ここから本文です

アレルギーを持つ愛犬のドッグフードについて

wn5********さん

2013/7/3020:39:25

アレルギーを持つ愛犬のドッグフードについて

我が家の愛犬(雑種♀6歳)。指間、口の周りにかゆみが出て数年になりますが、最近アレルギー検査を受けました。

その結果リンパ球反応検査で牛肉・大豆・が陽性、豚・鶏・卵黄・牛乳・小麦・じゃがいもが要注意でした。

これを参考にドッグフードを選ぼうと思ったのですが、いいなと思ったものにはポテトが含まれているのです。
ジャガイモが要注意ということは、ポテトプロテインとかもだめなのでしょうか?それとも試してみないとわからない?

早く薬から卒業したくて神経質になってしまう自分が嫌ですが、経験者の方がいましたらアドバイスよろしくお願いいたします。


血液検査では牧草が要注意、日本杉が陽性でした。ノミダニ類は大丈夫でした。

閲覧数:
1,105
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cot********さん

編集あり2013/7/3021:58:27

うちの愛犬も、小麦、大豆、ジャガイモ、卵黄、牛肉、ダメです。(他にもまだ色々あるんですけど・泣)
うちの場合厄介なのは、前者3つが陽性です。
ドッグフード探しはやっぱり難航しました。
ジャガイモは、グレインフリー、穀類除去食には代替品として使われていることがとても多いです。
いまだに全部除去は見つからず、いくらか妥協しています。

うちの場合、片寄りすぎていて、手作りでバランスとれる自信がないし、
オーダーメイドは経済的に無理なので(キロ15000円とか20000円とか、うちは月5kg消費するので•••)
アレルギー体質ということで、ローテーションにもしたく、目下探し中でもあります。

ポテトプロテインは、避けました。
アレルギーはタンパク質に反応するのでしたよね。プロテインってタンパク質です。
ポテトファイバーは、妥協しています。食物繊維くらいなら大丈夫かなと。
今のところ、カユカユ出てないです。

うちは今のところ、ナチュラルバランスのフィッシュ&スイートポテト、K9のラムを与えています。
ローテーションとして試すのには、K9の鹿と、ケイナインキャビアのフード(まだ詳細を調べ中)を考えています。

ちなみに、ヨーグルトも試行中です。
愛犬は好きなようで喜んで食べています。
変化は今のところわかりません。

質問した人からのコメント

2013/8/4 18:13:42

同じようなワンちゃんがいらっしゃるようで、少しほっとしました。ドッグフードも参考にさせていただき、うちの愛犬にあったドッグフードを探していきたいと思います。ちなみに現在半手作り食です。犬用のプロバイオティクスも気になっています。他の皆さんのご回答もとても参考になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tho********さん

編集あり2013/7/3118:27:53

リンパ球やIgEなどの血液アレルギー検査で陽性と出るものと、実際に食餌アレルギー症状が出るものはあまり合致しませんので、検査は参考程度に考えてください。

それとアレルギー反応は基本的に蛋白質(プロテインやグルテン)に対して起こるものです。じゃがいもに要注意ということはじゃがいも蛋白(ポテトプロテイン)に要注意ということです。

●DアシストKO(カンガルー&オーツ麦)やセレクトプロテイン(ダック&タピオカ)とかの新奇蛋白食
●アミノペプチドフォーミュラ、z/d ultraなどの加水分解食
をお勧めします。

アレルギーは脱感作をしない限り完治はしません。できるだけアレルゲンを避けて寛解状態(症状がない状態)を保つことが治療目標になります。

nic********さん

2013/7/3104:02:50

うちの子もアレルギーでアレルギーが入ってないフードでも反応が出てしまって大変でしたが

手作りごはんにしてからあまり反応が出なくなりました


もしどのフードを試しても反応するようなら手作りをしてみるのも良いですよ


自分で食材選べれますし組合せも自由なのでアレルギーがある食材は入れずに済みますから



獣医師の須崎先生が出されてる手作りごはんの本が参考になりますので興味があれば一度読んでみて下さい

rai********さん

2013/7/3021:53:10

フィッシュミールなど魚をメインにしたフードとか有りますよ。
先ず、アレルギーを知る事から始める事です。
アレルギーの子にはアレルゲンを遠ざける事。と言いますが、これは治るのではなくその状態を死ぬまで続ける事になります。
アレルギーが有るのは環境と遺伝ですが、環境も遺伝も体質改善をしないと治らないです。
それと言える事ですが、今の環境は良すぎると言う事。
そもそもアレルギーを起こす原因は免疫の暴走と言って過言ではありません。
本来の外敵が来ないので違う物に対して反応する事がアレルギーなんです。
花粉症が良い例で、そもそも回虫に対して備わってる抗体が余りにも良い環境で回虫の一匹にも出会う事が出来ないから花粉症になるのです。
それは幼少期に関係し、その時期に良い環境に有れば有る程持っている抗体が他に反応しやすいのです。
ワクチンの原理を考えると分かると思いますが、一度感染すれば免疫を付けます。
遺伝で受け継いだ免疫は感染しない限り本来の目的を見失ってるといえます。
何歳のワンちゃんか分かりませんが、ヨーグルトを少しずつ与えアレルギー反応が出る手前を続けると良いですよ。
乳酸菌が腸内環境を整え、やがて抗体も強く正常になります。
自己免疫の暴走がアレルギー症状になるとご理解下さい。
元から治さないと完治しない病気ですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる