ここから本文です

アパレル販売員一年目です。 全然売上が取れずに悩んでいます… まずお客様に声をか...

japadmagdjさん

2013/9/1523:53:40

アパレル販売員一年目です。
全然売上が取れずに悩んでいます…
まずお客様に声をかけて、世間話を交えながらお客様の気になってそうなポイントを説明します。(例えば身体に服を当てて膝を見ていたら総丈を説明し

、素材を気にしていたらご自宅洗いが可能かどうか説明します)
ここまでは好感触なのですが、だいたい説明が終わりお互いに一通り話してしまって話題がなくなりかけたところで『よかったらお鏡で合わされてみませんか?』や『よかったら着てみられませんか?』とうかがうと途端に『あ、見てただけなので』や『大丈夫です、またまわってみます』と言われてしまいます…
ご試着に繋げられません。もうどうしたらいいのか、ずっと悩んでいます。
先輩がた、ご助言お願いします…。

補足質問をいただきましたので、補足させていただきます。
値段線としまして、
コート→3〜4万
ジャケット→1.8〜2.5万
ワンピース→1〜2万
パンツ→1.2万~1.7万

このような感じです。
お店は2名体制で、先輩方の接客をみる機会がほとんどありません…
2ヶ月に1回の本社研修のみが、みっちり勉強するチャンスなだけです。

閲覧数:
26,852
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asusaa0420さん

2013/9/1602:08:38

百貨店にて婦人服ブランドのショップで店長をしています
販売歴は17年、
店長歴は11年目です
私が新人が入るとするアドバイスは
まずはアプローチですが、1.5メートル手前、お客様の視野に入るところから
(お客様に向かって右斜め前1.5メートル手前に自分の立ち位置から) 目が合うようににっこりしながら、首を左に少し傾けながらいらっしゃいませ。と言う。 目があったり、ど~も~って言葉が返って来たら即、接客できる脈ありです。目をあわさない、無視をするなら、一旦距離を作り離れる、離れる際には、その方の視野に入るとこにて、いつでもご用の時には声かけてください、って言って離れる。そして次に接客できるチャンスをうかがう。
接客トークは、初めから素材やディティール、など専門的な事はまずさける。(ガッツリ接客時に専門的な話する)まずは、何か手にしたら、そちらは色違いもあります、とか、形違いはこれです、とか。ワンピースばかりみる方には、ワンピースお探しですか?とか、先を読んで結婚式とかですか?など、見ているものから、その方の目的や趣味を想像する。観察するとだいたい、どの色でどんなものを探してるかわかります。やみくもに色々見せたり着せたりすると不信感を抱かせてしまったり迷わせてしまい効率も悪いので、的を得た接客を短時間でするのが個人売り上げを上げるコツです。私は暇な時は通路から他所の店のお客様をさりげなく観察し、例えば、あの方はたぶん黒のワンピースを探してるな!って分かったら、自分の店に入って来たら、余計なものは見せずにさりげなく黒のワンピースを見せます。そしてその時は上記のアプローチから入り、(お客様はこのワンピースとか似合いそうですね~)などと言うと、(そうなの、ワンピース探してたの)って感じになり、(そうなんですか~)ってわざと驚いたりしたら会話も弾みます 頑張ってくださいね

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/9/2220:05:18

押しが強いです。


例えば身体に服を当てて膝を見ていたら総丈を説明し

、素材を気にしていたらご自宅洗いが可能かどうか説明します)

これはずれてますね・・・そういう事をお客は気にしているんではないんですよ・・・

アパレルでの販売ならまずどういうコーデが好きなのかとか、今持っている物はどういう物で、気にとめていただいた商品は、持っている何とならコーデしやすいのかとか。
あるいはどういう好みとは別に一般的にどういう色が相性が良いかとか、体系や身長によってどういう見せ方がスマートなのか、どういう風に見せたいのか等、聞くことなんて山ほどあるし、情報を提供できるネタなんて勉強すればいくらでもありますよ。

世間話で仲良くなったつもり・・・で的外れな説明では数字は今の通りです。

世間話は相手との距離を詰めてこちら側の情報に聞く耳を持ってもらうためにするんです。

すべては意図があってアプローチしますが現状イメージわかないといったとこでしょうか。

休みに買い物に行って他の店のスタッフを見るとか接客してもらうとか、本読んで勉強するとかした方が良い。

正直ネット上の文面だけで理解するのは厳しい。

2013/9/1614:30:25

単価の低い商品ならば販売員のスキルが低くても
売上を上げる事が可能ですが
貴方が取扱っている商品はその部類には入りませんね
単価が低い商品のお店とそうではないお店
何が違うかわかりますか?
一番の違いは、来店されているお客様の層・タイプです
貴方のお店に来店されているお客様の多くは
ファッションに対してある程度の出費をしても構わない
ファッションに対する興味が高く ファッションを知っている方々です
こうしたお客様は、自分が納得すればある程度のお金も出して頂けますが
ファッションについて無知ではありませんし 様々なお店を
訪れたりしていますので 店員のレベルの違いも
察知出来る人達が多く含まれています
そして 折角ある程度の出費をするのだから
納得出来る商品を納得出来る店員から購入したいと考えています
貴方だってある程度の価格の品を購入する時
質やレベルの低いと思われる店員から買いたくないですよね
それは、みんな同じ と言う事です
つまり 貴方の売上成績が上がらないのは
貴方の店員としての何かがお客様へと伝わっての結果だと思います
二ヶ月に一回の研修しか勉強出来ません・・・と言ってますが
この仕事に就く前に
http://www.shogyokai.co.jp/shopping/search.php?series=b
こうした 店員向けの書籍を何冊か購入して
自分で勉強した上で店員になっていますか?
店員になってから 勉強していますか?
休日を使って 街へ出て 自分が取扱っている価格帯と
同じ様な価格の商品を扱っているお店の店員達が
どんな接客をしているのか勉強したりしてますか?
何か一つでも自分に取り入れてみようとしていますか?
貴方が取扱っている商品を買い求めに来られているお客様に対して
販売成績を上げるには 貴方自身がお客様側から
店員として認められないと難しいですよ
お客様は、他愛もない話の中からでも
目の前の店員がどのレベルの店員なのか見定めています
お客様から認められるには、とにかく日々自分で
努力を重ねる以外ありませんよ
自分が取扱う商品に関係しているファッション誌も
当然 良く目を通していますよね?
どんな職業でも同じですが その仕事で一人前になれるには
それに応じた努力を自分で日々行わなければです
どんな職業でも一人前になるのは
誰かにちょっと教わった程度でなれる程
甘かったり 簡単だったり の訳はありませんよね

あと 貴方の過去の投稿結果ですが
そのほとんどが BAをただ選んだだけで
ノーコメントですよね
貴方の為に数多くの人達が回答して下さっているのですから
ありがとうございました とか 大変役に立ちました と言った
感謝の言葉の一つが 接客販売業に従事している人の資質として
あっても良いのでは と感じられました。

riekooo0707さん

編集あり2013/9/1602:10:50

アパレル販売してましたです。
美人百花やRayなどに掲載されてるShopで働いてました。

お客様に声かけるタイミングって難しいですよね。。あたしはお客様が一度手に取られた商品を戻し、店内を見て回ったあとに1番最初に手にとった商品or再び見てる商品は気になってる証拠です。
そのタイミングで声かけると間違えないです!

『可愛いですよね』『ご試着されますか?』なんてのはお客様は解りきってる事なので、例えば雑誌に掲載されてたら『こちらのスカート今月の○○に掲載されてるんですよー』と雑誌があれば見せたり、『色違いもありますよ』とフレンドリーな感じで声かけすると、大抵はお客様から話しかけてくれます。。!あとは笑顔ですね。反応を見てお客様がイマイチな場合は無理に続けて話しかけず、一度引きます。。

『ごゆっくりご覧ください』と。

しばらく商品整理しながら様子を見て商品を持ってるようなら、そこで初めて『ご試着されますか?』と聞きます。その場合にお決まりでお預かりするか、試着するかで決まります。もしくは悩んでるか。。悩んでたらコーデを考えてあげたり、商品のポイントを伝えたり会話をすると自然に話しが盛り上がるんですよね。。売上ももちろん大事ですが、お客様の考えを理解してあげると更に売上につながります!
後は、余裕があればお客様が着てるお洋服をさりげなく褒めましょう。『可愛いブラウスですねーどこのですか?あたしもこうゆうの欲しいんですが、なかなか見つからないんですよ』『今着られてるブラウスにも合わせやすいですよ☆』など手持ちの服に関連する事を言えば更に良いです。。。!
頑張ってください☆

2013/9/1601:09:40

客側としての意見ですが、試着してみませんか?と進められると、ちょっと身構えてしまいます。試着も出来るので必要なら声を掛けて下さいね!と笑顔でサラッと一度掃けて欲しいです。少しの興味で手にとったモノの説明を聞いて試着を!と言われても要らないし(-言-)と思う事が有るからです。欲しければ自分で声を掛けます。ですので、ワガママですけどいつでも声を掛けられる範囲内にいて欲しいです。

編集あり2013/9/1604:21:35

休日は他のお高い服屋に行って、接客を受けてください。
そうやって接客技術を得る方法もあるんですよ。

私が勤務した服屋と似たような価格帯ですね。

私が接客してた時は、合わせ方に重点を置いてました。

これはこういった服の組合わせが出来るとか

お客様ならこちらの色も、デザインも合うと思いますよ~とか

着回ししやすいデザインだから、このような感じ…トップス1つに対して、ボトムス種類違いを2つ持ってきて合わせて…で便利とか

これはお客様にとても似合うと思いますが、お時間よろしければ、試着だけでもいかがでしょうか?
とか。

文字数の絡みから大雑把になったけれど、まぁまず上記のような感じでしたね。

追記。

売り上げ気にした店員は、目付きと口調が、きつくなりがち。
ポーカーフェイスで、笑顔で頑張ってください☆

基本な話だけど、ウイスキーって言葉を口にすると、口の端が上がり、笑顔を作れます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。