ここから本文です

横浜タイヤDNA S.driveと、ダンロップDIREZZA DZ101の比較です。雨の日の山道コー...

b1a********さん

2007/4/120:12:26

横浜タイヤDNA S.driveと、ダンロップDIREZZA DZ101の比較です。
雨の日の山道コースでスポーツ風に走行するのに優れた方を買うならどっちが良いですか?(速度は100km/h程度とした場合)
また、静かさを求めて選ぶならどっちが良いですか?
どれくらい違いがあるのかわかりますか?

http://www.autobytel-japan.com/goods/tire/yokohama/dna_sdrive.cfm
http://www.autobytel-japan.com/goods/tire/dunlop/dz101.cfm

閲覧数:
29,405
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wal********さん

2007/4/206:09:19

雨の性能を比較するなら迷わずダンロップです。

ダンロップは昔からウェット性能に対してかなりまじめに開発しています。
僕自身、ウェット性能を重視するので、ダンロップを買うことが圧倒的に多いです。
元々イギリス(雨が多い)のメーカーだということも、無関係ではないでしょうね。
モデルチェンジごとに見せる進化はなかなかのものがありますよ。

ある銘柄がモデルチェンジしたとき試したことがありますが、明確な違いがありました。
水溜り(数十メートル続くわだち)を走ったとき、ハイドロを起こす速度で10km/h 以上の差がありました。

ヨコハマは昔から雨が苦手な印象で、またメーカー自身そこまで重視していないように感じます。
M3以前の時代はもちろんの事、現在もウェット性能はやや低めでしょう。
話はズレますが、実はネオバは、ブリヂストンの01に対抗するために排水の溝面積を01より1割少なくしています。
トップグレードのスポーツタイヤは、通常はドライ性能で語りますからね。
この辺りを見ると、やはりウェットに熱心ではないのだと思われます。
結局その後新型を発表したファルケンやダンロップも、トップグレードでは同じ手法を用いています。
この流れを作ったのがヨコハマですから、何となく納得してしまいました。

さてDZ101とS.driveの比較ですが、やはりウェットでは上記の通りダンロップの方が上で間違いないかと。
また静かさでも、ややDZ101ではないかと思います。
音の質が違うので、人によって印象が別れることもありますが、DZ101のほうがやや上を行っていると思います。

ヨコハマは、昔はレスポンス重視の固いモデルを作っていました。
M5まではかなりうるさかった(当時は許された)のですが、手応えから人気がありました。
M7(R)でも、まだまだうるさいタイヤでした。
ダンロップもW10まではうるさかったのですが、しなやかさはあったのでモデルチェンジで大きく変わりました。
W10のあとのFM901ではウェット性能が急上昇し、騒音もかなり抑えられたんです。
その流れを受け継いでいるのがDZ101です。

b1ack_m0useさんの目的からは、ダンロップをお薦めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる