ここから本文です

ハゲてたらお相撲さんになれないのですか?

musasinokunikaraさん

2013/9/2722:37:36

ハゲてたらお相撲さんになれないのですか?

補足差別ではないのでしょうか?

閲覧数:
3,441
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/9/2801:24:35

禿げていたら土俵に立てないというのは完全にデマです。
禿げてしまったら引退というような最もらしい噂は度々聞かれますが、そのようなことはないという記事が昨年の朝日新聞にも掲載されました。

こういう話は、そうらしいという噂が先行しがちですので実際に髷を結わずに土俵に上がっている力士の具体例をあげた方が早いかもしれません。昨年引退した東関部屋に在籍していた太閤丸という力士はスキンヘッドでした。少し禿げているというレベルではなく完全にツルツルのスキンヘッドでした。この太閤丸ですが今から8年も前に完全に髪を剃りあげています。脱毛症により薬の散布を効率的に行うために髪を剃ることを医者に勧められそのような姿になっていました。

本場所は元より、巡業では相撲を取りますし、相撲甚句にも参加してしっかり働いておりました。当初協会関係者も驚いたようですが、驚いただけで特段ストップはかかりませんでした。また懲罰的に髷を切られその後も土俵に上がっていたお相撲さんもいます。ただし、横綱土俵入りで太刀持ち、露払いをする力士は大銀杏であるという暗黙の了解があります。


髪が切れやすく髷が結い難い場合など把瑠都のように兄弟子の付け毛をした例をもあります。現在の髷、ことに大銀杏とは結い方が異なるかもしれませんがお侍さんのようにフロント部分を完全結った状態で元来結髪していたのが髷です。後ろやサイドから髪を寄せ集めて結髪するなど現在の床山さんの技術を持ってすれば造作もないことであると推測します。

http://ameblo.jp/lovemagey/entry-11265640823.html

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2013/9/2723:49:19

力士になれます。
過去には病気で髷の結えない力士もいましたが、引退するまでスキンヘッドのままでした。

トムさん

2013/9/2723:22:27

ハゲていてもなれるはずです。
遠藤はチョンマゲすら結っていませんが幕内の土俵に上がっています。

編集あり2013/9/2723:31:14

様々な規定の中に、大銀杏が結える事とあります。
ですから実力がずば抜けても、スキンヘッドの方は大相撲の土俵には立てないのです。

□追記

差別と思うことが差別です。

相撲に限らず、世の中には決まり、特に文化的風習が、あります。
相撲は正に文化の象徴ですから保持する意義があるでしょう。

しかしながら寛容な部分もありますよね?外国人力士を採用するなど、前向きな改変もしています。

なんでもそうですが、良い部分にフォーカスする事で、より良い人生になりますよ。

□再追記

↑遠藤はげちゃうやん笑

あれは大銀杏結えない位早く出世したんだよ。その場合例外として上がれる。髪あるしね。

昔、武双山がそうだったかな?

mom********さん

編集あり2013/9/2722:54:37

髷が結えないとダメだと思うので禿は無理だと思われます。

補足について
差別ではないですね。

仕事でも様々な採用ルールがありますよね?
これもそのルールの中で決められていることです。
お相撲さんは髷があるからお相撲さんなわけです。
だから引退するときはその証を断髪するんです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる