ここから本文です

優生思想ってそんなにいけないことなのですか

*さん

2013/8/2307:45:53

優生思想ってそんなにいけないことなのですか

昨日の読売新聞を読んでいたら、出生前診断で発見されたダウン症の子の堕胎や不妊治療の末の減胎手術についての識者のコメントが載ってました。
読売新聞ですら優生思想を危惧するんだな驚きました。
誰彼かまわず生きる権利があるといったって、大人の生きる場所は成果主義いう超優生思想の下しかないじゃないですか。本当に優秀な人以外は雇われないし簡単にリストラされるし。
出生前診断でわかるのはダウン症くらいですし、生まれてからじゃないとわからない障害もあるのは承知していますが、倫理と社会の仕組みが摺りあってないなと思うんですが、、
世の中が社会・共産国家にならないかぎり優生思想というのは必要なんじゃないでしょうか?

閲覧数:
58,061
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kih********さん

2013/8/2309:45:45

> 優生思想ってそんなにいけないことなのですか
思想を「いけない/構わない/推奨する」とわけるような考え方って、合理性がありますか。合理性があると考えるなら、どのような基準に基づいて合理性を判断しますか。
読売だろうが、東京新聞だろうが、赤旗だろうが、社会的にある程度の顧客を抱えているメディアは、顧客の支持を失いそうなことと自社の編集部が思うことは載せないか/留保条件付きのような表現を盛り込んで載せます。優生思想を直接推奨するようなことは後のバッシングを考え、通常のマスメディアではしません。 バッシングということが、選別排除を目的とする行為なのですが、危険思想の排除、選良主義の排除、差別主義の排除などに関しては例外でバッシングが公認されているような状態になっています。 公共の安全確保、災害の危険の事前排除、不安要因の除去を明示的に目標と掲げれば、多くのことが許され、《識者》も、政治家もマスコミもそれを喧伝する傾向がみられます。
問題の基本は、倫理・道徳をメカニズムとして研究の対象に考えるのではなくて、倫理・道徳を正義とリンクして価値あるものとしてとらえる思念・思い込みにあります。
《功利主義で考え、どちらが有利か、リスクやハザードをどう織り込むのかといった視点で秤量する》というのであれば、理屈上は整合性が保てますが、そうした客観的・理論的に情報を取り扱うことはごく一部のヒトが例外的なことに適用できるだけで、大半の人にとっては全く縁のない空想のものでしかないです。
多くの人は直感的/感覚的/その場の状況に影響されて好悪、嫌悪、忌避、拒絶、排除、攻撃をします。
http://www.geocities.jp/wan_ojim/sub4c.htm
上記webの筆者は〔生存本能(生き延びたい)⇒恐怖心(死にたくない)⇒差別意識(障害が怖い)⇒優生願望(障害を避けたい)⇒消極的優生思想(障害者を避けたい)⇒積極的優生思想(障害者は不用)⇒破滅的優生思想(障害者を排除したい)〕という連続した流れが存在しうることを示して、《「生存本能」を始点とし「破滅的優生思想」を終点とする、人の心の変化の連続性が見て取れます。優生思想とは、狭義においては「論理の顛倒」であり、広義においては種の保存に関する「本能的欲求」であると考えます》と書いています。
このwebの筆者は《全てが悪循環した場合のモデルケースであって、必ずしもこうなる訳ではありません。どこかで分岐させることで、有益な結果に導くことが可能であると考えます》と結んでいて、連続した流れが存在しうるけれども、流れを断ち切ることもできなくない点を重視しています。
ヒトによっては、極端に走らずに中道の道を行くべきと述べたり、何事も程度をわきまえることが大事だと言ったりもします。
考えてみれば、遊びが好きでも休憩や食事、排泄で中断することはあるし、時間つぶし?で親や友人、先生との日常会話をしたりもするし、勉強したり、息抜きもするわけで、首尾一貫してある考え方や生き方をしているわけではないです。
生一本というか、ある価値観だけで一切を仕切るヒトが周囲にいたら、結構辛いので、そうした人物は嫌悪、忌避、拒絶、排除されるでしょう。
優生思想が良い悪いという価値判断の問題ではなくて、優生思想を振りかざしてすべてを仕切る動きになることを敬遠、警戒しているのだと思います。
成果主義でも同じです。それを金科玉条に振りかざされては堪らないというので、適当な?弱いバランスで成果主義もあるし、年功や先輩後輩、同輩、あるいは寛容、許容、救済、支援もあります。 学校教育でも、スポーツ芸能、職業でも能力向上は重視され、あるレベルにも達しないのであれば別枠に排除されますが、それをパーフェクトに徹底するようなことはしません。
優生思想は必要かどうかという以前に、日常的にごく普通に見られる思考であり選択です。 しかし、それを徹底させていこうという考えにはかなりの拒絶があります。 どのあたりで曖昧にするかが、社会のそれぞれの状況でしょう。
http://homepage2.nifty.com/etoile/hansen/03eugenics.html
優生思想は必要/不必要という単純な発想では、喧伝・デマゴギー・《マスコミ識者》政治屋の発想から抜けられないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hyd********さん

2013/8/2613:44:51

別に君自身がどう考えて、どうするかは自由だと思いますね。
ただ、それが社会全体の考えとなるかはまた別の問題でしょ。

障害児でなくても、堕胎する人はいくらいでもいるのだから、世論がどう形成されようが、関係ないと個人的には思いますね。堕胎したけりゃするし、育てたければ、育てる。それだけのことです。

そもそも社会に本当に生きる余地がなければ、現実的に淘汰されてます。そういった意味で、過去よりも障害者の生きる余地は拡大していますし、これからも拡大をすることが予測されます。

優生思想を取り入れることでのメリットがよくわかりませんね。
社会的弱者の排除による、社会のスリム化でしょうか?

mim********さん

2013/8/2405:24:58

望まれない命を生まれる前に摘み取ってしまうの、僕は一応賛成です。
だって世の中ユートピアじゃないから。
しかも今の僕らの国って「障害者自立支援法」とかいう、名前とは裏腹に今まで働けないと見なされていた障害者に「働け」と言ってほっぽり出して福祉をケチろうっていう政策を実行しちゃう国ですよ。おまけに生活保護を支給されず自殺する人のニュースも毎年聞かれますよね。
綺麗事を言うのは障害を苦にせず暮らせる国をしっかり作った後にすべきだと思います。

でもこういう問題って「優生思想」と単純にレッテル貼りしていい問題かなあ。
「この子が生を受けて、この厳しい世の中で幸せになれるだろうか」
「自分はこの子をうまく育てられるだろうか」
などなどといった深い葛藤があっての決断に違いないでしょう。子供が欲しいから子供作ったんだし、中絶だって何度もポンポンできるようなもんじゃない、それは苦渋の決断なはずです。
それに対して文句を言うならまず支援をしろって話ですよ。

倫理と社会の仕組みがすり合ってない。まさにそうだと思いますよ。

2013/8/2321:19:25

私は20年前の若いころ、養護学校で教師をやっていましたから、実際にダウン症の子供と遊んでいましたよ。
「いのち」というものは言葉ではない。経験しないと「いのち」の何たるかを見失ってしまいますよ。
今思うのは、資本主義社会の競争主義においては金儲け・生産性だけが「ものさし」になってしまっているな、ということ。
でも資本獲得競争が激化すれば、世界戦争になり、核ミサイルが東京に落ちてその「経済的損失」は甚大です。
「生産性」だけで経済効果ははかれない。「戦争を避ける取り組み」も十分経済効果があるのです。つまり何百兆円の損害を出さない仕組みですね。「破壊防止性」と呼びましょうか。
「生産性」と「破壊防止性」の二つの「ものさし」で経済効果を考えてください。1回の戦争を避けるだけで莫大な予算も節約できるのです。「破壊防止性」とは「愛」です。具体的には「人権を守り、福祉を充実させること」です。優勢思想など「愛」に反します。
障害者を差別する社会は外国人も差別し、戦争へと突き進むのです。その責任は誰が取るのか。
ナチスは障害者を20万人虐殺し、第二次世界大戦を引き起こしました。それ以降、「人権」思想は世界中に広まっています。
でも未熟な人は「いのち」の大切さを知らない。経験不足ですね。実際に障害者のボランティアをしてください。自分が彼らの存在を否定する愛のない人間だと理解するでしょう。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kkk********さん

2013/8/2319:33:52

だからだろう。

分かるのはダウン症だけじゃないし。

これで一番儲かるのは保険会社。遺伝的に病気を持ってる人間が分かるのであれば、

そいつらの保険加入を拒否して、病気にならない確率が高い奴らばっかり保険に加入させた方が絶対儲かる。

病気にならずに寿命で死ねば、支払われた分の金が儲かるわけだからな。会社は保険金を払わなくて済むわけだし。




この質問者、保険会社の回し者じゃねぇのか?

ult********さん

2013/8/2317:49:52

多様性を認めないくせに優生思想まで認めないって訳が分からんよなぁ。

多様性は認めたくない。
でも優生思想を認めると善人面できないから優生思想も認めないってか。

多様性自体は良いんだけど、多様性を盾に悪行の限りを尽くす馬鹿もいるからなぁ。
「俺が悪いことするのも多様性の一つだしwww」みたいな。人それぞれ論と同じ。
「人それぞれ」でなんで思考が止まっちゃうのかね。
そのそれぞれについて議論しましょうってことなのに。

優生思想は優生思想で色々な問題がある。
例えば、遺伝子の偏りとか。他にもあるけど面倒くさいから割愛。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる