの仏像に似ているかも書いてくだされば幸いです いかんせんどの仏像も制作年が近いと同じに見えてしまい 提出課題にならなくてこまっています。いかんせん技術屋なのでこういったことには疎くて

閲覧数:
804
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sim********さん

2013/7/2709:32:59

仏教そのものがインドで誕生して中国を経由して日本に伝わったため、
基本的には全ての仏像がインドや中国の影響を受けていると思います。
装束も基本的にはインドをベースに、
中国と日本でアレンジされたものです。
(菩薩については少し自信が無いのですが、たぶんこの考えで良いと思います)


しかし、それでは解答になりませんので、
より外来要素の強い仏像と言う事で解答させていただきます(あくまで私見です)。

まず、インド的要素では、
生前の釈迦を表現したとされる京都の清涼寺にある釈迦如来立像が有名です。
同タイプの仏像がもう一躯、
日本にある様ですが、場所は知りません。

日本の仏像は頭髪が螺髪の表現となっていますが、
こちらはまだ「髪の毛」のイメージが表現されています。
これはガンダーラ仏に近い表現だそうです。

画像はないですが、お寺はこちら
http://www.kyotok.net/tera120.html

次に、中国的要素でしたら、
遣唐使などが持ち帰った仏像が、
各地で何躯かは知られています。
展示図録ですが、
こちらをご紹介させていただきます。(『大遣唐使展』奈良国立博物館)

ちなみに、シルクロードの色濃い仏像ならば、
毘沙門天の中で兜跋毘沙門天と呼ばれる仏像があります。

西域の兜跋国が敵に攻められた時に、
毘沙門天がこの姿で現れて助けたという伝説に基づく造形です。
このため鎧の形とかを西域風を色濃く表現する様ですね。

こちらです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%9C%E8%B7%8B%E6%AF%98%E6%B2%99%E...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

あしゅさん

2013/7/2417:48:59

梵天、帝釈天、閻魔王を含む十王あたりは中国風の服装をしていると思います。
梵天と帝釈天はほとんど同じ格好なのですが、帝釈天は衣の下に甲冑をつけているというお約束があります。

ネットで画像を見るのでしたら『東大寺 三月堂 梵天』または『帝釈天』で探してください。ただし、三月堂は名前が逆になっているようです(甲冑付が梵天)。
時代が下ると、梵天・帝釈天の像はあまり作られないようです。守護神なので、敵がいなくなれば、その役目もなくなるということかもしれません(同じ理由で四天王も時代が下ると見られなくなります)。

インドの影響を仏像の中に探すのは難しいかも知れませんが、梵天、帝釈天、閻魔、はみんなインドで仏教の前にあった宗教の神様にのようです。

閻魔は夜摩天という名前も持っています。こちらから辿ればインドでの様子がわかると思います。
ウィキペディア 『夜摩天』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E6%91%A9%E5%A4%A9

仏像は大まかに、如来、菩薩、明王、天部と区別されますが、天部はほとんどインドの仏教以前の宗教の神様のようです。

あと、シルクロードの影響としては、観音菩薩が1人でいるときは、たいてい瓶を持っていますが、あれは砂漠を越えた証拠というのを読んだことがあります。砂漠では水が何よりも大事ですから、インドでは持っていないものを持っているということでした(本当にインドでは持っていないのかは確認していません)。
そして花瓶に見えるから日本では花を入れちゃったという。

インドや中国の仏像に似ている、というのは難しいですね。どこを以って似ているというのか。
日本の中でも時代によって、服装、髪型(髷の種類や大きさ、髷の高さなど)、顔つきが違います。違いがあるので、作られた時代がわかるのですが。
インドから伝わったものですので、似ているといえば似ているし、似ていないといえば似ていないとしか・・・。すみません、役に立たなくて。

観音像についてですが、瓶を持っている方は結構いらっしゃいます。
有名なところでは、奈良の法隆寺の百済観音、奈良の聖林寺の十一面観音、同じく奈良の室生寺の十一面観音あたりはネットでも画像が出てくると思います。

あと京都の東寺の講堂の梵天と帝釈天は中国風ではなくてインド風だと思います。あそこは密教なので。帝釈天は甲冑を着けています。

仏像の中にインドや中国の影響を探すのでしたら、如来や菩薩に絞るのも良いかと思います。
天部は仏教に取り入れられた時点ですでに『いじられて』いるわけで、いじりやすいと思われます。
その点、如来や菩薩は結構薄着なので、あれはインドからそのまま来ていると思います。

仏像ではないのですが、奈良の薬師寺の金堂の薬師如来の台座は、シルクロードの影響をうけた模様があると聞いたことがあります。

zev********さん

2013/7/2409:14:54

いわゆる奈良仏教(飛鳥から奈良時代に登場した仏教)の寺院にある、製作年数のふるいもの、あたりでしょうかね。

仏さまがまとっている衣服のシワが、オリエント(ギリシアからインド)の影響がある、とされています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる