ここから本文です

偏差値至上主義の夫が子供に「勉強!勉強!」と言います。 夫について… ・幼少...

ots********さん

2013/8/1913:19:35

偏差値至上主義の夫が子供に「勉強!勉強!」と言います。

夫について…
・幼少時、親に「勉強!勉強!」と言われ泣きながら勉強してきた
・部活に入らず塾三昧の青春時代だった
・私と結

婚する際「もしお前が大卒じゃなかったら両親が認めなかった」と言われた
・肉体労働者を常にバカにしている
・義両親は孫(うちの娘)に会うたび「成績はどうか?勉強は頑張ってるか?」と尋ねる
・勉強に青春を捧げてきた夫は大学受験で失敗し、不本意な三流私大に進んだ

という経緯です。
一方、私は勉強をほとんどせず、自由にのびのびと学生生活を送り、夫と一緒の三流私大に第一希望で入った次第です。

夫は子供(小6)が学校の水泳検定で表彰されても「ハンッ。そんなもん貰って喜んでる暇があったら勉強しろ」と取り合ってくれません。
何につけても「勉強!勉強!」と。

偏差値だけで測ろうとする夫や義両親の考えって、どうなんだろう?と疑問に感じます。

いまいち賛同しかねるので、母親として今のところ、勉強→偏差値UP→入れる大学が増える→将来なりたい職業の選択肢が広がる→だから勉強頑張ろう、とは言っていますが…。
子供には、夫のように、偏差値の低い人をバカにするような大人には育ってほしくないのです。

来年中学ですが、このままでは部活もさせないような勢いです。

最終学歴が物をいう、最後に笑えれば“青春時代の部活の有無”なんて取るに足らないもの、という夫の見解について、どう思いますか?

勉強ばかりで青春時代の思い出が一切無いなんて、寂し過ぎると思うのですが。

どちらが子供のためなのでしょうか。

補足回答ありがとうございます。夫の兄弟は、偏差値至上主義でのいわゆる勝ち組で、配偶者も偏差値の高い人で、子供にも英才教育を徹底しています。義実家のルールに則るなら“好スタート”を切っているように見えます。のんびりしているのは我が子だけなので、 もし将来我が子が低所得で苦しい思いをするようになったら、私が“勉強!勉強!”言わなかったせいかな…と後悔する気もするのです。なので迷っています。

閲覧数:
4,691
回答数:
15

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

編集あり2013/8/2011:34:07

otsukeotsukemonoさん

勉強のことはあなたに任せるわ、で良いと思いますよ。

私はのびのび育てたい。で良いんじゃないでしょうか。

二人して勉強勉強だと、
旦那様みたいに、「大学受験に失敗」とか「三流私大」とかいうようになります。


大学受験に失敗も成功もありません。
全部本人の実力です。

大学に一流、二流、という格付けは存在しますが、
自分が入った大学なら、それは単なる「私大」で自分にとっては「一流」です。

自分の行ってた大学を三流だとかいうのは、
自分の実力はもっと上にあると思いたいだけの阿呆な言い訳です。

夫のような人に育ってほしくないなど、
なぜあなたが言うのでしょう。
そういう旦那様を選んで結婚されて、
望まれてお子さんを産まれたのではなかったのですか?


勉強がすべてではない、ということをご主人は学べていない、
ということを、
あなたが教えてあげなければいけませんよ。

補足への回答:

自分の子供が低所得で苦しい思いをしたら、
それは本人の問題です。

勉強っていうのは、義務でもないし責務でもなく、権利です。
やりたければやればいい。勉強できる環境が日本にはあるんです。
まず教えるべきは、己の豊かさです。
それもわからないのに勉強勉強では、あなたのご主人のコピーができるだけですよ。

偏差値至上主義の勝ち組と思うのも結構ですし、
そういう価値観を持つのも結構でしょう。

けれど、世界には、自分とは違う価値観の人間がたくさんいるのだということをまず知るべきですし、
その様々な価値観を、受け入れなくていいから、否定しないで尊重できる心の豊かさを持つべきですし、
それをすべて、自分の価値観で判断してしまう愚かさを知るべきです。

偏差値が高いだけで、勝ち組だとか人を卑下する人間が、
豊かだとも思いませんし、頭がいいとも思いません。
とても哀れですし、おろかですよ。

子供は自分のやることくらい自分で決められます。
勉強勉強行ったって言わなくったって、
やる子はやるしやらない子はやりません。

親ができることは、美味しいご飯を作ってあげて、
やりたいということをやらせてあげて、
礼儀を教えてあげて、ぬくもりや愛情というもの教えてあげることだけです。

お子さんを兵隊にしないでくださいね。

質問した人からのコメント

2013/8/25 09:41:42

たくさんの回答に感謝します。親が偏差値だけを重視することの危険性がよく分かりました。BA本当に迷ってしまい全ての方に差し上げたいところなのですが、>兵隊にしないで、、の一文がグッと胸に刺さったので、選ばせていただきたます。
自分の思い通りに育てようとしていた節があったことを痛感しました。子供の素質を潰さないように、その子に合ったカタチのサポートを見つけたいと思います。皆様本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2013/8/2508:44:49

>一方、私は勉強をほとんどせず、自由にのびのびと学生生活を送り、夫と一緒の三流私大に第一希望で入った

この結果を旦那さんに突き付けてみたらいかがですか?
それとも、そこまで勉強浸けにしなければ大学に入れないと思ってる?私の子供なんだから、大丈夫!と

旦那さんが偏差値・大学にこだわる理由は何でしょう?
いい大学に入って、いい企業に就職して・・・
結局は収入ではないでしょうか?

ちなみに、私も主人も高卒ですが、旦那の年収は1000万超えです。
首都圏で一戸建て所有してます。
全ての人に当てはまるとは思いませんが、高卒でも関係ないと思ってます。

一流と言われる大学を出ても、リストラ・倒産で平均収入以下という人は腐るほどいます。
そんな人生の壁にぶち当たった時にこそ、勉強以外での経験が大事になって来るのだと思います。

旦那さんにはお友達はたくさんいらっしゃいますか?
人は一人では生きていけないのですから、人との関わり・人脈で助けられる事が多く出てくると思います。

勉強を否定はしませんが、人生それより大事な事がいっぱい有るって経験するチャンスを奪わないであげて下さい。

アバター

ID非公開さん

2013/8/2416:23:59

子育てにおいて何が正しいのか?という内容ですが
その正解は、各家庭に委ねられている事だと思います。
ですので ご主人の考え方が間違っているではなく
妻である貴方とご主人に育てられるお子さんが
正しいと思えれば 従うしかないのでしたら
貴方の家庭においての子育てに対する答えは
ご主人の考え方という事になります
各家庭の子育てがどうであったのかが証明されるのは
子供が20歳30歳40歳となった時に
どんな人間になっているのか どんな人生を歩んでいるのか
で表される事になりますので
ご主人の子育てに対する評価もその時に下される事になりますね
私は二人の子の父親です
私の子育てに対する考え方・価値観は、ご主人とは違います。
勿論 勉強も大切です。子供自身が何かを望む時
勉強を疎かにしない事を条件にするくらいです
ですが、勉強が全ての中で一番大切な事とは全く思っていません。
大切な事の中の一つという位置づけです
それは、自分自身の人生経験 数多くの人達との出会いの中から
培った人生観・子育て観です
素晴らしい人物とは?幸せな人生とは?
こうした事に対する答え・考え方・価値観が
私とご主人とでは大きく違うという事だと思います。
私自身のこれまでの数多くの人との出会いの中で
勉強・勉強・偏差値・偏差値 と子供を育てた人の実話を
二つお伝えさせて頂きます
一人目の人の話です。その人も子供を勉強勉強として育て
高校時代 大手予備校の全国模試で一桁の順位をキープさせ
本当に見事なまでに その人の子供は偏差値社会を勝ち抜き
東大法学部に現役合格しました。
そして 在学中に司法試験をその子は受験しました
試験と名の付くものの世界で連戦連勝し育って来た子でしたので
当然 今回も一発合格出来る自信の中で受験した所
不合格だったそうです あの司法試験です
十何回受けてやっと合格したと言った人が当たり前の様に存在する試験です
初めて受けて駄目だっただけの事なのですが
その子にとっては産まれてはじめての大きな挫折
誰にも負けた事がない試験の世界での敗北だったのです
たったそれだけの事と思われる事ですが
その子が結局その後どんな人生を送ったかと言うと
40歳代・独身 現在 地方のアパートで一人暮らしです
現在 その親子は絶縁状態です
二人目の方は、三人の息子さん全員を医師に育てた人です
三人の子を医師にする どれだけその方が必死に育てたか
想像出来ると思います。そして 長い年月を経て
その方自身介護を必要とする身になりました。
三人の息子達もその間それぞれ結婚し家庭を持っています
親が介護を必要としているのに三人の息子そしてその妻達
誰一人として実家に寄り付こうとはしませんでした
気遣ったり 面倒を診ようとはしませんでした。
三人の息子達の職業は医師です
その方は、晩年 子育てを間違った 子育てを間違ったを
口癖として繰り返しながら一人寂しく人生を終えました
全て実話です 私が実際に接してきた人達の話です
勿論 世の中のほんのほんの一端に過ぎない話でもあると思います
ですが それぞれの子供達 そして親子関係において
全員が偏差値社会を偏差値競争を勝ち抜いた人達なのに
子供だけに限らず その親も含めて
何が間違っていたのでしょうか?何が足りなかったのでしょうか?
何が備わっていなかったのでしょうか?
何を身に付けられなかったのでしょうか?
子育てにおいて 子供の人生において 子供という人間に対して
いったい何が大事だったのでしょうか?
親子関係において いったい何が大事だったのでしょうか?
幸せな人生とは いったい何だったのでしょうか?
最後にもう一度繰り返します
親の子育てがどうであったのかは
子供が20歳30歳40歳・・・と言った年齢に成った時点で
証明される事です。
私の話が何かのご参考になりましたら幸いです。

rwf********さん

2013/8/2412:10:29

目的も理解せずにただ詰め込み勉強だけしても意味ないでしょ。あなたの旦那がその典型例だよね。勉強しかしなかったのに、結局三流大卒で大した成功もせず、ひねこびた価値観しか持ち合わせてないんでしょ。

ただ、あなたの主張する漫然と中庸だけを取り続ける生活からも、凡庸な人間しか育たんような気がするのでどっちもどっちでしょうね。

sar********さん

2013/8/2302:11:46

うーん
私の知り合いの人は、親に「勉強しろ」と言われ続けた結果、有名私立中学に入ることができましたが、部活もしていなかったので途中で燃え尽きてしまい、センター4割で合格できる私立大学に行くことに(しかも推薦)なってしまいました。


部活は絶対にやった方がいいです。息抜きにもなりますから。
私の大学(関東で言うマーチくらい)の人も中学・高校と部活を続けてきた人が多いです。(私は高校はほぼ帰宅部ですが)


ただ、部活で怖いのは同じ部の不良に絡まれたり一緒に行動させられたりすることでしょうか。
それだけ注意しておけば良いと思います。

gjy********さん

編集あり2013/8/2100:46:13

偏差値云々は狭義の勉強ですね。
広義の勉強も小さい頃から織り交ぜてみてはいかがですか?

つまり「人生を楽しく生きる」という目標においては、スポーツや友達付き合いも(人生)勉強の一貫たり得るのだと思うのです。詭弁かもしれませんが・・・
ともあれ、子が「生まれてきて良かった」と思えるように成長して貰えれば、偏差値以上に親冥利に尽きると言えるのではないでしょうか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる