ここから本文です

病気の予防のために療法食を食べることについて、ご意見お聞かせください。

nemurihime192さん

2013/8/2320:29:15

病気の予防のために療法食を食べることについて、ご意見お聞かせください。

うちの猫は、尿結石の予防のためにpHコントロールという療法食を
現在食べています。獣医さんに相談の上、決めたことなのですが
昨日、このことについて指摘をされ、回答をしたら「そんなものを
食べさせられて猫がかわいそう」と言われてしまいました。
こちらの質問と回答文を、まずお読みいただければと思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311224711...

食べているpHコントロールという療法食は、正常なpH値を維持することと
健康な尿の量を保つ目的で作られているフードです。
このフードを、予防のために食べるにあたり、獣医さんには、特に問題ない
と言われましたが、健康な尿の量を保つために、お水をよく飲むように
普通のフードに比べて少し塩分が高いことから、特に腎臓の病気の子には
使えないものなので、健康診断(血液検査)を定期的にして
腎臓の様子をしっかり見ることが大切であるとアドバイスいただきました。
つい最近の血液検査でも腎臓は正常値だったので、現在も継続中です。

ですが、ご指摘もあったので、わたしは間違っているのかなと思い、最近は
尿検査もしていなかったので、セカンドオピニオンとして、いつもの病院とは
違う、救急医療も行っている大きめの病院に会社を早退して行って参りました。
尿検査の結果、pH値は正常だけど、療法食を食べている割には少しアルカリ
寄りなので、今の食事が助けてくれている可能性があるということや、今後の
シニア向けでpHケアもできる一般の総合栄養食への切り替え時期についても相談し
数値的に、切り替えたらアルカリの数値になってしまうことも考えられるので
切り替えは慎重にしましょうということなどを、ご指導いただきました。
今まで3つの病院でアドバイスを頂いて、今の現状があるわけなのですが
もっと違う意見も聞きたいと思い、質問をさせていただこうと思いました。

現在、何かの病気などの予防のために療法食を食べていらっしゃる方は
他にもいらっしゃいますでしょうか?また、食事に気をつけている方や、
今回の質問について、何か「わたしはこう思う」「うちはこうしている」など
色々な方のご意見も是非伺いたいと思いました。
pHを食べ続けることが「かわいそう」だという理由については、
前の質問でご指摘された人が知っているのかなと思い、一応リクエスト形式に
しましたが、できるだけたくさんの人の意見を参考にしたいと思っています。

補足文字制限で書ききれなかったのですが、だいぶ前から、腎臓の
負担を考えフードを切り替えるべきかは、ずっと考えていました。
そして今回の尿検査の結果で「この子は、アルカリになりやすく、
結石ができやすい子かもしれない」と言われました。
腎臓に負担はかけたくないし、シニアだし、けれど結石になりやすい
となると、どうすれば良いものか考えています。高齢の猫の適切な
食事など、まだまだご意見などをたくさん伺いたいです。

この質問は、kesseki_nyankoさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,135
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/8/2707:06:05

(つけたし)
人間で言うと、療養食→入院食、ロイカナなどの一般食→健康に気を使った食品、市販品→ジャンクフード
という感じではないでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~
病院で聞いてきました。私が通っている病院の見解ですので参考までにお願いします。
結論から言いますと、療養食で身体を壊すことはないそうです。
療養食は「予防食ではない」というふうに捉えてました。
PHは確かに塩分が多いとなってますが、それが原因で腎不全になることはない。
PHを食べているからといって、結石にならないわけではない。
私が通っている病院はヒルズとロイカナを推奨しているのでこの2種のお話になってしましますが、
この2種の「療養食」は誰が食べても負担がないようにできているようです。
仮に、あなたの猫ちゃんがPHを食べ続けて、腎不全になってもそれはPHが原因ではないという見解です。

病気は、体質・環境・性格等が関係してくるのであって、食事は補助じゃないかなと思います。

信頼できる獣医師の指導のもとで、飼い主が判断して決めたものは間違いないと思っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
我が家の猫は3匹おりまして、Aちゃんは健康、Bちゃんは結石の手術経験有り、C君は腎不全治療中です。
Bちゃんが結石になったことをきっかけに、PH2をあげていました。
それからC君が腎不全になり、3匹とも腎臓サポートになりました。

PHコントロールは難しいなと昔思いました。
PHは塩分が多いといっても市販のフードに比べれば少ないです。
それでも塩分が多いので腎不全のリスクが高くなる。

結石を優先するか、腎不全を優先するか。

もし、腎不全になって、結石がみつかったら手術はしないほうがいいに等しい。
開腹したら腎臓がだめになるかもしれないので。
となると、腎不全にならないようにするほうが先決なのか。

今は、健康なAちゃんも結石手術をしたBちゃんも腎臓サポートを食べています。
獣医さんも承知しています。
C君は腎臓サポートを食べるようになってから数値がどんどん下がっていきました。
C君は膀胱に結石があります。尿道にはおりてきてないので、このまま膀胱にとどまるか、おしっこと一緒に流れるか、最悪尿道で詰まったら、カテーテルで膀胱に石を押し戻すそうです。

あれもこれも総合的に考えて辿りついた答えが、
「だったら小さい頃から腎臓サポートをあげればいいのでは?」
(月曜日に病院で聞いてきます)

前回の質問者さんが、どういった理由でPHがかわいそうと言ったのかはわかりませんが、私の経験上PHは期間限定食と考えたほうがいいのかなと思いました。シニア用総合食がいいのかもわかりません。
飼い主さんが病院で、「結石予防したい」→PHを処方される。「腎不全を予防したい」→腎サポを処方される。「年寄りなので」→シニア用を処方される。「ダイエットしたい」→ダイエット食。「便秘解消」→消化器サポート

何を優先するかだと思います。あなたは、結石優先。前回の質問者さんは、結石以外のなにかを優先。

わかりにくい文章ですみません。病院で聞いてきて質問がしまっていなかったら付け足します。

質問した人からのコメント

2013/8/27 22:13:00

実際の体験談や、わざわざ獣医さんにまで聞いていただき、感謝しております。療法食で体を壊すことはないという意見に、とりあえず安心しました。皆さまの意見を元に、フードの切り替えをしてみようかと思いました。ロイヤルカナンのベッツプランのエイジングケアステージ1が準処方食と呼ばれる総合栄養食なので、良質なフードかなと思い検討中です。皆さま親身になってご意見くださり大変感謝しております。お礼申し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

michato0125さん

編集あり2013/8/2408:36:17

補足。
猫の為を思うからこそ、色々飼い主は悩みますよね。
一体何が正解なのか、はたまた正解はあるのか。ただ、気を付けて欲しいのは結石には厄介なカルシウム結晶もあります。
これはフードでは溶けませんし、むしろカルシウム結晶PHコントロールで悪化、原因になる事すらあります。
こちらはフードでは溶けませんから手術になりますよね。
我が家の前猫も晩年これに苦しみ、老猫で腎不全の猫には手術は無理で現状維持をするしかありませんでした。何度も尿がつまり慢性の膀胱炎。
とても辛く、あげくには慢性腎不全にさらに腎臓結石が原因の急性腎不全かかぶさりなくなりました。

シニア猫の結石もカルシウム結晶が多く、こちらも気をつけないとなりません。





それは医師によってわかれた見解をもってるんですよねぇ、
一度結石になったら生涯療養食と言う医師と、一生療養食なんてとんでもない!他の方法で予防の努力を!
という医師がいます。私の獣医は後者で、私もそれには賛同しています。
前の猫の腎不全闘病で猫の腎臓の弱さを痛感しているからです。
腎臓の数値が上がった後では手遅れだからです。
結石予防食は塩分がたかく、健康な状態の猫に腎臓に負担になり将来腎不全を呼びかねないフードは私は与え続ける勇気がありません。
それよりフードの良質な物を選び、結石の原因の一つの肥満を予防し、十分な運動そして十分な水分確保それが結石予防に大事だと指導されてます。
もちろん結石歴のある子は定期的に飼い主さんが採尿し病院で検査していく必要があるとは思いますけど。
まぁ、何をどう選択して飼育していくかは飼い主さんや信頼する獣医さんの指導しだいでしょうが、私は自分の猫には一生結石予防食は怖くて与えませんね。

vets_myzkさん

2013/8/2322:30:32

悩みどころだと思います。なぜ「そんなものを食べさせられて猫がかわいそう」とおっしゃったかわかりませんが。
ちょっと話は違うかもしれませんが、避妊手術も病気の予防としてする訳ですよね。でけれどもみんながみんなするわけではないですし、麻酔かけてメスを入れるのも可哀想という人もいます。どちらが正解という区切りはないと思います。本当に良いことばかりだったら、みんなするはずです。
なのでこの件も正解はないと思います。やはり飼い主さんが何を優先してご飯をあげていくかだと思います。

norikoksh12さん

2013/8/2322:18:17

私は猫ちゃんを飼っていますが体調管理は同居している娘夫婦がしておりますもので、難しいことはわからないのですが、以前猫ちゃんが結石になったときの獣医さんは治ったあとこれからも療法食を続けるようにおっしゃっておりましたが、引越しした先の新しくかかるようになった獣医さんは「一生療法食なんて信じられない」と大変驚いておいででした。
娘もインターネットで調べたりしたあと、やはり健康な猫ちゃんに結石の療法食は止めると判断しました。どこがどうとはわからないのですが、新しい獣医さんの指示に従ってお水をたくさん飲ませるような努力をしながら普通の餌に切り替えました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。