ここから本文です

中国の「国家主席」、「総書記」、「首相」の権力順位は? 中国の「国家主席」、...

不動太郎さん

2007/4/1213:41:39

中国の「国家主席」、「総書記」、「首相」の権力順位は?
中国の「国家主席」、「総書記」、「首相」はどの地位が最も権限を持っているのでしょうか?
また権限の順位はどうなっているのでしょうか?

補足皆さんのご回答から「総書記」は3番目と分かりましたが1番がまだ良く分かりません。
国の象徴とかでは無く、国家権力に対して大きな権限を持つ地位の順番です。

閲覧数:
38,476
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

編集あり2007/4/1216:06:49

いちおう分業制ですが、共産党による中央集権指導が大原則ですので、我々の感覚とはちょっと違うところがあります。

総書記
中共のトップ。
あくまでも共産党のトップであって、それ独自で国政に関する権限は有しない。
ただし、中共が国家を指導するという大原則から、発言権とか影響力という点では最大最高。

国家主席
全人代で選出される、中国国家のトップ。
ただし、それ自身が単独でなんらかの決定を行う権能はなく、全人代の決議を布告する程度。
対外的には元首として扱われる(たとえば外交団の長が特命全権大使である場合、国家主席にあてて派遣される)。
イタリアやドイツなどの、名誉職としての大統領に似ている。

首相(国務院総理)
議院内閣制の総理大臣とほぼ同じ。
実質的な行政権を執行する。

国家主席と国務院総理とでは、明確に序列がありますが、中共の総書記は、国家の上の国家としての中共のトップなので、そうした立場で行動するときは、最高実力者となりえます。
一応、いまの中国は法治主義を目指しているので、中華人民共和国憲法に従えば、中国共産党が思想的な指導は行っても、法令を制定改廃したりするのは、あくまでも全人代の専権であり、全人代の委任のもと、国務院が日常の政治・行政を執行する、国家主席はおかざり、というようなルールです。

【補足へのコメント】
たぶん、決定的な回答はありえないと思います。
法制上の権限としては、国務院総理で間違いありません。
ただし、これはあくまでもタテマエであって、実質的には総書記となることが多いようです。
ここらあたりが、中国という国をわかりにくくしている原因のひとつでしょう。

質問した人からのコメント

2007/4/16 10:05:52

一安心 わかりにくい事が良くわかりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2007/4/1214:48:54

「国家主席」とは中国政府代表、正式には「中華人民共和国主席」といいます。一方「総書記」とは中国共産党代表のことで、正式には「中国共産党中央委員会総書記」といいます。そして「総理(首相)」とは国務院の代表のことで、国務院は日本の内閣にあたります。
国家主席は国の仕事を、総書記は共産党の仕事をします。中国では中国共産党が国を引っぱっているので、中国共産党代表の総書記が国の代表である国家主席を兼務する形になっています。
1982年に共産党規約が改正される前までは、「総書記」は「主席」と呼ばれていました。「国家主席」と混同されやすいです。
ちゃいめーる、より

tod********さん

2007/4/1214:11:56

「国家主席」、」、「首相」「総書記」の順です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる