ここから本文です

【(宮城県の気仙沼湾産)卸売りの帆立から貝毒〔6枚で致死量〕検出~横浜市中央...

ind********さん

2013/9/608:37:38

【(宮城県の気仙沼湾産)卸売りの帆立から貝毒〔6枚で致死量〕検出~横浜市中央卸売市場】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130906-00000500-san-soci
横浜市は5日、市中央卸売市場(同市神奈川区)に
入荷された宮城県の気仙沼湾産「活帆立(いきほたて)」の
一部から麻痺(まひ)性貝毒が検出されたと発表した。
活帆立6枚を一度に食べると致死量に達するとして、
注意を呼びかけている。

市保健所によると、同市場に4日、
入荷された94枚のうち15枚を検査した。残りの79枚が卸売りされ、
市内外3カ所の小売店が購入したとみられる。
麻痺性貝毒は食後5~30分で唇の周辺からしびれが始まり、
全身に広がることがある。毒は主に内臓に集まっている。

********************

特に311以降、フクイチ事故に起因する被曝問題ばかりが
注視されがちですが、

〔貝毒について〕
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/faq/kaidoku.html
(1)麻痺性貝毒〔毒性分はサキシトシン〕
(2)下痢性貝毒
(3)神経性貝毒〔毒成分はブレベトキシン〕
(4)記憶喪失性貝毒〔毒成分はドウモイ酸〕

特に、今回の場合は、
(1)麻痺性貝毒〔毒性分はサキシトシン〕
という、毒力はフグ毒の16分の1程度だとしても、
複数枚の摂取で致死量に達する成分である事は
判明したわけですが、

〔動画〕
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=c-4VgZL2HCw
「津波で浸水した地域に、重金属類による汚染の可能性が
指摘されています。
津波によって­、海底に堆積していたヒ素やカドミウムが
陸に押し上げられた可能性があるというのです­。
そのため東北大学では、震災の影響で5月に入学式を
終えたばかりの学部生も参加して­、津波被災地域の調査を行い、
汚染の実態を明らかにする取り組みを行っています。」
の実態はあまりオープンになっていません。

いわば、今日の津波被災地域を中心に
特に、東日本の太平洋側に関しては、

A)本来的生物的毒性
B)ヒ素やカドミウムの重金属としての毒性
C)放射性物質の重金属の側面としての毒性

いわば、
特に東日本の太平洋側に関しては、
海産物によっては、
三重的毒性リスクに晒されているわけです。

この現状をどのように捉えますか?

【 おそらく『四大公害病』の総被害者と桁違いの被害者が生じると思う。】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1183863481
〔四大公害病〕
①熊本水俣病(1956年):『水質汚染』〔有機水銀〕
②新潟水俣病(1964年):『水質汚染』〔有機水銀〕
⇒(①+②)公害犠牲者:最低5万人以上
(その内、認定患者約3000人〔①2,200人②700人〕)。
③四日市ぜんそく(1960年~1972年):『大気汚染』〔亜硫酸ガス〕
⇒公害犠牲者:数千人(その内、認定患者1,700人)。
④イタイイタイ病(1910年代~1970年代前半):『水質汚染』〔カドミウム〕★
⇒公害犠牲者:500人~数千人(その内、認定患者196人)。

でも触れたように、

特に、B)ヒ素やカドミウムの重金属としての毒性
に関しては、
④イタイイタイ病(1910年代~1970年代前半):『水質汚染』〔カドミウム〕★
⇒公害犠牲者:500人~数千人(その内、認定患者196人)。

を意味し、更にそれに加え
A)本来的生物的毒性
C)放射性物質の重金属の側面としての毒性

が加わるとなると、
海産物の多様性に鑑み、食物連鎖&生物濃縮を加味すると
中長期的な総合的犠牲者数も、
『四大公害病』の総被害者と桁違いの被害者が生じると
考えるのも無理からぬと言えるのでは?

また、放射性物質そのものを取り入れなくとも
放射線によって、突然変異も考えられ、
下記に記されているように、通常想定される場所とは
異なる部位に「ウロと呼ばれる部分(中腸腺)」
が生じ、専門業者ですら見落とすケースも
想定できるのではないでしょうか?


PS

http://www.sakanadamart.net/zatsugaku/hotate.kaidoku.htm
「下記写真の赤で囲んだ部分が中腸腺と言い、
一般的にウロと呼ばれる部分です。
3月~11月くらいまで貝毒が発生しやすく、
このウロに貝毒が一番多いのです。
貝毒には下痢性と麻痺性があり、麻痺性は死に至る強い毒性があります。
週間で検査をしており、貝毒が発生すると発表され、
下痢性の場合は鮮魚出荷はできないのですが、
定められた規則による加工は許されます。
ただし、下痢性貝毒発生時の加工許可書を持った業者でないと扱いはできません。
麻痺性の場合だと、鮮魚出しも、
加工も全面的に出荷、取り扱い禁止になります。

下痢性の貝毒の場合は熱に弱いので熱処理の施設と、
熱処理の技術、設備、加工許可書を持った加工業者のみ
取り扱いができます。○○もこの加工許可書を取得しております。
ただし、片貝は生冷凍なので、このウロの部分を取り除く処理をします。
このようにして安全な貝を出荷することができるのです。

活貝の場合は、基本的に貝毒が発生していない時のみ
出荷が許されていますが、それでも安全性のため、
このウロの部分は取り除いて提供すると良いでしょう」

貝毒,カドミウム,イタイイタイ病,ブレベトキシン,重金属,酋長,汚染物資

閲覧数:
3,927
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiy********さん

2013/9/611:55:14

おおおホタテってえのはこおの赤マルな部分がヤバいってのなんですね!
これとかあは知らなかったんで豆知識に入れとくますね!
あと3月から11月な時期に発生しやすいってのも覚えとくますね

私なおばあちゃんが貝な毒はヤバいっての良く言ってたの思い出したですよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kap********さん

2013/9/816:55:47

私もそうだと思います。

あの津波の時の映像の黒い波は、土だけでなく様々な汚染物資を巻き込んだ色だったのでしょう・・・

福岡の汚染水もどんどん漏れ出しているわけですし、実際北海道の方までもう汚染は広がりつつあるようです。

スーパーも回転寿司なども、こういった汚染物資に対する危機感が弱く、産地を曖昧にしたり偽ったりもしている様なので、私は最近魚を食べるのを控えています。
資源枯渇の問題も有りますしね。

政府もこんな大きな問題をいつまでも野放しにして、十分な科学調査も行わないし、対策もなし。本当にびっくりします・・・

tur********さん

2013/9/718:25:02

こんな所に、貴重な自分の人生を浪費しているあなたに

「幸あれ!」

o29********さん

2013/9/620:58:30

麻痺性貝毒で出荷停止なんてそんな珍しい事じゃないけどね。

今更こんな事でギャーギャー騒ぐ酋長さんって、私が思ってたほど博識じゃないのかな(笑)

goh********さん

2013/9/617:42:20

いつも、役立つ情報をありがとうございます。
御紹介のサイトをじっくり全部見ました。
アサリ、カキ、ホタテも危険なのですね。
海洋の高濃度汚染の為、もう、食べることもないと思いますが、知識としては必要です。

car********さん

2013/9/610:27:21

大変勉強になりました。
貝はホタテに限らず毒に注意しています。
やはりフグも貝も一番は内臓なんですね。
また最近は綺麗な魚やタコが温暖化で北上しているそうです。
奇麗な魚にも毒を持ってるのがいるので要注意と聞いています。
環境汚染による温暖化の影響も色々な所に出て来ているようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる