ここから本文です

電気容量について教えてください

tsu********さん

2007/4/1817:31:57

電気容量について教えてください

「50A」と表示されている盤から、100Vで通常何W使えますか?恐らく、その盤からいくつ線が出てるとか、様々な条件によって違うと思うのですが、その違いがよくわかりません。単相とか三相とかも何のことやら・・。
「50A」とかかれた盤が、こういう状況であれば○Wひっぱれる、他のこういう場合であれば○Wひっぱれるなど、できるだけ詳しく教えてください。というのも、以前に盤に書かれたAだけを信じて行ってみたら、そこまで使えなかったことがあるので。宜しくお願いいたします。

補足1A=100w。50A=5000Wって私も単純に思ってたんです。が、そうでもないみたいなんです。50Aと書いてあって、実は10000W分ひっぱれたりする場合もあるらしい。どういう条件があるのか?そのへんを詳しく知りたいです。

閲覧数:
97,829
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2007/4/1900:47:20

1A=1W÷1Vです
ですから50A、100Vの場合使えるのは5000Wまでとなります。

ただし通常一般家庭50Aの場合ブレーカーまで単相3線式できている(一部例外を除く)ので、分電盤を切り替えて200Vの家電製品を使うこともできます。
200Vであれば50Aで1000W分使うことが出来ますが、日本の家電では大容量のエアコン、二口以上のIHクッキングヒーターなど200Vの家電は限られていますので、現実的には家全体を200Vにすることはないので、あくまで50Aで10000Wは理屈上の話です。(電気容量はかなり余裕を持たせているので理屈の上ではもっと使えますが・・・)

アンペア契約(従量電灯B)では60Aまでアンペアを上げられます。
契約アンペア数の変更は各電力会社でやってくれます。アンペアブレーカーの取替え工事は無料で、基本料金が50A1365円→60A1638円にかわり主幹ブレーカーの色が茶色から紫に変わります。
もし60Aでも容量が足りない場合は各電力会社と相談の上「従量電灯契約C」(kVA契約)に変えることができます。(屋内電気配線等の申請が必要)
10kVAの契約をすれば100Vで10000W分使えます。
kVA契約の細かいことについて各電力会社にお尋ねください。・・・たしか10kVAの契約で基本料金が2600円くらいだと思いましたが・・・

ちなみに契約アンペア数とは別に各部屋(配線用遮断器)ごとの容量は20Aとなっているので、ひとつの部屋で、家電製品を集中して使うと小さいブレーカー(配線用遮断器)が落ちます。熱を使うもの(電子レンジ、炊飯ジャー、ドライヤー、電気暖房器具など)は特に電力を使うので一つ部屋で
同時に使うと部屋のブレーカーが落ちます。
盤に書かれたA以下でブレーカーが落ちたのであればこの配線用遮断器が落ちたか漏電遮断器が落ちたかのどちらかだと思います。

まとまりのない長い文章になってしまったので、ここではあえて単相と三相(動力)の説明はいたしませんので悪しからず・・・。

質問した人からのコメント

2007/4/20 18:02:50

笑う 皆々さま 回答ありがとうございました。でも実は、トドノツマリまで知りたいとこまであともう少しご教授いただきたいことがあります。再度投稿してみますので、再びご覧いただけたら幸いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sky********さん

編集あり2007/4/1907:27:47

主幹(開閉器)が2Pか3Pの50Aで単二、単三方式で容量が違います!

単相(2極100v)50Aでは最大電力が50A(5000W)、単三(3極100/200v)50Aでは(100、200vで合計10000w)までです、単三3P50Aは3本線で赤、白、黒の場合、白を基準(中性線)とし赤ー白で50A、白ー黒で50Aです、合計100Aの負荷まで可能と言うことです。

100wの照明器具なら単相50Aなら50個、単三50Aなら100個近くまで可能と言うことです、電線の許容電流を見込んでVVFケーブルなら幹線3芯8mmで42Aまで、14mmなら61Aで主幹ブレーカー40A,50(60)Aで保護します。
{三相電力(3φ200V)では100vの照明器具は使えません}

補足・ 仮設、住宅電灯でも単三引き込み主開閉器契約で50Aなら10Kva(10000w)契約になります、単相三線式は単相二線式の2倍供給できます(電力会社のSB契約ブレーカーは単三でも各相 合成電流のため50Aは50Aです)。

gag********さん

編集あり2007/4/1820:17:25

交流電力は、電圧×電流×力率です。
力率は、電圧と電流の位相差を示します。(0<力率<1)
モータ系等のものが多ければ、位相差が大きくなり、同じ電流値、電圧値で、消費電力は下がります。
したっがて、50Aの盤から100Vで配線したら、最大の消費電力が5KWです。(白熱電灯、ヒータ等のみの場合)
それ以上に成ることはありません。通常は、80%程度の4KWが最大値になります。
突入電流は、表示の電流値以上となっても、ブレーカーが働かない程度の短時間なので、
この分は、とりあえず無視しても大丈夫です。

ric********さん

2007/4/1819:11:43

とりあえず家庭内での使用を前提にします。
計算上では、家庭内で使う電気機器の総電力として5キロワット(5kW)までが使えます。
ただし家庭内では台所や居間その他に「分電」されています。それぞれの場所ではいっぺんに5kWが使えないようにするための、安全装置としての「ブレーカー」が設けられているのが一般的な配線です。
つまり
親(5kW)から
子1(居間1.5kW)
子2(台所1.5kW)
子3(2階1.5kW)……
というように分電されています。
子1(居間1.5kW)のブレーカーで分電されたコンセント経由で、掃除機を使い、電気ストーブを使い、さらにクッキングヒーターですき焼きを作る、といった状態を想定します。合計で1.5kWを越えた消費電力の器具を使うと、子1(居間1.5kW)に設けられたブレーカーが働いてしまいます。
つまり建前としては合計5kWまでの器具は使えますが、特定のコンセントからいっぺんに5kWまでの器具は使えないようになっているのが通常の形態です。

mar********さん

2007/4/1817:40:06

単純に1A=100W
50×100=5000W
。。。。。。。。。

ktm********さん

2007/4/1817:39:50

5000W迄使えるはずですが、モーターなど起動時に電力を多く使う機器があると少し変わるかも知れません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる