ここから本文です

私の不注意で父は怪我をしてしまったのでしょうか?

ora********さん

2013/9/421:49:45

私の不注意で父は怪我をしてしまったのでしょうか?

私の父は林業をしており、1ヶ月程前に木に挟まれて肩を骨折しました。
そして、先日退院して家に帰って来ました。

我が家は昔の家で、もう使用していないかまどがあります。
使用していないのでかまどの上に買ってきたカップラーメンを置いていました。

それを見かけた父は、
「かまどには神がいるんだ。」
「かまどの神様を侮辱するようなことを何でしたんだ。」
「そのせいで、俺は怪我をしたんだ。」と言います。

かまどの上にカップラーメンを置いていたために、
父は怪我をしてしまったのでしょうか?
私のせいで父は怪我をしてしまったのでしょうか?

補足ものすごく怒っており、怖いです・・・悲しいです

父は子供の頃、毎朝かまどの神にお祈りをすることにより、
学校での成績が上がっていつも一位を取っていたそうです。
父の努力等の実力あっての一位だったのではないかと思うのですが、
実際に神様の恩恵というものがあったりするものでしょうか?

閲覧数:
208
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

igi********さん

2013/9/421:54:35

その程度の事で怪我をするバチ?が当たるなら日本はおしまいですね(笑)
気にしなくて良いですよ。老人の戯言だと受け流しましょ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

umi********さん

編集あり2013/9/514:01:21

日本の神話ですけどね

荒神様 この方は別名竈の神様なのです。
また、『祟り神』 としても有名なのです。
タタリ ですよ。 そう、仕返しの神様です。
検索をかけてみて下さい。
怖い鬼の形相の神様なのです。
そして、火を守る神様ですね。

昔、未だ人間が未熟な時、
山の木が風で擦れ合って火災になる事を知らなかったとき、
自然発生する火を、神の祟りともしたのかも知れません。
諸説色々あるのですが、あなたのお父様は、
信仰深い方なのでしょう。
日本人は基本ラインとして、祟り神を恐れ、敬い尊ぶ事で
『私は貴方をお奉りしています、祟らないで下さい。』
と、災いを回避していたのです。
信仰の度合いもありますが、
火の用心 と思えば、
成る程・・・と思いませんか?

moc********さん

2013/9/422:43:17

昨年亡くなった主人の祖母は近所に住んでました。
ある日私に
○○ちゃん(私の名前)
お願いがあるんやけど
聞いてくれないか
と言うので聞くと

近所にある
お稲荷様、お薬師様、お地蔵様に参って小さなお餅を供えて来て欲しいと言うのです。

祖母の近所には私達だけでなく、叔母(祖母の実の娘)達もいて、よく出入りしてるのに何故私に頼むのかなと思ったら

皆忙しいし、別にそんなのしなくても…と言われるので私に頼んだようです。

特に主人の母である私の姑は(祖母の実の娘で長女)神仏が大嫌いで祖母がそんな話をしてるだけで

そんなん関係ないわ!
そんな事ばかりしてアホちゃうか!
と酷い言い方をするので
話すのも無理だったようです。

でも祖母は生きている限り毎日

お稲荷様、お薬師様、お地蔵様ありがとうございます
と唱えて自分の願いが叶うとお供えをしていました。

私はこれは個人の心の拠り所ではないかと思ってます。

その人が大切だから
その人の心の拠り所も大切にする。
それで良いのではないでしょうか。

新興宗教のような怪しいものなら全面拒否ですが(笑)

私ならお父様に

知らない事とは言え
神様に失礼してしまってごめんね
こういう時は神様にどうやって謝ったら良いのかな
せめてお父さんのケガが早く治るように神様に謝りたいんだけど
と言いますね。

あからさまに
そんな迷信を信じないでと言った所で考えを改めるものでもありませんから。

tri********さん

編集あり2013/9/422:14:29

かまどの周辺は、昔から火事の原因になっていたのかもしれませんので、気をつけなさいという、言い伝えなんでしょうね。大事な家を燃やしてしまう恐れから生まれた伝承でしょう。

いつもそんなことされてると、オチオチ仕事にも集中しないので、やらないでね、ということですね。
現在は、ガスの安全装置などでガードされていますから、それほどでもないですがね。

神様は、心の中にいるだけで、なにもしてくれないものです、しているのは自分だということでいいのでは。

kou********さん

2013/9/421:58:45

悩みどころがずれていると思いますよ。
お父さんの言葉を額面通りに取るのではなく、意図や真意を汲み取ってあげましょう。

実際問題、竈にカップラーメンを置いたことと怪我したことに因果関係はありません。
お父さんだってこの制でけがをしたと本気で言っているわけではないと思いますよ。
竈を大切にする気持ちをあなたに持ってほしい、気づいてほしいために、そういう言葉が出たのだと思います。
インパクトと言いますかね。

だったら普通に「竈はご飯を作る大切なところだからこんな風に置いちゃだめだよ」って言えばいいやん、納得いからへんわ
なんて言ってはいけません。
そういう意図を汲み取って、わかりましたと、カップラーメンなどを竈に置かないようにする。
置いてはいけない場所なのだと理解し認識する、という事が大切ですし、そうやって流しておくのも円滑な人間関係を築く力ですし、処世術というものでもあると思いますよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる