ここから本文です

尺貫法について 建築業界の慣習でよく尺だとか分だとか軒だとかそういう単位で...

eso********さん

2013/7/2420:25:55

尺貫法について

建築業界の慣習でよく尺だとか分だとか軒だとかそういう単位で大工さんは言ってくるのですが、一尺=約303mmだというのが自分の住んでいる地域ではそう言っています。

かし、そうでない地域もあるらしく、「そうなの?!」と少し驚きました。

ひょっとしたら関西と関東などで
微妙に違うのでしょうか?

わかる方いらっしゃったら教えて下さい

閲覧数:
400
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nii********さん

2013/7/2421:36:17

関東間の場合は柱の芯と芯を基準で計ります。

関西間は、柱と柱内側の間隔を基準に計りますので、

関西間のほうが、同じ6畳間でも広くなります。

質問した人からのコメント

2013/7/25 12:52:35

降参 回答有難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2013/7/2420:48:04

建築などで使う曲尺=30.3cm
着物などをはかる鯨尺=37.9cm
など「尺」にも色々種類があるようです。

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/hakubutsukagaku/museum/...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる