ここから本文です

窓枠のシーリング打ち替えで使用するコーキング材について。 外壁はトタンです。 ...

pen********さん

2013/8/520:14:09

窓枠のシーリング打ち替えで使用するコーキング材について。
外壁はトタンです。
コーキング打ち替え後に錆止めとニッペのファインシリコンフレッシュを塗装する予定でいます。
この場合、コ

ーキング材はウレタンか変性シリコン、どちらが適しているのでしょうか?
ウレタンの上に、伸縮性の無いペンキを直接塗る場合、ウレタンが伸縮したらペンキが割れやすく、紫外線に曝されて劣化が早まるのではないかと心配しているのですがどうでしょうか。
普通はどちらを使用するものなのか知りたいです。

閲覧数:
506
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2013/8/610:15:56

どちらもつかますが、普通は、変性シリコンですよ

強いて言うならばノンブリードタイプの変性シリコンがおすすめです。

それとファインシリコンフレッシュは硬質タイプではありませんので
塗膜が、コーキングの、伸縮で割れると言うことはすぐすぐはありません

質問した人からのコメント

2013/8/7 04:56:53

感謝 参考になりました!ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる